« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

法事

025_1024x768 026_1024x768

連休で遊びに出掛ける人も多いことでしょうが、今日、我が家は父の7回忌、母の13回忌の法要をしました。

数年ぶりの法事なので、え~と~ それから~ と、一々、ノートや写真を見ながらの準備でした。

大した事をしたわけではないのに、疲れましたcoldsweats01

来年は祖父の50回忌に当たってるって云われ、え~っ! って感じです。

                     写真は 我が家の庭のタイムです。

2014年4月22日 (火)

春が湧きあがってくる ‼

002_800x208

麦がチョッと見ない間に、グ~ンと伸び、早や穂が出始めている。

今朝5時半、ウォークに出発。春霞みに包まれたようでぼんやりした大気。

朝露にしっとりと覆われている。

石段を登り、神社から下るコースで、昨日ブログにアップしたばかりの五つ葉アケビのすごい群を見つけた。

今日はその写真を載せます。 クリックすれば大きくなります。

012_1024x768                                  雌花の群れで~す 

013_1024x768_2

014_1024x768_2

015_1024x768_2

             葉が5枚あるので五つ葉アケビって云うのでしょう。

        我が家には三つ葉アケビがありますが、花はとっても地味です。

                        bud

すっかり新緑の季節に入ってしまいました。でも神社の境内の八重桜は今が満開cherryblossom

都会のビルに囲まれて暮らしている方には申し訳なく感じるほど、野山や、道端の植物が可愛くて・・・わくわくします。

2014年4月16日 (水)

刑事ものドラマときいて、Aさんを想う

003_561x640 002_640x506

新聞のテレビ番組表を見ている夫が言いました。

「又 今夜から新番組で、刑事ものが始まる。。。」と。

我が家は(と云っても夫と二人ですが)刑事ものドラマをよく見ます。

「じゃあ、見ないとね!」と言いながら、ある人の言葉が頭をよぎります。

半月ほど前、病院の緩和ケア病棟のデイルームでボランティアをしていると、

この病棟で奥さまを見送られたAさんが暫らくぶりに顔を見せて下さいました。

いつもながらのパリッとしたお洒落をされて・・・  笑顔で私たちボランティアに握手をして下さり、ちょっと人を待たれる間、お話しをさせて頂きました。

ボ「Aさん、どうされとん?  ちゃんと食べてる?」

A「買い食いになってしまうわなあ~」

ボ「お弁当ばっかりだと、直ぐ飽きるし、美味しくないでしょう?」

A「そうなんよなぁ~」

ボ「Aさんも心臓が悪いんでしょう?  認定とってる?」

A「要支援の1をもらっとるんよ」

ボ「それじゃったら週1回、50分のサービスが受けられるから、お味噌汁と、おかずの1品でも作りに来てもらやあええがぁ~  来てもろうてないん?」

A「来てもろうてない~」

ボ「月に1回くらい ケアマネさんとかが何かゆうてこん?」

A「いや~ 何もいうてはこんよ」

ボ「Aさん! そんならケアマネさんのとこへ行って、自分からいわにゃあいけん! 『お弁当ばっかりじゃ、栄養が偏るような気がするんで、おかずの1品でも作りに来てほしいんじゃ~』って。自分から声を出さんとおえんよ!」

  *こう云う彼女ボさんは介護関係のお仕事をされていた人なので、この辺りのことについては知識があります。  

ボ「他はどんな?」

A「人と話すことがないのが一番こたえるなあ~」

ボ「私も一人じゃけぇ~ よ~分かるよ!  家に帰ったら一番にテレビをつけよったなぁ~」

A「それからなぁ~ 前は テレビの刑事ものやこうが好きでよう見よったけぇど・・・今頃はあんなんが 見れんようになって・・・前には好きじゃなかったお笑い番組がようなったなあ~」

「それでなぁ~ 仏壇に手を合わせよう 思うてーも、身体がどうしても仏壇の方に行かんで、こたつに入ってしもうたりなぁ~」

ボ「そりゃあ~ まだ 受け入れとうないんじゃなあ~」

ボ「時々は、今日みたいに出てこられたらええがぁ」

A「そうじゃなあ~」

            ***************

一人暮らしになったAさんの淋しさと辛さがひしひしと感じられたひと時でした。

奥さまの入院が長かったので、ボランティアとしてお話しする機会が多くあった方です。 

いずれはこういう日がくることは覚悟をしていたのに、頭で思い描く覚悟と、現実とは全く違ったとも話されていたのが印象的でした。息子さんが近くにいらっしゃるということで、少し安心しました。

                   写真は この春我が家にやってきた花です

   岡山弁で書いてみましたが、、、上手く書けないです~coldsweats01

2014年4月13日 (日)

4月のオープンデー

003_640x480 004_640x480

4月のオープンデーが先ほど終了したところです。

雨が降らなかったのが幸いでした。予報では雨の確率が高かったのです。

それから、初めて参加下さった方が2人あったので、話しの輪がそれだけ広がりました。勿論 友達の輪もねhappy01

お花見シーズン、近場は終わってしまいましたが、春はお寿司の季節でもありますよね!

そこで私にとっては随分久しぶりのお寿司作りにチャレンジしました。

昨夜、夕食後に2釜の炊飯。一人分ずつに計量しながらのパック詰めに予想以上の手間がかかり、0時を大幅に超えてしまいましたsweat01

いつもならスイーツも用意するのですが、材料を買ってあったとはいえ、あまり無理はしないこと! と、自分に言い聞かせ、スイーツを作るのは諦めました。

スーパーで売っている程度のお値段で、内容はもう少しレベルアップさせたつもりの、パックを30個用意しました。

写真の映りが悪かったですが、春らしく、人参は桜の花と花びら型に抜いてあります。

京都の朝掘り筍も(頂き物)いれました。

朝食として召しあがった方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方は昼食や、夕食用にお持ち帰りされました。

一人暮らしや、二人暮らしになると、昔は折りあるごとに作っていたお寿司も、さっぱり作らなくなって、お弁当を買う時に、お寿司を買うことがあるくらいのことです。手作りの味がどうだったかと気になります。

2014年4月 9日 (水)

レシピ・桜もち(関東風)

002_640x480

関東風の桜もちはクレープ状の皮に餡を包んだものです。

ホットプレートなどで気軽に作りましょう。

材料   10個分

 薄力粉 100g、白玉粉 大匙2、 砂糖 25g、 水 200cc、 食紅 少々

 こしあん 300g、 塩漬け桜葉 10枚

作り方

1.桜の葉は、水洗いして布巾にとり水気をきる。(少し塩出しする気持ちで)

2、あんは10等分し、俵型に丸めておく。

3、白玉粉をボールにいれ、分量の水から少量の水を加え、なめらかに溶かす。ここへ砂糖と残りの水を加え混ぜ、次にふるった粉を加えよく混ぜる。

 食紅をごく少量水に溶いて、種に加え桜色にする。

4、ホットプレートを180度に予熱し、うすく油をひく。

 おたまじゃくしに1/3ほどの種を取り(大匙2杯程度)楕円形に薄くのばす。

 巾5cm×長さ10cmくらいになるように、おたまじゃくしの底を使うと良い。

 火が通って透き通った感じになれば、そおっと裏返し、ちょっと火を当てる。

 焼き上がった皮は、固く絞った塗れ布巾にとる。

 (乾燥しないように包んでおくと良い)

 上手く出来ればこの分量で15~18枚ほどできるので、他の材料との兼ね合いは臨機応変に。

5、焼き上がった皮でくるくると餡をくるみ、桜葉で更にくるむ。桜の葉の表が内側に来るように。

 直ぐに食べない時にはタッパーに入れておくのがよい。その日の内にどうぞ。

                                                                           

2014年4月 8日 (火)

春の壁面飾り

緩和ケア病棟の壁面飾りです。

001_586x800_2

お雛祭りの(岡山は月遅れで祝います)飾りから変更。春をイメージしました。

ベージュ色の布を下地にして、パッチワークは花畑のイメージ。

手前には紙で、菜の花畑とレンゲ畑を連想させ、その下部の茶色い土の部分からは目を覚ましたモグラが2匹、顔をだしています。

上部には青空と雲のイメージです。    

002_600x800_2

使い回しの部品が幾つかあります。1度で捨ててしまうものはほとんどありません。

少々ボケた感じに仕上がっていますが、この部屋はお花見の雰囲気を盛り上げるような飾りがしてあり、全体が賑やかなので、この位で良いことにしました。

2014年4月 7日 (月)

2カ月ぶり、、、サロンでした

ワクワクサロン、2カ月ぶりの定例会?って云えるのかな?

先月はフルートのコンサートでしたから。

012_800x600           庭のミモザは既に終わり、お花がありませんsweat01

仕方ないので、種がふくらみはじめたクリスマスローズを切り取って生けました。 なるべく費用を倹約したいので苦肉の策です(笑い)

013_800x600

014_640x480 咲いた状態のも少しありますが、他のほとんどは花が終わっています。

クリスマスローズは、花びらに見えるのが実は萼片(がくへん)で、花びらは退化して蜜腺(みつせん)となっていますから、蕊や蜜腺が散り落ちてしまっても萼片は長く残ります。

だから、いつまでも切らないで残しておきたいところですが、種を育てるために栄養を使うので、この辺りで切ってしまうのが株の為には良いのです。そう割り切って切り取りましたcoldsweats01

         ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~

さて、サロンに欠かせないのがティータイムのお菓子。

今回はタイミングよく、花見どきと重なったので、迷わず決めました。

002_640x480

           桜もち。。。          

001_640x480

           ホットプレートでクレープみたいに皮を焼いた関東風の桜もちが、こんなに沢山できました!  

                    レシピはこちら      

2014年4月 1日 (火)

前回の記事に補足、、、

昨日のブログ(3月31日)のことで、記事をUPしてから読み返してみれば、言いたかったことが抜けていたので、記事の編集画面に戻りました。

すると、どうしたわけか、リッチテキストモードの表示になりません。とコメントがでて、私はお手上げ状態。編集することは諦めてしましました。

しかし、前回の記事で最初に書いた部分が、あのままだと唯の興味本位な出来ごとでしかなかったように受け取られてしまいます。 それでは困る。

、、、で、そこで言いたかったことなのですが、

身体が不自由で気の毒だった。ではなく、

重い障害を持ちながらも、多くの人の目に付いてしまうだろうツアー旅行に、よくぞ参加された! と、その勇気っていうのかな? そのことに、感動を覚えたと言いたかったのです。

  1,2か月前にボランティアの先輩が、聞かせてくれた話しと繋がります。

「歳を取ると、きょうよう と、きょういく が大事だって!」と、どなたかの講演で(?)聞いたお話しらしいのです。

     教養 ?   教育 ?

    いいえ、そうじゃなくて

   今日、用事がある

   今日、行くところがある 

 1日、ぼんやりと家に閉じこもっていてはいけませんよ! って云うことなのです。

 この事を心がけるだけで、生き生きと元気なシニアライフが送れるような気がしてきませんか?

家にいるのが好きな・・・って云うか、外に出掛けるのが苦手な私は、この二つのことを肝に銘じて忘れず努力しないといけないと感じています。

最初に書かせてもらったご夫婦は、正にこの事を実践されているのだと思ったのです。そして、奥さまがこの先ずっと、お元気でいらっしゃいますようにと、心の中で願わずにはおれませんでした。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »