« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

旅行って色んなこと感じますね~

1泊2日のツアー旅でした。18人と添乗員さん。

東京駅からは大型バス

1人2ーシート使えてゆっくり。

まずは飯田橋にあるホテルでのランチrestaurant

ご夫婦連れの御主人が私の隣りの席に、

ビュッフェだったの、

奥さまが 一つのお盆に2人分のお皿を(料理を)のせて・・・

     あれ?

   チラッと見る

何と!  ご主人様左手がなくて、袖をポケットに入れてある。

    右手は?

義手の手が目に入りました。

だから、 奥さまがお料理を口元まで持っていかれて

ご主人は口を近づけて召しあがっている様子が見て取れたんですが

それ以上は 視線を向けることができなくて

お話しを・・・と思っても 私、

どんなお声かけをしたらよいのか分からなくて・・・

結局 何もお話しできませんでした。

ホテルでの夕食、朝食はそれぞれでしたから、

一緒のツアーの方達だなと、姿を確認するくらいのこと。

そして2日目のランチは

ツアーのバスが行くような場所ではないとガイドさんが言ってましたが

広尾の二期倶楽部というこじんまりとしたレストラン(レストランって云ってもいいのか?)

              確かに、団体で行くようなお店には見えません。069_640x48018人が二部屋に分かれての食事となりました。

073_640x480

私が入ったのが大きい部屋で12人います。

どのお料理もすごく美味しかったのですが、079_640x480077_640x480

ふと、見渡した時に あれ って思ったんですよ。和食で、お箸で食べているんですけどね、

ほとんどの方の左手が、

お膝の上にある!             080_640x480_2081_640x480_3  えっ!   ?   ?

とてもお上品な方で私より年配のご婦人もきちんとお膝の上に左手をおかれています。

私、自分では 左手はテ―フルの上に軽くのせておくものだと、

今まで信じて生きてきました。

夫にも、子供達にも その様に言ってきたのですが、

この時、現代のマナーでは このようになったの?

そうとしか思えないほどで、ショック!

左手がちゃんとテ―フルにあった人(私の見たところ)2人

もう一人はテーブルにはのっていたが、肘をついている。

我々2人を除いて、10人中2人だけしかいなかった。

60~75歳くらいの方々ですよ!

最初の(上記の)お二人は別のお部屋でしたから、別ね!

我が夫は、家では何度言っても、習慣とまでならないのですが

こう云う場合は、一応マナーを守っています。

いえね、色々時代と共に変化するものもありますからね、、、

例えば、お米は研ぐものだと信じていたのに、いつの間にか軽く洗うだけに変化しているようにね・・・

私の常識が、常識でなくなったのかな? なんてね~

とても不思議に感じてしまったのでね、、、書かせてもらったわけです。

椿山荘(チンザンソウ)一度行ってみたかったホテル。

このホテルだけではありませんが、中国か、台湾からの旅行者の方、多かったですよ。

044_640x480 

ホテルでは食べたものしか写さなかったので、目の前にあったカテドラルの写真を載せておきます。丹下健三氏の設計と聞きましたが・・・

上空から見下ろせば十字になっているのだとか。早朝に外から見ただけで、内部を見られなかったのが残念!                                          

            いよいよ帰路に・・・という東京駅でのこと。

日本橋口の改札前に大きい荷物を添乗員さんが見ているから・・・というので30分の自由時間があったの。 私などは夕飯にするお弁当を買いたくて、地下に下りたんだけど、そこはテレビとかのキャラクター商品ばかりを扱っているような場所で、方向が判らなくなりそうで、すぐ1階に移動。

お弁当をゲットして無事に戻りました。前後して16人が揃い、個別に切符を貰って・・・

後のお二人を待つのですが~~~こられないsign01 時間が迫るsign01

添乗員さんだけ残し、後の人は改札を通って、新幹線へ乗り込みました。

発車のベル~~~~~~~~sign03

16人が後方を見つめます!    (後方の入り口が改札に近い)

数秒 …  …   見えた!!  

先ずご夫婦の姿が!

後ろから添乗員さん・・・  ・・・ 顔が引きつっていました!

おもわず、全員が拍手しましたよ~~ happy01

他のお客さんが、なんだろう? って不思議がっていたと思います。

もし、間に合わなかったら?

添乗員さんは後に残ったのでしょうねえ??

まあね、後は、新幹線で新大阪までのツアーでしたから、何とかなったでしょうが・・・

   *****

ガイドさんのことも言いたい事があったんです。

桜坂という場所へも行くスケジュールでね、桜は全く咲いてなかったけど、行きました。この時のガイドさん、福山雅治(こんな字だった?)の大大フアンらしくてね、桜坂の歌も歌って、一杯いっぱい話もされました。途切れることなくしゃべりっ放し。 みなさん、アンケートに??

                       cherryblossomcherryblossomcherryblossom       おしまい

    

2014年3月24日 (月)

清水多嘉示先生のこと

001_600x800 このところの陽気で庭の木蓮が一気に開いた。

昨日、姉と兄夫婦が四国から岡山市内にある実家の墓参りに来て、

久しぶりに兄弟3人、全員が顔を合わせた。

昼食はどこかに食べに行くより、ごちそうじゃなくても我が家で、ゆっくりおしゃべりをしながらの方がいいだろう(雨が降れば来ないことも考えて)というので、簡単で美味しいとNHKの朝イチで紹介されたらしいカレーライスとサラダを用意した。隣りに住む二男一家も一緒に、バイキングのように食器、ご飯、ルー、薬味、サラダと並べておき、各自好きなだけ取ってもらった。  このアイディア(?)サービスしなくていいのだから、ラクチンこの上なく、良かったんじゃないの? って私の立場からはそう思えた。

とりとめなく、様々な話しが飛び交ったのだが、姉が持ってきてくれたものの一つに、何かの雑誌の1ページをコピーしたものがあった。

「遺された言葉・入江 観」 

そこに取り上げられているのが、彫刻家 清水多嘉示のことだった。

006_495x800

         「女の座像」  1968年、清水多嘉示作  我が家のもの 

姉と私は中学から東京の同じ学校に通ったのだが、その学校では毎週土曜日、全学年が美術の時間となっており、学外から数人の先生が指導に来られて、清水先生もその中のお一人であった。

中学生の私からみた印象は好々爺のように感じられた清水先生。

髪もすでに白いものが多かったような・・・口髭もあったかな? お声はハスキーで優しく、、、っと、その程度の記憶なのだが、人物のデッサン中に先生がいらっしゃって、声をかけてくださった。私の名前をみたのだろうか?

「お姉さんがいますか?」というような声かけだったと思う。それに続いて「人物の首(喉)のカーブは、首が細くなるようなカーブではなく、逆に前にでるようなカーブです」と、私の観察の足りなさを指摘された、その事だけが今も記憶に残っている。

そして昨日の姉との話で、姉は先生からやはり声をかけられたのだと言った。

先生のお嬢様と姉とが似ているとかおっしゃったらしい。そして、妹さんがいるでしょ?  とも。 

、、、ということは、私も先生のお嬢様に似た感じがあったのだろうか? それとも2人の苗字だけでをみて、そうおっしゃったのか、今となっては何も解らないが、遠い過去の、ある意味青春の1ページが突然色鮮やかによみがえった思いがしたのである。懐かしさがこみあげてきた。

姉の持ってきてくれたコピーには八ヶ岳美術館蔵の「みどりのリズム」という清水先生の彫刻がカラーで掲載されていた。  同じ彫刻が岡山の後楽園の入り口にもある。 なかなか観にいくことはないけれど、秘かに私が大事に思っているものの一つである。ここ岡山には私の学生時代の友人はいないに等しいから(同窓生は数人いるが、逢うことがなくて)青春の、学生時代の懐かしい思い出に繋がるものとしての宝物でもある。

清水多嘉示は1896年長野県の原村に生れ。20歳で上京。26歳で渡仏。油絵を学ぶためアカデミー・コラロッシに入学。同時並行でロダンの弟子、ブールデルの下で彫刻の勉強を続けた。   1枚のコピーより抜粋

2014年3月21日 (金)

早春の庭

寒さが残る中にも春が身近に感じられます。

031_1024x768_2

我が家のシンボルツリーのミモザ、

随分傷みがすすみましたが、今年も力をふりしぼって花を咲かせてくれました。

「今年の花が終わったら、切ってしまう?」

そんな会話もしていたのです・・・

でもこの花をみれば、そんなことはできない!

046_800x600_2

そう、思いますよねえ・・・

2枚目のブルーの花は我が家に来たばかりのクレマチスです。

園芸店へ行った時に目に飛び込んできたんです!

私にとっての幻の花。

というのは、一昨年チェコの旅行でチェスキークルムロフへ 行った時にお城の近くで咲いていたクレマチスがとってもImg_3236_800x600_2可愛くて一目惚れしてしまったのですsweat01

とっさに、私の記憶にあったその花と似ていると思いました。

それで即決で買ってしまいました。

なよなよとした姿で、上手く育ってくれるかどうかが気懸りですけれど、買わなければずっと後悔しただろうと思います。 048_800x600_3 3枚目のクレマチスが、その、チェスキークルムロフでの写真です。似ていますよね!

4枚目はクリスマスローズ

2年物の苗の状態で我が家にきたので、お初にお目に掛かる花ですよ。

可愛いでしょ!?

庭の花をデジブックにしてみました。ご覧いただけると嬉しいです。

2014年3月17日 (月)

映画・・・母の身終い

Img002_617x800

先日のオープンデー終了後、おしゃべりのうしろ髪をひかれるような立ち話。

私の3つ年上の友人が、映画に誘ってくれました。私も観にいきたいと思っていたものだったので、直ぐにOK。

側にいたお姉さま2人にも彼女が声をかけました。 お二人とも最後に映画館で映画を観たのは随分昔のことで、一人は「十戒だったかなあ~?」と。

もう一人は、「岡山にも映画館があるんですか?」「私は背が小さいから人の後ろから飛び跳ねて見るようなことで・・・」

連れていってほしい!  って感じです。

予定していたその日は、生憎の雨でしたが、友人が皆さんのお家までお迎えにまわって、まるで子供が遠足に行くような楽しい気分でした。

最初から判り切っていたことですが、映画が(上の写真)映画ですから、歳の離れたお姉さま方にはどうかな~ っという心配はあったのです。

私は、最期の時へむかっての心構えのような、例えば、物の整理のようなことから、延命治療に対する決心っていうのか、、私たち夫婦もそれとなく真面目に考えつつ前向きな準備を進めるにあたっての参考になれば・・・と。

そういう気持ちだったんじゃないかと、自分の気持ちを思い返しています。

映画館への道案内、切符の買い方、館内の案内とかも一応いたしました。

小さい映画館で、前の席には誰もいなかったので、ゆっくりと観ましたが、

私が想像していた以上に内容の重い映画。

お姉さまお二人はどのようなことを考えながら鑑賞しているかと、少なからず気に掛かったものでした。

元トラック運転手。今は無職の48歳の息子は母の家に身を寄せて、人生の再出発をしたいとあがいています。2人の感情が激しくぶつかります。母は脳腫瘍に冒され死期が近いと考えられる。そこで母の選んだのは尊厳死。

この尊厳死に対する私の知識が不確かだった?

                 日本尊厳死協会 こちら 

映画ではスイスの施設に行って最期をむかえる。判り易く言えば薬による自殺ほう助。日本では安楽死と云うものは認められていないが、スイスなど世界の中ではそれを認める国や州があるんですね。

だから、きっと見ている人の大半が、こう云う結末を向かえることは想像していなかったんじゃないか?

映画が終わった時、みんなが重苦しい気持ちに包まれて席を立って行きました。

私たち4人も、その気持ちのまま帰宅するのが躊躇されて、しばらくお姉さまのお宅でお茶をごちそうになり、お喋りも少ししてから帰宅しました。

   又、連れていってね!

  今度は、楽しめる映画にいきましょう~  ねっ!

        と言いながらお別れしました。

  

2014年3月13日 (木)

モーニングのジャムです

016_800x600 015_800x600017_800x600

某、病院のレストランでモーニングを頼みました。

和定食、洋定食A、Bとあり、更にベーコンとハムを選べるようになっています。

それぞれのカロリーも表示されています。

オムレツより目玉焼きの方がカロリーが低い(当然ね)ので、目玉焼きで注文。

な・な・なんと、卵2個の目玉焼きでした。

トーストにはバターも何も塗っていない状態で、ジャムとマーガリンがセットになったものが付いています。

真ん中を山折にすると、パキッと割れ、二つ折り状態にしてギュッとつまむと、

ジャムとマーガリンが同時に細く絞りだされました。

初めての出会いで、ちょっと面白く感じました。

2014年3月10日 (月)

3月のオープンデーは、、

昨日、3月のオープンデーをしました。

初めて聞く方には一体何のことかお分かりにならないと思います。

我が家に付属のフリースペース(元は夫の仕事場でした)をオープンに(自由に使える時間)し、コーヒーは一杯百円でお出ししますよ~。直ぐ近所のパン屋さんで、お好みの焼き立てパンでも買って、軽い朝食にでもされたら如何?

、、、と、こんな気分で昨年の初夏の頃だったかな? にはじめてみました。

日の出の時間と相談しながら、2カ月ごとに開始時間を調節しながら続けてきました。 あっ、月に一度だけです。コーヒーを淹れるだけなら簡単!って思って始めたことですが、そのうちに「手作りケーキも置いとけばいいのに~」 「サンドイッチか何か、軽いものも用意してくれたら・・・」などと、要望がでてきました。

しかし・・・ですねぇ~ 作るのは私しかいません。 

夫は会場の準備や片付け、食器洗いとかは手伝いじゃなく、やってくれますが、、、

出来る範囲で、、、頑張り過ぎないように、、、やっているつもりですけど、、、

今回はシュークリームを焼き、お赤飯を作る予定で、土曜日の夕方から小豆を茹ではじめたんです、普通の鍋で。ところがいつまでもかたいこと! それで、土鍋と同じ材質の鍋に移し、暫らく煮たところで、火を止め食事をしました。食後に様子を見ると!  わぁああ~!

 煮え過ぎてます!  いえ、まだ固さも残ってはいるのですけど、赤飯にするには柔らか過ぎ。 ここで赤飯を作ることを断念。 小豆は小豆餡に変身となりました。

で、その後に思いついたのが・・・玄米ご飯(最近2度ほど炊いたので)

  早速、

圧力鍋に、玄米に黒豆と黒米を加えて水につけておき、

朝、炊きましたけど、自信はありません。水加減は玄米の1,5割増しに黒豆やらの分としてもう少し多くしました。←少し多すぎた感あり。

シュークリームも数年ぶりの挑戦なので、心配でしたよ~

まずまずの出来、皆さんの「美味しい!」って声に一安心の私happy01

             写真は撮り忘れましたsweat01

玄米ごはんは、お持ち帰り(お買い上げ頂いて)となりました。

圧力鍋で炊いたらお焦げ部分が結構できました。 そこで

今日、又 懲りずに、今度は炊飯器の玄米モードで炊いてみました。

002_640x480  001_640x480

モチモチ感がたりませんが、悪くはないです。お焦げもありません。

今度、又 作る時には 炊飯器でしたいと思いました。

今日炊いたのは100gずつのおにぎりにして冷凍しました。

それから、シュークリームでは卵白が大量に残ったので、メレンゲ菓子を焼きました。この二つで午前中の時間が潰れてしまいました。

オープンデーに来て下さる方の顔ぶれが決まってきました。

毎回、10人程度の参加者で、この人達が一つのテーブルを囲み、全員参加のおしゃべりです。 食べながら・・・コーヒーもお代わりして・・・2時間ほど。

昨日は80歳のお姉さまから提案がありました。

「唯、お話しするだけでなく、テーマをもって、その事についてお話しするってのはどうでしょうか?」

「テーマは、一人ずつに紙を配り、、人生で一番心に残っていること(時)は何か? 書いてもらうのは?」

この集まり?  いえね、集まりとか云うほどのつもりで始めたことじゃないんです・・・

でも、顔馴染から、次第に友達感覚が芽生えてきていることは確かです。

互いに刺激を受け合って、生き生きと過ごせることを願っている私です。

そのためには・・・私はお菓子作り、軽食作りをやめることはできないかも!?

2014年3月 7日 (金)

肩寄せ合って・・・頭 つきあわせて、

タイトルから何かイメージすることがあるでしょうか?

時は3月。

3月といえば、年度末の月。

昨年の今頃、町内会の役を決めるときに、会計を引き受ける人がいなかったんだそうで・・・それなら、私がしましょう! って、我が夫が引き受けてきたんです。

前年度の方からの引き継ぎの説明は、私も一緒に聞きましたが、とても一度で覚えられるような簡単なものではありませんでした。

解らないことがあったら、その都度おしえてもらう。ということにして新年度が始まりました。

はじめのうちは、私も気になり、アドバイスのつもりで横から口をだしましたが、聴く耳を持たないとはこういうことだと感じたものです。

2人でグチャグチャ言ってたら、余計に解らなくなるかもしれない、と一切口出しすることをやめて、1年が過ぎようとしています。

町内会の総会が4月はじめに迫って、先日来、ノートや通帳、電卓を広げてやっておりました。。。夫がです。

監査の方も2度ばかり足を運んで来られましたが・・・どうも計算が合わないようです。

「どこかへ つっこんでおいたら 良いんじゃないですか?」なんて言われたそうで、今にもそうしそうな夫をみかねて、横に座り、一緒に見直しをはじめました。  私。

夫、 電卓をたたくスピードののろいこと!  無理もないなあ~

今まで、電卓を使っての計算などほとんどしたことのない人だもんなあ~

どうも、頭の中はパニック状態っていうか、真っ白というか。。。

何をどう見直したらよいのか、さっぱりお手上げ状態のようです。

肩を寄せ合って(?)  チェックペンで色を替えながら、何度もチェックを繰り返す。

久しぶりの夜更かし作業で、支出の部だけはOKとなり、

後の作業は翌日にまわしました。 これ以上は頭が働かないのでsweat01

翌朝、ゆっくりの朝食を済ませ、さ~て! と気合宜しくはじまり~~

入金の部を見なおしました。

2人とも・・・同じことの繰り返しを何度やったことでしょうdown

さっきは合ったと思ったのに、、、えっ! また???

何を、どんな順序でしたら良いのか、、、解らなくなってしまうんですね。

あっという間にお昼。

午後もやりましたよ!

そして見付けました!  

町内の清掃負担金2,000円がダブって書かれていたのを!

あ~~ これでゆっくり寝れる~~  って、夫の一言は実感がこもっていましたが、

それだけでは、めでたしめでたし とはいかなかった。

総会で皆さんにお渡しする資料の形式にまとめなきゃ でしょ!?

夫に言われるまでもなく、、、

これは私がやるしかない!

夫にはできないです!

パソコン・・・使えない人

手書きでいいよ・・・書いた字が自分でも読めなかったりする人

・・・で、わたし・・・エクセル開いてみました

、が・・・ちょこっと習ったときに、これはわたしには必要のないものだ! って、その時には思えたものですから、、、ちゃんと学習しませんで、、、

使いものにならないってことが、このたび判った次第ですdown

仕方ないので、ワードで苦労して表に仕上げたんですけどねぇ~

抜けてるカ所発見!  数字の列がそろってないところも発見!

今夜出来るかなあ~ 

明日、出来るかなあ~~

まあ、、、夫には 大きな貸しが出来たんじゃないの!?

2014年3月 2日 (日)

フルートコンサートでした

019_458x640

明日は3月3日、雛まつりですね~  お雛様出してないので、古い絵手紙で雰囲気づくりで~す!

010_600x800

note  note 

話しはかわって、今日は、わくわくサロン主催のコンサート。

およそ1年ぶりで、今回はフルートです。

2ヶ月ほど前から準備をはじめました。

私に任された仕事の、チラシと、チケット作りが急がれました。

メールで送られてきた、奏者のプロフィールや写真、演奏曲目などを入れながら、体裁良く、A4に収めなくてはいけません。 結構気をつかいます。

014_640x480

チケット作りはPC操作が下手で、前回まではとても苦労をしましたが、今回は家電店でチケット作成用の用紙を見付けたおかげで楽にできて、ご満悦のわたしhappy01

コンサートの日が近づくほどに気懸りなのは、チケットの売れ行きですが、今回は 60枚超えで嬉しい悲鳴の反面、今度は椅子を自宅からかき集めてやっと間に合わせた次第です。   chair

017_800x600

フルート曲として名高い、ドップラーのハンガリー田園幻想曲をリクエストしたら取り上げて下さいました(ありがとうございます)最近はあまり流行らなくなったそうですsweat01  でも私の好きな曲に違いはありませんけど・・・

松任谷由美さんの 「春よ、来い」も久しぶりに良いなあ~って聴かせてもらいました。

驚いたことに、ピアノ伴奏の方、とてもお若いのですが、私たち年代の者にとっては当然、誰もがよ~く知っている(と、思われる)月の砂漠コンドルは飛んで行く、をご存知ない!

けぇえええ~  って、返す言葉が見つからない感じ!

その上に、コンドルってなあに?  って来たからおったまげっちゃうでしょ!

でも、コンサートは、皆さんに感動をあたえ、無事終了となりました。

アンコールとして用意して下さったのは「花は咲く」でした。

歌詞のプリントを配り、みんなで合唱

3.11が直ぐ其処に近づいてきましたね。忘れることなく思いを新たにいたしましょう!

  あっ! 会場の花は我が家の ミモザ、椿、水仙を主にして、ランを1本だけ買い足しました。 ミモザはぜ~んぶ、お辞儀してしまうので苦労しました~~~。

で、夕方、ほっとしたら、疲れがどど~~っ! って、湧いてくるように全身を包んでしまいました。夕飯を作るなんてとてもできない! スーパーで助六寿司を買い、インスタントのお清汁ですませました。

ボランティア、ボランティアって、夫と声掛け合いながらやらせて頂いていますが、さてさて後どの位できるものかと案じもします~~~

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »