« 注文の多い料理店 | トップページ | 大学を飛び出して・・ 山地酪農 »

2013年10月 3日 (木)

おもてなしを受けて・・

賢治さんがらみの記事の続きです。

  この日の昼食、事前の案内には

≪折壁(おりかべ)地区で地元の「おりかべソバ」を予定≫としか書かれていなかったので、てっきり何処かの食堂のようなところでお蕎麦を食べるのだろう。と、思っていた。 ところが直前になって分かったのだが、高齢化の進んだ集落の方達が村おこしの為にはじめた「そばうち」で、外の人達(私たちのことね)に食べてもらうようなものではないと、はじめは断られたのだそうで、そこを何とか・・・と多分無理をお願いしたのでしょう。  

それならと、皆が集まって何度か練習をされたそうです。

061_640x480062_640x480063_640x480

064_640x480お蕎麦だけだと思っていました。ところが

部屋へ入ると目に飛び込んできたのがお煮しめをはじめお餅が二種類あったり、小鉢や漬け物、フルーツまである。氷水でしめたというお蕎麦が今まで食べた事のない美味しさで、一同感嘆の声を発したのです。

お蕎麦の次に、炊きこみご飯まで出てきて、もうお腹がはち切れんばかりの苦しさ。

Img003_1024x721 Img007_733x1024_2Img007_2_1016x1024_2

【おしながき】には地産地笑の折壁おもてなし料理 と書かれています。

上の文字ばかりの写真をクリックしてください。読めるでしょうか?

本当にこのお料理は真心こめて作っていただいた おもてなし料理だとつくづくそう感じました。 まるで遠いところから久しぶりに帰って来る息子や娘を迎える親の愛情一杯のお料理のようでした。  私たちの人数より多くの人達で、きっと何日も前から準備して下さったのでしょうね。お別れの時には双方ともに、胸にこみ上げてくる感情がありました。  いちばん最後の文章をお読みください。この地方の言葉のままに書かれた文章が一層心をあったかくしてくれます。

蕎麦切りは手間がかかるのでお祝いなどハレの日に食べたそうです。

感謝しきれないほどの真心を頂きました。 ありがとうございました。

« 注文の多い料理店 | トップページ | 大学を飛び出して・・ 山地酪農 »

シニアカレッジ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

おもちに、そばに、おにしめ、つけもの、、見ただけでおなかがいっぱいになりそうです。
お肉や、魚などのごちそうはないですが、見ただけでおいしさが伝わる懐かしい食事内容です。
こどものころ、田植えや、稲刈りが終わったときのごちそうは餅でした。
その時の嬉しさが思い出されました。

お蕎麦はなかったですが、

本当に、真心のこもったごちそうですね。

noodleさっこさん、おはようございます
一見地味にみえる、こういうご馳走、私たちにとっては本当にご馳走ですねぇ~delicious
地元の食材で、すべて手作りで、暖かさに溢れていました。
感謝、感謝!!

各地で町おこし村おこしが活発ですが
地元の材料を使ってその土地でしか味わえない味を
堪能できることって、何にも勝るお・も・て・な・し ですね。
味プラス地の方々の温かさに触れることが出来、本当に
良い出会いがありましたね。


岩手大学のシニアカレッジに参加されていたんですね。
こういう企画があるのも初めて知りました。3回目ということは過去にも
行かれていたんですね。それも1週間。

「注文の多い料理店」のもとになった話も面白いですね。
この話もひと月前にテレビで放送されていて、あらすじを思い出しました。
話がとても新鮮に思ったのです。そこに、tomokoさんの話が続いて
とても興味深く読みました。

noodleおばさま、こんばんは!
その地の方々とのふれあい、これが一番ストレートに気持ちが通じ、何よりの喜びかなと思います。
食べ物も、これ以上のご馳走はありませんね!
正にお・も・て・な・し・ですねえ~heart02

noodleちゃぐまま様
「注文の多い料理店」テレビで放送されていたのですか?知りませんでした。
でもとても興味深い話ですね。 もっともっと色んな事を知りたい!! と思いました。
シニアカレッジですが、次第に開催する大学が減っているようです。 
宮崎でもあったように聞きましたが・・・
人によっては1年に複数校で受講されている人もいます。 
魅力に取り付かれてしまうようです。

折壁地区でのおもてなしの様子を聞いて、2007年初めてシニアカレッジで遠野を訪れた時を思い出しました。遠野のお母さんたちが作ってくださった心温まるお料理の数々、ほんとに美味しかった!tomokoさんと同じく食べ過ぎて苦しく、それでもなおいただきたい!!と思うほど・・・tomokoさんが感動されたように、私も岩手の人々のほんとうの意味でのおもてなしの心が伝わって、胸がいっぱいになりました。

noodleayakoさま、こんにちは!
手間暇かけ、心からのおもてなし・・・今のご時世じゃ、めったに出あわない事だと思います。
見かけのかっこ良さやお金を多く払ってのおもてなしにどうしても走ってしまう?
いえ、それより何より自宅に招いてのおもてなしがほとんどなくなっているかも知れないですね!
昔は我が家にお招きして・・・結構していましたが、今はほんとに少なくなりました。
気持ちを新たにして!  見習いたいと思います。

ayakoさんへ 
 ↑のコメントに名前が入らなくて(いつもは自動で入るように登録してあって)失礼いたしました。
何故か、登録が解除されていたのに気付きませんでした。

tomokoさんは、手間暇かけておもてなしをされていますよ。サロンやオープンデーなど・・・様子を聴いて、
心が伝わってきます。すごいことです。

cakeayakoさん、こんにちは!
そうおっしゃって下さって、ありがとうございます。 サロンもオープンデーも、少人数だから
何とかできていますが、いつまで出来るかしら?  皆さんに元気をもらってやっとしているようなものです。
明後日の日曜日、オープンデーです。

明後日って13日ですね、奇遇にも私は岡山に行くのです。高校の時の友達が東京から出雲へ行った帰りに岡山で会えるかなと言うので・・・10時半から3時まで岡山城、後楽園を巡る予定です。

appleayakoさんへ
岡山にいらっしゃるのですか!  電車で? それとも車?
明日のオープンデーは7:30~10:00までで、午後は3:00開演のコンサートに行きます。

明日はきっと爽やかなお天気じゃないですか?
懐かしいお友達と良い時間をお過ごしくださいね!  

又お会い出来るといいですね~

岡山へは新幹線で行きます。もっと早くにtomokoさんのことを思い出していれば行けたかもと、オープンデーにお邪魔したいなと思っていたので残念です。岡山といっても広いですものね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 注文の多い料理店 | トップページ | 大学を飛び出して・・ 山地酪農 »