« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

注文の多い料理店

前回のブログの続き・・・

 早池峰山の登山口と云った辺りへ連れて行ってもらい、実際に宮沢賢治が歩いたであろう場所に立ちながらお話しを伺った。 

賢治が書いたお話の舞台は此処ではないか? と云えるほど、ほとんどが実在の場所を舞台にしているらしい。

 早池峰のこの辺りには金山が、規模は小さく量は少ないながらも質の高いものがでてくる。そういう所が割に数多くあったそうだ。鉱石学者でもあった賢治だから、そう云う場所にもよく足を運んでいたらしい。

 話しは変わるが【注文の多い料理店】はご存知の方も多いことと思う。

 私、あれを読んだ時に不思議なお話で、こんな話をよく思いつくなあ~と、そんな気持ちになったことを覚えているが、 今回その話のきっかけと云うか、下敷きと云うか・・・そんな話を聞いたので、ここで紹介したいが、その前に少し説明を。

 ある場所でバスを降りるなり「この辺りをぐる~と見まわして、なにか感じませんか?」と案内の浅沼氏が問いかけた。 ・・・いや~人家など全く見えない、緑に囲まれた場所。突然の問いかけに誰も、どう答えたらよいものか、声を出す人がいなくて、浅沼氏がさらに続ける。055_800x600

   「鳥居がみえますねぇ」 

 なるほど、云われてみれば、ある ある。

 丸太を組み合わせただけのような作りで、周りの緑にすっかり溶け込んでいる。

 

057_600x800_3

 

「小さいと思いませんか?」

一々云われないと感じない鈍さに我ながら呆れてしまうが、本当に低くて、少し身長のある人なら頭をかがめないとぶつけそう。 

ここで案内の浅沼氏が話したことに一同驚くwobbly

この猫底というこの辺りに住んでいた人達は身長は低いが、がっしりした体格の人達で・・・○○族と云われ・・・

    ・・・えっ! ええ~っ! ・・・058_800x600_2

 

それで、鳥居も低く作られているのだ!

これはブログに書いてしまってもいいのだろうか?

と不安を覚えながら書いている。

なんとか族と云うところだけは、せめて、ぼやかしておこう。この人達の事を○○族と云われたが。

鳥居をくぐって段々を登ると、簡素なつくりの小さな神社がある。神社の横手をまわると少し開けた場所に出る。人家が数棟、肩を寄せるように並んでいる。

○○族という人達は金坑で働くには都合がよい体形で、ゴールドラッシュに沸く時代にはこの人達のような労働者とともに、芸者をはじめ遊ぶ場所も沢山あり、決して広いとは思えないこの場所に千人もの人が居たという。

1日の労働が終わると、その日の給金を手に呑んだり遊んだり・・・

1枚脱がされ・・・2枚・・3枚と・・・

朝が来て家に帰る頃には丸裸にされている。

 そういう人達の様子を賢治のメガネを通すと【注文の多い料理店】という一風変わったお話しに出来あがったということらしい。 

    う~~ん! 賢治はなかなか手強いなあ~happy01

 

注文の多い料理店の内容についてはここに記しませんが、舞台裏の話を聞くと再度読んでみようと思う方もいらっしゃるかもしれませんね?

私は、お話しの最後ってどうだったっけ? と記憶が飛んでいたので、幸い手元に絵本があったし、読みなおしてみました。

この日は丁度、賢治の命日で、賢治祭というものが花巻で毎年開催される日です。賢治に熱い思いを持った多くの方々が集まって、献花をしたり、雨にも負けずの詩を朗読したり・・・賢治フアンが熱を上げるのでしょう。

しかし、浅沼氏のお話によれば、花巻時代の賢治に対しては誰一人として暖かい目で見るものは無く、石を投げんばかりの扱いであったそうです。

そして賢治も、花巻の事は何も書いていない。 と云う事でした。

時代が変わると、こんなに賢治、賢治と云ってもてはやされている。皮肉なものですね。

 

2013年9月29日 (日)

目からウロコがポロポロと・・

岩手大学のシニアカレッジ、今年は30名の参加、実に25名がリピーターだったので右を向いても左を向いても懐かしい顔。北海道から大分まで、日本全国からの参加と云っても良いだろう。

今回は朝ドラの【あまちゃん】の話があちらでも、こちらでも引き合いに出されたが、生憎私は見てなかった。 「見ていない人もこんなにいるんですね~」などと、関係者は驚いていたが、皆がみんな見ていると考える方がおかしいと云うものじゃない?

毎年のことながら、入学式に続き達増県知事の講和、次に学長の講義、オリエンテーションとあり、おでんせパーティーがあってこの日は終了。

シニアカレッジ担当者が1年かけて興味深いプログラムを用意してある。

それら全てを紹介出来ればいいが、とてもそれほどの理解力も、記憶力も持ち合わせがないので、アトランダムに幾つかを・・・私の受け取った範囲で書いてみたい。

            ~~~~~~~~~~~~~~~~

開校4日目(いきなり飛ぶが)は任意参加制のオプショナルツアー。

コースは3つあり、あらかじめ申し込み済み。私が選んだのはコースⅢ、賢治の原風景とおりかべ蕎麦ツアー。このコースの参加者は7名、12人乗りの車でまわったのだが、車で連れて行ってもらうと地理的な事が良く解らないのが欠点sad

 039_800x600・・が、花巻に近い方向に早池峰山(1917米)があり、この山の登山口辺りを案内してもらったのだと思う。

←の建物『早池峰と賢治の展示館』の館長、浅沼氏が1日中案内してくださった。

先ず建物内での説明で、

「風の又三郎には二種類ありますね!」  に一同ぽか~ん

「あれ~ ご存じない?」  ・・・ ぽか~ん が続く。

028_800x600右の原稿の題字が読めるだろうか?

「風野又三郎」

 ・・・の、が漢字の野となっている。

これは賢治が初めに(若い頃)書いたもので、一般的に私などが知っている「の」を使っている方は亡くなる数年前に書かれたものだという。

内容も違っていて、はじめの方は、又三郎が教室に入って来るなり、自分から名乗っているが、後の方ではそうではない

こんな説明をうけ、目からウロコ・・・だった。033_768x1024

2階に上がって行くと、そこには賢治の定宿、石川旅館の一室が再現展示されている。

030_800x600

ここで驚いたのは大正7年当時使われていたそのものが展示されていること。浅沼さんが手にして帽子の女性が見せてもらっているのは鏡台のカバーで、とても良い感じの本絹。  *写真の上でクリックすれば大きくなります。説明文もお読みくだされば良く解ると思います。
           ****************     

浅沼さんが「是非写真に撮ってください」と云われたのが↓。

037_768x1024 036_768x1024 035_768x1024

      クリックしてお読みください。

初めて耳にする ダルトン・プラン教育について書かれている。

この辺りは大迫(おおはざま)地区なのだが、この教育理念が大正11年に日本に伝えられるや否や翌年には大迫小学校で実践を始めたという。

ごくごく かいつまんで云えば、個々の能力に応じた教育方法らしい。

   ・・・これを読むと私の母校は大正10年に創立されたが、この教育理念に相通じる教育がなされたのではないか?  今頃になって、そんな事を感じ、不思議な感覚に包まれた。 またこれは私の想像であるが、窓際のトットちゃんでお馴染みの黒柳徹子さんが通った【ともえ学園】の教育理念も、ダルトン・プラン教育に通じるものではなかったのか?  そう思えて仕方がない。

今、私はこの言葉に出あったばかりであるが、心に留め置いて理解を深められればと思っている。 

    浅沼さんは、早池峰山や賢治について隅から隅まで知りつくしているようで、お話しに興味のつきることがないのだが、賢治の作品だって幾らも読んでいない私にはまだまだついていけない部分が多くて残念。 一体、岩手の人達は小さい頃からこんな風に賢治の作品を読んだり聞いたりして育っているのかと、思い入れの大きさ、違いを実感する。

      次回は、「注文の多い料理店」について書くつもり。

2013年9月10日 (火)

壁面飾り・9月

001_600x800

緩和ケア病棟の壁面飾り、

9月に入ると同時に晩夏の飾りからこれに変えました。

その時にはカメラを忘れていたのでUPが遅れましたsweat01

和のイメージの布や、先輩ボランティアさんが寄付して下さった和服の裏地を使ったりして、手芸上手のSさんが主になって仕上げて下さったものです。

段ボールの三方にのったお団子には薄く綿が入っているので、ふっくらしています。

右上の緑っぽく見えるものは、パッチワークの地味さを補い、月明かりで夜空がボーっと明るくなった感じを

出すための演出。 

というと凄く考えたように思われるかもしれませんが、

たまたま手元にお花のラッピング様の薄黄色い紙があったので、それを貼ってみた。と云うのが本音です~~coldsweats01

いつものことながら、こんな調子で、パパパッと仕上げるのが私達流です。

    fullmoon   moon1   moon2   moon3

今週は私的には大忙しの週です。

しかし、今日のボランティアにはどうしても行かなくちゃいけない用事があって早く出掛けて行きました。

何故か、今日は役員会だという事を知らないまま(前回休んだからか?)

病院に着いてからその事は携帯の留守電で知ったのですけれど、用事を次から次から頼まれたので、役員会の事は知らない。で通す事に(私が欠席しようが出席しようが、大して変わりないのです)して、午前中に一人で(今日の活動は一人だけだった)出来るだけの事をして、後の事は午後の方に申し送りのメモを残し、エレベーターを下りました。1階で私と入れ違いにエレベーターに乗った男性の後ろ姿が、どうも緩和ケア病棟に奥さまが入院されている、○○さんのように見えました。

あの奥さまも入院されて、もう長くなったと思います。付き添われているご主人様、とってもおしゃれ上手でダンディーな方。

その○○さんの後姿に、疲れが感じられました。

いつだったか、一時外泊でご自宅に帰られた奥さま、とてもお喜びになられたそうで、もっと自宅にいたい、だったか、又帰りたいだったか忘れましたが、そんな様な事をおっしゃったようです。 

その事をボランティアの私たちに話してくださりながら、○○さん、「そう云われてもねえ~~ こっちは疲れて勘弁して! ですよねえ~」 と本音をポロリとこぼされたのでした。

看護、介護、は本当に大変ですものね~

長くなれば、いつも笑顔でとばかりはいかないでしょう・・・

私たちボランティアの役目って、患者さんやご家族のそういう辛さ、寂しさを一瞬でも忘れるというか、辛さがほんの少しでも薄らぐような存在でなければと改めて感じた一瞬でした。

パンプキン・プディング   レシピ

002_640x480前回のブログに載せたもののレシピです。

丁度、南瓜の季節でもありますし、そんなに難しくないので如何でしょうか?

003_640x480_2

材料 (およそ6×4cm容器6個分)

プディング生地

南瓜(正味) 250g ・ 卵 2個 ・ 卵黄 1個 ・ 三温糖 40g(上白糖でも可)

牛乳 200cc  ・ 生クリーム 30cc ・ ラム酒などお好みで 大匙1

カラメルソース

砂糖 60g ・ 水 少量(約大匙1) ・ 熱湯 約30cc

  * 私、今回初めて市販のキャンデーのようになった物を使いました。

     プリンカップ1個につき、1個いれて・・・とても手軽でしたよ。

仕上げに (無くてもいいものですが、ちょっとお洒落に)

 生クリーム(1割の砂糖を加えて)をホイップしたもの

  白玉団子 小さく作ったものを2個位

  市販の粒餡

   *ミントの葉だけでもいいし、何もなくてもいいですよ。

作り方

1、南瓜は半分に切り、種を取り除き電子レンジで柔らかくなるまで、かける。

  スプーンなどを使い身を取りだし、計量する。

  砂糖をくわえ、あればマッシャーでつぶす。なければ木べらで。

2、卵(卵黄もあわせて)をほぐして①に加え混ぜ、続いて牛乳、生クリーム、ラム酒もくわえて混ぜる。 

   万能こし器などでこし、こし器に沢山残った場合はゴムベラをつかって漉 すと良い。

3、 バターを塗った容器に カラメルソースをいれ、その上から②を注ぎ入れる。

   天板に布巾などを敷いた上に容器を並べ、お湯を1cmほどはる。

     *オーブンはあらかじめ130~150℃で余熱しておく

 

      オーブンで30~40分ほど蒸し焼きにする。

*プラスチックのような容器の場合は指定された温度でお使い下さい。

粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

白玉団子や、あん、ホイップクリームなどを添えて出来上がりです。

  添えるものや、キャラメルソースの作り方は省きます。 

一人分ずつの容器以外に、耐熱のバットなどに流して焼き、取り分けるのも良いと思います。

2013年9月 7日 (土)

風立ちぬ・・・観てきました

003_480x640
  アブチロン(チロリアンランプ) 年中のように咲いています

先日、映画≪風立ちぬ≫を観てきました。

本当はこの映画はパスしよう、と話していたのです。

しかし宮崎駿監督の引退発表に伴い、様々な関連したニュースが流れましたね。

その中で試写をみて、涙を流したのは初めてという監督のことを知って、やはり観ておこうと・・・行ってきましたhappy01

この映画が話題になるまで、ゼロ戦を作った人の事は何も知りませんでしたが、堀 辰夫の書いた「風立ちぬ」は読んだ事があります。

映画のあらすじだとか、どこが良かった、悪かった、と云う事を書くつもりはなく、

今までも宮崎監督のアニメは何本も観ていたのに、今回かんじたのは

絵がとても綺麗で素晴らしいなあ~~ もっとゆっくり観ていたいなあ~ と。

風がテーマでもありましたから、いつも以上に 空、雲 の描写が多かったのかもしれませんが、夕焼け空の色の変化とか、とてもいい感じでした

アニメでこんなに表現できるっていうこと、その素晴らしさに初めて感動しました。

皆様も機会があればご覧になるといいですよ。

テレビでは昨夜 紅の豚 を放映したので録画してあります。

今夜、観れるといいなあ~と思っていますが、本当は今日はPCに向かっていられるほど暇じゃないんですけど、忙しい時に、何故か向かいたくなるんですsweat01

2013年9月 3日 (火)

夏の疲れを癒しに・・その4

052_800x600

最後の日は白米千枚田ののどかな風景を眺めることが予定されていました。

千枚田のある風景って、とても魅力的にかんじられ、観にいきたい!と云う気持ちがずっとありましたが(場所にこだわりなく、どこのでも)、今回偶然に予定に入っていたのはラッキーheart01 とワクワクする気持ちでやってきました!

日本海をバックに黄金色に色づいた千枚田なんて最高!  って、、、

ホントに千枚ほどもあるようですが、現地に行ってみると耕作放棄地となっている田圃も幾らかあったり、早くも稲刈りの終わった田も少しあり私の期待通りとはいかなかったです。

ツアーでご一緒、バスの席が隣りのご夫婦は、農家の方で 「あの千枚田を見たら、もう気の毒で気の毒で・・・」 とおっしゃいました。田圃が荒れているという事と、あそこでの農作業の厳しさを言われたのだろうと思います。

オーナー制度も設けてあるそうですが、棚田を維持しながらの米作り、、、

さぞ、さぞ大変なことでしょう!  若い方達の協力が得られて、この棚田が美しい姿で有り続けられますよう、心の中で祈る気持ちでした。

  輪島では朝市の雰囲気を味わい(海産物が多い)午後は能登金剛・巌門という場所へ busdashdash

064_800x600
↓ 岩ノリとりの場所

069_800x600

金沢駅でお土産やお弁当などの買い物の後、サンダーバードで新大阪へ、乗り継いで岡山へと帰って来ましたが、大半の時間をバスと、電車に乗りっ放しだったので、この日はお尻が痛くていたくて・・・bearing

お天気にとても恵まれた3日間だったんですが、翌日から北陸方面は大雨。

普段の行いでしょうかね??

秋色の風景を楽しんだ旅が終わりましたheart02

2013年9月 1日 (日)

夏の疲れを癒しに・・その3

高山の朝市(記事にはしていない)、白川郷と立ち寄った後は千里浜(ちりはま)なぎさトライブウェイを走り・・・

  *千里浜なぎさドライブウェイとは・・・大雑把にいうと、能登半島の西側付け根あたりにあって、約8kmに渡る砂浜の上を走るトライブウェイ。砂の粒子がとても細かく、それが水に濡れるとギュッと締まるそうで、それで重量の重いバスでさえも走行が可能。日本でここだけ。

  ↓はバスの中からの撮影なのでガラスに映り込みがありますが

026_800x600

この時は、丁度満潮に近かったようで、いつもは砂浜の幅がもっと広いらしい。

033_800x600

・・・ この後、今夜の宿、和倉温泉へ向かいました。

日本一と称される おもてなしの心、それを実感したくて申し込んだ今回のツアー。

テレビでも時々目にする大きな大きな旅館です。館内の設備はどのクラスのお客様も等しく利用できますが・・・さて?

おもてなしの度合いは? もしかしたら?    

      否いや、、、そんな事は無いと思いたい!

でもそこは、、、37人のツアー客がどかどかとやって来たのですから、部屋への案内もエレベーターに同乗されましたよ。 私が見たテレビではお客をエレベーターに乗せ、ドアが閉まると同時に自分は階段を駆け上がり、先回りするとか映っていましたけど、、、

私たち5階でしたしねぇ~ 着物で5階までエレベーターより速く駆けあがるって無理ですよねぇ~   時と場合ですよねhappy01

  ↓ 七尾湾に沈む夕日を部屋より

037_800x600

どこの職場でも新人教育が欠かせないのは同じでしょう。

私の部屋の担当となった係の方、他の部屋も合わせて担当していたらしいですが、、、

何となんと! 台湾出身のまだ若い女性でした!

このK旅館にきて半年だとかで、一生懸命さと明るさは良く伝わってきましたが、

ベテランさんのようには行きません。入り口の外できびしく叱られているらしい声が聞こえていました。

叱られても部屋へ入ると、明るく振舞っている姿に好感を持てました。

夕食は部屋食、心配していた程の量じゃなくて、1品1品が見た目も、味もとても良く、程良い分量だったのが良かったです。

・・・でもね、私の場合だけど、温泉を楽しむって気分にはならないもんで・・・

夜の時間はやはり持て余しますねえ~~

友達とおしゃべりとかするのなら別ですけどねえ~~coldsweats01

                          もう少しだけ続きます

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »