« 最後にたべたいものがある | トップページ | 夏の疲れを癒しに・・その2 »

2013年8月30日 (金)

夏の疲れを癒しに・・

猛暑やゲリラ豪雨とか色々、ニュースの話題に事欠かない夏だった。

お盆休み中のことは以前のブログでも書きましたが、お盆休みだけじゃなく、夏中、ど~こにも行かず、これと云ってな~んにもせず・・・ただ水遣りだけをしていた記憶と、あまりの暑さにダウン寸前状態だったと思う。

少し秋が近づいたと、身近な小さな変化が教えている。

このひと夏の疲れを癒しに・・・というか、前から申し込んであった2泊3日の小旅行に行ってきました。

温泉嫌いの私が温泉へ行こうというのだから、かなり変ではありました。

まあまあ、そんな事はさておいて、新幹線で名古屋までの車窓の風景に先ず心癒されるものがありました。  

それは、これぞ日本の風景! じゃないかと勝手に決めたくなるような、緑の田圃です。稲が順調に育っていると感じられる風景って、難しい事は抜きにして・・・ 心のどこかに豊作を予感させる 安心感? 豊かさ? ・・・ そんなものを与えてくれるようで、眺めていて心地良さを感じます。

外国の人にも見てもらいたい景色だな~なんてねhappy01

006_800x600

名古屋からのワイドビューひだ号では予約してあったお弁当が配られ、列車に揺られながらの昼食もたまには好いものでした。

田圃の景色が・・・

緑一色から少しずつ変化して、次第に黄色く変わって来るのが面白くかんじられました。

1日目の旅程は、これだけで、14:00には下呂温泉の宿に到着。

ゆっくりスケッチでもしたらいいなあ~ と新しいスケッチブックも持ってきたのに、ちっとも気分が乗らなくて、白紙のままdown

お部屋は畳の部屋と、ソファーやテレビのある洋室との合体したもので、それほど豪華とも思えない部屋でしたが(ツアーだものね)、

夕方から館内ツアーとやらがあるというので、時間を持て余してもいたので参加しました。

えーっ!  すごーぃ! へぇー! の連発ものでした。

今時の、それなりに名のある旅館というのはこんなに大仕掛けなものなんだ!

温泉嫌いの私ですから、専らホテルばかりで、温泉旅館って数える位しか 泊ったことがなかったのです。 

一つの旅館の中で、あらゆる文化、芸術、娯楽、食、、などを楽しめるのです!

美術品が館内のあちらこちらに飾られている事は、他の旅館やホテルもありますが、数が違って美術館と称する部屋まであります。そして、お宝クラスの物があちらにも、こちらにもeye eye 

それだけではありません! 

立派な 能舞台までありました! 

庭に面した壁面がガラス張りで、大樹の下ではかがり火が焚かれていて、薪能を連想させるしつらえです。

大中小の大広間も勿論あり、千人もの人が宿泊できるそうです。

私があまりに知らなさ過ぎたのですかね?  目からウロコでした。

それにしても、この日の私は、電車の中でも結構ぐっすり眠ったのに、夕食後もする事がなく、絵を描く気にもならず、、、さっさと寝てしまいました。

まあ、夏の疲れをとりに来たのだと思えばこれで良しといたしましょうかcoldsweats01

                             続きます

                  *コメント欄は閉じています

« 最後にたべたいものがある | トップページ | 夏の疲れを癒しに・・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事