« 初めての、オープンデー | トップページ | この花、なあに? »

2013年6月17日 (月)

急性心筋梗塞の体験談

蒸し暑いです。

2010_0609_053343img_4750

                 近くの教会で咲いていたアンネのバラ

 

昨日は夫の高校の同級生で、ちょうど1年前に急性心筋梗塞をおこし、003_640x458_2運良く、命拾いをし、今はお元気に活躍なさっている方のお話しを聴く会。

同級生を中心に40人程の方が参加。

ご本人は救急車の中で意識を失い、3日間記憶がなく、その間のことは奥さまからお話しを聞かせて頂きました。

具体的な話は省きますが、救急車に乗ってからも受け入れ先の病院が決まるまではサイレンを鳴らさないのだそうで、サイレンを鳴らしながら走る救急車をみると「良かったなあ~」と感じるそうです。

救急車の経験がない私、そういうことは初めて知りました。

救急車を要請するときに、単に119に掛けると中央にかかるので

頭に地域の消防署番号(?)をつけて119に掛けた方が速く来る、というような話もありました。

さて、急ぎの手術でも家族の承諾書が必要で・・・

それが取れない場合は、信頼関係になるから云々・・・

まだまだ解らない事が多くありそうです。

 

« 初めての、オープンデー | トップページ | この花、なあに? »

地域との関り」カテゴリの記事

コメント

アンネのバラ綺麗なバラですね。
救急車の経験がないことは健康な証拠ですね。
私は3男が1歳の時、2男の歯ブラシを口にくわえたまま走りだしたとたんに、前のめりに転び、のどから血がが出たのに驚いて救急車を呼び病院に運ばれた時一緒に乗った思い出がありますが、病院までの時間が短いのに驚いたものです。救急車に乗ってもサイレンのことは初めて知りました。

老人家族のわがや、地域の消防署の電話覚えておくことにしました。
出来るならお世話にはなりたくないですね

救急車のお世話にならない方が良いですが
緊急時にはやはり必要で、私も心発作で何度かhospital
主人も何度か・・・down
確かに早く走り出して~と思うのですが、症状をくどいほど
聞かれ、いらいらします。
病院に到着して、やれやれと思う間もなく、またNsが症状を聞き
やっとDrが。入院すれば今度は病棟のNsが同じように・・・・
早く処置して~

hospitalさっこ様
今日から梅雨空が続くようですrain
救急車、タクシー代わりに使うような人もいるようで、それは困りものですが
本当に急を要する場合にはありがたいだろうと、容易に想像がつきます。
…が、できることなら使う事のないよう願っています。

119の前の番号を調べておかなくちゃ! と気にかかりますね。

hospitalおばさまへ
クルージングからお帰りなさい!  早速の訪問とコメントに恐縮です。
おばさまは何度もの経験者でいらっしゃったのですね! 
緊急時にはホントに有り難い存在でしょうね。 一方でタクシー代わりに使う人もあることは許されないと思います。
助けられた命を大事にしたいと・・・おっしゃっていたのが印象的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての、オープンデー | トップページ | この花、なあに? »