« 旅日記 ・スペイン4 グラナダ | トップページ | 旅日記 ・ スペイン6、 セビリアの1 »

2013年5月 8日 (水)

旅日記 ・ スペイン5、 コルドバ

コルドバへはグラナダからバスで2時間半、車窓からず~っと見え続けるオリーブ畑。その風景に驚きを隠せない。

182_800x600 190_800x600

見渡す限りの、なだらかな丘陵地がまるごとオリーブ畑で、

そのオリーブが縦横斜め、きちんと揃って植えられている。何処までもこの風景が続き、

スペインのオリーブの生産量は凄いんだなあと、これを見ただけで納得する。

どこのレストランでも、食卓には必ず、オリーブオイルが置かれ、あとはバルサミコ酢や食卓塩を置いてあるのが一般的だった。

 ~~~~~~~~~~

コルドバでの1番の見どころはメスキータ(世界遺産)

            イスラム教とキリスト教が共存している

195_1024x768 197_1024x763

イスラムの800年に及ぶ支配下、コルドバの発展と共に3回にわたって拡張され、25,000人を収容する大モスクとなった。   再征服したカトリック教徒による改造でモスクの中にカトリックの教会が共存するという不思議な建物。

204_1024x768 207_1024x768

205_598x800花の小道は旅行のパンフレットなどには必ずと言っていいほど掲載されている写真。

 小道のあまりの短さに、「これだけ?」と驚いたが、

 行き止まりで振り返ったさきに、メスキータのミナレットという塔が見えている。

 パティオとよばれる中庭、ここを綺麗に飾る習慣があるそうで、通りがかりにちらっと覗いてみたところでは、花壇に花を植えるのではなく、土と云うものがなくて、全面が石や何かで舗装された状態。

 そこに鉢植えの観葉植物などを飾ってある。

          bud

街路樹のオレンジがジャスミンに似た香りを放ち、花と共に実も付けているのが不思議な感じを受ける。苦くて生食はできないオレンジだそうだが、旅行中フレッシュのオレンジジュースを毎日飲めたのは幸せだった  happy01

さて、コルドバの観光を終え、セビリアへ向かう。

« 旅日記 ・スペイン4 グラナダ | トップページ | 旅日記 ・ スペイン6、 セビリアの1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なだらかな丘に整然と並んだオリーブ畑。こんな風景を見ると
私もこんなところで農業をやってみたいと、いつも思います。
でもヨーロッパの畑で人が働いているのを見たことがないのです。
(トルコは別ですが・・・)収穫の時以外にもいろいろ作業があるんでしょうがね~。

メスキータの雰囲気は、ヨーロッパでも異色ですよね。
この雰囲気が大好きでした。イスラムのイメージがコロッと変わり
この後トルコへ行ったのです。

花の小道はやっぱり憧れ。なんということのない花ですが、
白い壁と赤い花と緑の葉は絶妙の取り合わせです。ゼラニウムは乾燥地域の方が
よく育つのでしょうね。

私も街路樹のオレンジの実が大好きです。ローマでもそうでしたが、
実がなっているのが普通なのに「実がなっている!」と感動したものです。
確か食べるオレンジとは種類が違うと聞いたような…。苦い?

busちゃぐまま様
ヨーロッパで、バス移動中、人の姿が見えなくて不思議に思いますね。
今回オリーブ畑で一カ所だけ機械を動かしている人を見かけました。
トルコでは家族が総出のような感じで、何か収穫をしている姿を見かけましたよ。

ちゃぐままさんは農業に憧れがありますか?  
私は嫌いじゃなくて、好きな方だと思っていましたが、体力が低下して、次第に
嫌になってしまいそうです。僅かな畑? 菜園ですが・・・sweat01

今晩は
延々と続くオリーブ畑も見事でしたが、メスキータの迫力というか、
あの豪華で不思議な建物には本当に圧倒されました。
スペインが800年近くイスラムの世界だったという歴史も初めて知りました。

花の小道、本当に短かったですが、すてきな小道でしたね。

busさっこ様
あのオリーブ畑にはびっくりですeye
スペイン人ってこんなに几帳面なの? ・・・こういっちゃ怒られそうですが・・・
そんなことを思わせるぐらい整然と植えられていましたね。

花の小道は、短さにびっくりでしたが、あれはあれでやはり心に残る場所ですね!
白い壁と赤い花で、こんなに有名になり観光客が押し掛けるなんて・・・
他でも真似したらできそうな・・・?

広々としたオリーブ畑が山のすそまで続いているのですね。
収穫をどのようにするのかしらと考えたりしまったり
本場のオリーブも食べてみたくなりましたよ。

花の小路も白と赤のコントッラスとが素敵です。
沢山の世界遺産を見ることが出来る旅だったのですね。
旅の続きがたのしみ~。

どこまでも続くオリーブ畑!!確かにきっちりと整然としていますね~
空の青さと広さにも感動です!
世界遺産のメスキータ、異形の建物なんですね。
写真でも素晴らしく美しいのに、本物はさぞ、と思います。
花の小道も可愛らしくてうっとりです。
こうやって見ると、スペインってとても豊かな国だと思いますが~。

すいません、コメントに名前を入れ忘れました。coldsweats01
↑前のコメントもminigardenです。

busスヌーピー様
オリーブ畑の連なる風景にはホントに驚きでした!
収穫の様子が気になりますよね。   オリーブの塩漬けみたいなものとか
ピクルス(だと思う)には何か香辛料や何かが混ざっていて初めての味で美味しかったです。

世界遺産も凄いのですが、生活に直に繋がることはとても興味がありますね。

busminigarden様
訪問、そしてコメントを有難うございます。
スペインの気候日本と同じようで、少し寒かったり又暑かったりでしたが、
日射しはきつくて、サングラスが必要でした。でも日本のように日よけに手袋をしたりすると、
あちらの方には病人に見られたりするようですcoldsweats01
明るい国民性なのでしょうねぇ~
経済がどうの・・・とか云うことを感じさせませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅日記 ・スペイン4 グラナダ | トップページ | 旅日記 ・ スペイン6、 セビリアの1 »