« 旅日記最終 ・ スペイン9、マドリード | トップページ | 山陰の旅・松江イングリッシュガーデン »

2013年5月27日 (月)

山陰の旅 ・ 足立美術館

ご近所にお住まいのご夫妻が山陰の旅に誘ってくださいました。

久しぶりの足立美術館が観光のはじまりです。

 山陰道を安来(やすぎ)インターで降りると、10分ほどですし、JRの駅からシャトルバスも運行されているようです。

 安来節(どじょうすくい)で有名な、あの安来です。

2010年に新館が誕生するまえに行ったきりですから、4~5年以上行ってないことになります。

009_1024x768
以前から、横山大観をはじめ、近代日本画壇の巨匠たちの作品が収蔵されていましたが、院展出品作のなかから「足立美術館賞」なるものを設け、その作品の買い取り、展示をされていました。

新館の方には私の好きな「陶芸館」が出来ていて、地元、安来が生んだ炎の詩人、河井寛次郎と、北大路魯山人の作品が展示してあります。

展示は写真に撮れないので、専ら庭園の写真になってしまいますが、画の鑑賞はあまり好きでない方にも、この庭園を観る(鑑賞する)ことは絶対にお勧めです。

5万坪という広い庭園が、隅から隅まで手抜きのない手入れが見事です。

館内にはお茶をする所、食事場所もあるので、ゆっくり鑑賞が可能です。

    デジブックにしてみましたので、ご覧いただけると嬉しいです。

  サイズを大きくすればより一層楽しんで頂けます。

« 旅日記最終 ・ スペイン9、マドリード | トップページ | 山陰の旅・松江イングリッシュガーデン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今回は山陰ですね。
ドライブ旅行出来る距離ですね。
乗り換えがなく、時間制限もなくのんびり
ゆったりするには、もってこいですねrvcarcar
足立美術館のお庭は本当に広く有名ですネ。私でも
知っていますからcoldsweats01
テンプレート新緑の季節に合っていますね。
最近 私はオリジナルで作っています。

diamondおばさま、おはようございます。
久々のドライブ、と云っても後部座席でのんびりさせてもらいながら、楽しい時間を頂きました。岡山からは米子自動車道、山陰道をつかって2時間余りですから、その気になれば簡単に行ける場所ではあります。 唯、私達二人とも運転に自信がないものですから二人で一人の感じで、なかなか遠出が苦手です。
そんな訳で、今回のお誘いはとても有り難かったんですよ。
足立美術館はとてもお勧めです。時間が出来られたら是非!

テンプレート、おばさまのようにオリジナルで出来ると良いですが、PCのことはいつも、おっかなびっくり・・・状態ですからねえ~coldsweats01

スペインへのあこがれをかき立てて頂いた旅行記、楽しませてもらい有難うございました。
 
足立美術館!奇しくもひと月前に、初めてという夫と共に訪れました。美術館なのに、私は壮大かつ繊細なところもあるお庭が大好きで何度か訪ねています。造られた足立全康氏の資力とロマンに圧倒されます。
デジブックで再度堪能!つつじがまだ咲きそろってないのですね。庭を借景にした額縁の部屋が気に入っていますが、20代で訪ねた昔、お部屋に上がり座れたような記憶があるのですが・・・間違いかなあ・・
魯山人、寛次郎、大観ら巨匠の常設展示、橋本関雪生誕130年特別展、今回は童画の先駆け武井武雄氏の作品、おなじみ林義雄氏のかわいい童画の世界にゆっくりとふれることができて嬉しいでした(^_^)

diamondayako様
足立美術館に行かれたところだったのね!  
そして随分以前からフアン(?)なんですね~  私などよりずっと回数も多く行かれて。
絵や陶芸のほうの展示物、勿論素晴らしいのに、何故かお庭の方ばかりが印象に残りますcoldsweats01 
あの、緑に包まれた先にあるっていうのもいいですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/51782995

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰の旅 ・ 足立美術館:

« 旅日記最終 ・ スペイン9、マドリード | トップページ | 山陰の旅・松江イングリッシュガーデン »