« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月20日 (水)

ヒキザクラの花 ・ なめとこ山の熊より

チョコット風邪をひき、昨日は一歩も外へ出ることなくボ~ォとして過ごした。

で、テレビは何かないかなあ~?  とテレビ欄をみる。

BSでタイマグラばあちゃん再というのがあり、

 ー岩手素朴で豊かな生活15年間の命の記録ー とあるのが目に入った。

早池峰山に開墾に入り・・・今や二人だけになった向田さん夫婦

全てが生きていくための仕事で日々が流れている感じだ。

畑でとれた大豆をつかって

   大量の味噌をつくる。  豆腐もつくる

じゃが芋のくず芋も無駄にせず、皮をむいて谷の水で晒し毒を抜く(ばあちゃんが云う)

これを軒に干す。 粉にしてじゃが芋団子汁にする。

何年前からか電気がきたけれど、夜は6時ころにはもう寝るから、面白い番組も無いしで、ほとんどは以前と変わらずラジオを聞きながら手仕事(編み物)をしている

じいさんは90歳を超え、薪割りなどしているが、見たところばあさんの働きでこの二人の暮らしが回っているようだ。

隣りに若い男性が住みはじめた。山小屋を作りたいとかいって。

この人、いつの間にか結婚し、夜中に嫁さんが産気づき、 ばあちゃんのところへ電話を借りに走ったら、ばあちゃんは鉢巻をして飛んできた。嫁さんの手を握って『頑張れ! 頑張れ!』って、力づけてくれたそうな。

雪が積もっている

じいちゃんは、薪を沢山こさえて、隣りの空き家の軒下にも積んであるが、

ばあちゃんには、『この薪がなくなったら村へ下りたほうがええ』と伝えたらしい。

じいちゃんは死んでしまったが、ばあちゃんは村へ下りるでもなく、以前と同じように

味噌をつくっている。(正確には味噌玉だが)唯違ったのは、傍らに教えてもらいながら手伝っているお隣の男性がいたこと。

味噌玉に藁を十文字にかけ、玉の上に残った4筋の藁をなって縄にしながら

『この縄がなえなくなったら 死ぬんだって!』と明るく話すばあちゃん。

味噌玉を小屋の梁に干し終えて・・・ ばあちゃんは心臓発作をおこし、

救急車で町の病院へ運ばれたんだ。

お盆の時、ばあちゃんは娘さんに連れられて、4カ月ぶりに家に戻って来た。

両手に杖をつき、いざりながら仏壇の前に移動して、じいちゃんに手をあわす。

娘が花を供える。

病院で世話になっている人への土産にと、味噌を袋に詰め、それを持って

町に下りて行った。

 じいちゃんが亡くなった後も一人で畑にでて草取りをしていたばあちゃん。

この地へ開墾に入って直ぐの頃、防風林として植えた苗木が立派に育っている。

ばあちゃんはこの木を1本ずつ切って、薪にする事に決めたんだと。

猫車(小輪車)一杯に乗せて運ぶ。 重いだろう・・・元気のよさに驚く。

一日中、働き通し・・・これと言って楽しい事も無いというが、実に朗らかでよく笑う。

畑を耕す手を休めて、こぶしの花を眺めている。

この辺りでは こぶしをヒキザクラと云うらしい。

ヒキザクラの花が沢山咲いた年は豊作になると云われるそうだ。

雄大な山肌の手前にヒキザクラが白っぽい花をつけると、あたかも

山の谷筋に雪があるかのように見える。

  ここで私は あっ! と思い当たったことがある。

何年か前に、読み聞かせの教室に通っていた。教材として与えられた物に

宮沢賢治の「なめとこ山の熊」というのがあった。

 この部分だけ紹介します 

  ー前略ー

ある時、熊とり名人の小十郎が山小屋の下に湧水があったのを思い出して

少し山を降りかけたら

母親とやっと1歳になるかならないような子熊と二疋が、人が額に手を当てて遠くを眺めるといった風に、淡い6日の月光の中を向こうの谷をしげしげ見つめているのにあった。

小十郎はまるでその二疋の熊の体から後光が射すように思えて、まるで釘付けになったように立ち止まってそっちを見つめていた。 すると小熊が甘えるように云ったのだ。

「どうしても雪だよ、おっかさん、谷のこっち側だけしろくなっているんだもの。」

母熊 「雪でないよ、あすこへだけ降る筈がないんだもの。」

子熊 「だから溶けないで残ったのでしょう。」

        ・  ・ ・・・ 中略

子熊 「雪でなけぁ霜だねえ。きっとそうだ。」

        ・  ・ ・・・ 中略

母熊 「おかあさまはわかったよ、あれはねえ、ひきざくらの花

       ・   ・   ・  ・ ・ ・ ・・・・ 中略

小十郎はなぜかもう胸がいっぱいになってもう一ぺん向こうの谷の白い雪のような花と

余念なく月光をあびて立っている母子の熊をちらっと見てそれから音をたてないようにこっそりこっそり戻り始めた。

風があっちへ行くな行くなと思いながらそろそろと小十郎は後退りした。

くろもじの木の匂いが月のあかりといっしょにすうっとさした。 ー後略ー

これをテキストとして読んでいた時には、ヒキザクラの花って知らないなあ~っと、

それ以上に調べてみようという気持ちが全くなかったのに、

偶然、にも、私の胸にチョコット刺さった棘のような言葉の謎が解け、

すっきりとした気持ちの良さを味わっている。

なめとこ山の熊、は何故か心に残る作品だった。

宮沢賢治の自然を愛する気持ちが溢れているからでしょうか?

そして、テレビに映し出されたばあちゃんとじいちゃんの素朴な暮らしぶり・・・

これこそが本来の暮らす・・・ということなのかと思うんですが、

今となってはこの時代に戻ることはできないでしょう。でも何が大事なことなのかと

いつも自分の胸に問うてみる姿勢を忘れないでいたいと感じる番組だった。

最後の方でばあちゃんが話していました。

じいちゃんは亡くなる時まで頭はしっかりしていた・・・

朝 ションベンたれるのも一人でたれた・・・

それより3日位前に ウンコも一人でたれて、ウンコはこれで最後にするって・・・

  こんな死に方もあるんですね~ これこそが自然死なのでしょうかねえ~

西大寺の裸祭り(会陽)も終り、春がそこまで来ています。

庭仕事、畑仕事が待っています。 あのタイマグラばあちゃんの

真似はできませんが、あの姿を思い出しながら頑張りたいものです。

 

2013年2月10日 (日)

後楽園 芝焼きの後

一昨日、岡山の名所 後楽園で芝焼きが行われました。

私は昨年、初めてこの様子を観に行きましたが、

今回は芝焼きのあった翌日に、東京から仕事で岡山に来ていた同級生を案内して

後楽園へ行きました。   すると・・・

003_1024x768

  わ~ぉsign01  見事に真っ黒に焼けた芝sign01

 綺麗です~~   懐かしい様な匂いもあります。

*写真の上でクリックすると、どれも拡大されて迫力が出ます。

元に戻すには戻るキーをクリックしてくださいね。

004_1024x768
日本庭園と広い芝生というのは モダンな感じがありますね。

後楽園には 田圃もお茶畑も、蓮池などもあるのですよ。

この冬の寒さで、水仙と梅がやっと数輪だけ咲いていました。

002_1024x768

係の人達が、黒くなった芝生でこのような仕事をしています。

今日一日で、真っ黒な景色は見られなくなるのかしら?

珍しい後楽園の姿を見られたと、友人が喜んでくれましたhappy01

2013年2月 3日 (日)

2月のサロンのお菓子

ガトーショコラ(仏語でチョコレートケーキの意)をメインにしました。

         2月はバレンタインデーのある月なのでチョコを使って・・・

002_640x480
写真は会場で大急ぎで写すので

いつものことながら、上手く撮れませんsweat02

しゃれた名前に惑わされますが、実は

意外に簡単なケーキです。

レシピも載せますので挑戦してみてください。

ココアじゃなくて、チョコを使用しています。

沢山食べるのじゃなく、小さめにカットして、コーヒーなどの飲み物と共に

ティータイムをゆっくり過ごす時などにおすすめです。

001_640x480サロン当日の午前中は大忙しsweat01

ケーキも、付け合わせる金柑の砂糖煮も前もって仕上がっているのですが、

苺はその日の朝に、地元のイチゴ農家が出しているのを買ってきました。

苺の水気をとり、金柑の蜜も自然に落として・・・

金柑も勿論私が煮たものです。これ、とても評判が良かったんですよhappy01

チョコレートとオレンジの相性が良いところから思いつきました。

               cake

        ガトーショコラ 18cm丸型1台分

  材料

卵黄  3個分  ・ 砂糖  50g 

卵白  3個分  ・ 砂糖  50g ・・・メレンゲをつくる

製菓用スイートチョコ(刻んであるものが便利)150g

無塩バター  70g  

薄力粉   50g ふるっておく

ブランデー  大匙1

    作り方

1.チョコレートは粗刻み、バターも粗く切って一緒に湯煎で溶かす。

2.卵白はメレンゲにする(大きいボールがよい)

3.卵黄をボールでほぐし、砂糖を一度に加え白っぽくなるまで泡立てる。

          湯煎にすると良い

  この中へ①の温かいチョコレートを加え混ぜ、ふるった粉とブランデーも加えて混ぜる

4.②のメレンゲの1/3量ほどを③の卵黄のボールに入れ、滑らかに混ぜる。

  次にこれをメレンゲのボールへ入れ、むらなく混ぜ合わせる。

5.バターをうすく塗った型へ(市販の紙のケースならそのまま)流し入れ

  160度のオーブンでおよそ45分ほど焼く。

   表面が自然にひび割れているような焼き上がりになる

*冷めるうちに中央がすこしへこむ。

*仕上がりに粉糖をふったり、生クリームに少量の砂糖を加えてゆるくホイップしたものを

  とろりとかけるなどするのも良い。  

   粉糖は溶けないプードルデコールがあればこれを使用すると良い

   (17cmの紙のケースを使って、これを12等分にしました)

                japanesetea

    * 参考までに 

金柑の砂糖煮 は金柑のぐるりに包丁の下(もと)を使って、切り込みをいれる(8ミリ間隔位)

竹串で種を取りだす。  

かぶるくらいの水で、金柑が柔らかくなるまで火を通し、ザルにあげる。

鍋に砂糖(金柑3ケにつき大匙1位のめ目安、でも少なめが好いとおもう)と

砂糖の1/10程の水を入れて煮立たせ、そこへ金柑を戻し入れ、落としブタをして、しばらくことこと煮る。

*保存の期間によって、砂糖や水の量は加減すれば良いと思う。

 私は水を適当に増やして金柑の頭が浸かるくらい入れました。

★ 金柑を一度に沢山するのはお勧めではありません! 途中で嫌になります 笑

       **************

この日のサロンでの歌が、はるか昔に小学校で歌ったのか?マークですが、

その頃以来口にしたことがないような・・・懐かしい歌でした。

え~と・・・・ 歌の題が??

♪   ○○○の 船頭さんは~ 今年60のおじいさん

            (えっ! 60でおじいさん!ってみんな驚きました 大笑い)

      ・・・ それ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 

 

   他にも何曲か歌ったのですけど・・・花は咲く、などは難しいですね!

2013年2月 1日 (金)

東京家族を観てきました

封切り前から話題になっていた映画 東京家族 を昨日観てきました。

           movie

映画の話しを書く前に、昨日は全国的にsunマークの予報ではありましたが

寒さ続きのこの冬を突然ぬけだし、まるで春の陽気heart04

こんな気持ち良い日に映画を観にいくってのは、チョッと勿体ない思いでしたけど、

この時を逃してしまったら、いつ行けるか分からないので思いきって!

平日の午後と云う事もあってか、空いていました。ネットでチケット予約をしたことがないものでcoldsweats01少し早く行き、チケットを購入。といっても、夫に画面操作をしてもらいながらです。

しかし夫はこういう類のことに滅法弱くて、、、私が横で 「これを押して、そう! 決定する」

「シニア又は夫婦を選ぶ・・・決定。 2枚・・・」とか一々云わないといけませんhappy01

やっと、お金を入れるところまで出来たから、これで良し!  って思って、私は

パソコンで席の予約をした場合のチケット受け取りの機械を覗きに行っていたんです。

すると夫が 、、、「おい!  おかしいんじゃぁ~?」「1枚しか出てこん!」って云いながらやってきました。

「えっ! なんで?  夫婦割引のチケットだけど・・・2枚ないとダメだよねぇ~」

で、先ほど購入していた場所へ戻って確認したら、チケットが出てくるところに

少しだけ顔をのぞかせたチケットが残っています。

何かの拍子で上手くスルっと出なかったんですねぇ~

「だから、傍に一緒に居てくれんと~~」 って夫。何か都合の悪いことがある度、私が悪者にされてしまいますbearing  あ~~気分悪るっsign01

でも、これから一緒に映画を観ようと云う時に喧嘩をするわけにもいかないから、ぐっと我慢。

この映画を観た方が 「号泣しました!」ってテレビで話していたから、ある程度の覚悟はしていました。  何度か涙をふきました。でも心配するほど号泣はしませんでしたweep

小津安二郎監督の 東京物語も昨年だったか、一昨年だったかテレビで観ていたので、

それと比べる様な感覚で観ました。瀬戸内の小さな島(大崎上島)に住む夫婦が、子供たちの住む東京へやってきて、息子や娘の家で世話になるが、子供達にもそれぞれの都合があって、ゆっくり東京見物に連れて出られず、ホテルでゆっくりしてもらいましょうよ! とホテルに行ったものの、時間をもてあましベッドに腰掛けて空を見て時間を過ごしたりしている。

子供世代にとっては一度は泊ってみたい憧れのホテルなんだけど、子供の思いと、親の思いはどうも上手く繋がらないものらしい。 こんな場面で何度もクスッと笑えてしまう。

吉行和子演じる母は、東京に出てきて、一番気がかりだった独身の息子にも結婚したいと思っている彼女がいることを知り、東京へきて本当に良かったと、嬉しさがにじみ出て・・・

そんな幸せ感に包まれた中で、彼女は突然倒れ意識を失う。

幸いと言えるかどうか、子供たちに看取られて亡くなってしまったのだが、

橋爪功演じるお父さんの茫然とした姿、あまりにも突然の別れに悲しむ子供達の姿。

自分に当てはめて観ている自分に気付く。

10年か15年か前なら、子供の立場で観たかもしれないが、どちらの両親も送った今となっては、送られる立場の自分、あるいは、残される自分、として観てしまう。

どこの家族にもあるような場面ではあるのだが、その中に大事なものが詰まっているのだと思える。 この映画を観た人の多くが家族に会いたい! と思うらしい。

映画の最後に瀬戸内の島々が映し出されて、今はなくなってしまったけれど学生時代、休暇の度に利用していた連絡船を思い出し、あれに乗ってみたい! という気持ちがふっと浮かんだ。 連絡船は無くなったが、フェリーはまだ就航しているから、暖かくなれば一度乗って、甲板から瀬戸内の風景を眺めてみようか? などと思えてきた。

              ship

明日の土曜日は月一のサロンです。

お菓子は昨日作りました。  今日は午前中に花を生け準備は大方できました。

しかし午後、朝からの頭痛がひどくて珍しく数時間寝てしまい、お陰で今夜は目がさえていますcoldsweats01

こんな時には、いつもよりゆったりした気分で、数人のブログ訪問ができます。

オラケタルさんのところで、庭の千草について書かれていて、その関連で検索していたら、

志村建世さんとおっしゃる元NHKのディレクターさんのブログに出会い、庭の千草の元々の曲である、アイルランド民謡の詩とそれを訳した歌詞や歌まで聴くことができました。

夏の終りに残った最後のバラ一輪によせて、世の無常と老人の深い悲しみを歌った歌だということです。 日本語になった庭の千草ではバラを白菊に置き換えたのですね。

そして、志村さんが最後に書かれています。

いま原詩を読み直して気づいたことがあります。これは「人は一人では生きられない」ことの告白ではないでしょうか。 と。

 志村さんの訳詩  名残りのばら (The Last Rose of Summer)

も是非読んでいただければと思います。こちら

 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »