« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月21日 (月)

老人漂流社会

何気なく見はじめた(タイトルも知らないまま)テレビ番組だった。

昨夜(1月20日)のNHK、後で番組名をみると 下のようになっていた。

      NHKスペシャル”老人漂流社会“

病院や施設や家族にも頼れずさまよう高齢者

       ▽安住の地をどう探す

今までは、病院で最期を迎える老人が大半だったが、高齢化がすすみ、老人の数がどんどん増えて、病院ではベッドが足りなくなり、これからは在宅介護に切り替えていく方針になったようだ。

しかし、要介護の老人に、世話をしてくれる家族がいない、その上に貧困という問題が覆いかぶさる。

長期に入れる施設は百名単位で待つ人がいて、いつ入所できるやら?

90歳を超えるある男性は、短期入所(30日)で施設を次々変わることで、命をつないでいる。

また別の人は別の似たような施設で、三畳一間の部屋に入ってはいるが・・・

そのどちらの施設でも、病気になった時は退所させられてしまうのだと!

    何ということだろう!

人生を閉じる前の僅かな期間(数年かもしれないけど)、あまりにも惨めcrying

そう云う施設でも、13万とか15万円とか月々の費用がかかるそうだ。

私のように国民年金だと月に6万円程しか貰えないんだよ!

上記の男性Aさんと呼ぼうか、この人の年金は私くらい。

やっと長期滞在できる施設が見つかった・・・が15万円位必要で、

生活保護を申請した。生活保護で受けられるお金のほぼ全額を施設費に当てなくてはならない。そして、 それまで住んでいた都営住宅は出ないといけなくなった。

市の関係者だろうか?  数人でその部屋を片っ端から片づけてゆく。

     Aさんは外で車椅子にすわって・・・

 その日は おりしも数年前に亡くなった奥さんの命日でもあった。

係の女性が、仏壇(の様な場所)に置かれていた遺骨とお位牌、湯のみ茶碗を

持ちだしてきてくれた。

それらを受け取ったAさんの目から大粒の涙がこぼれたのが印象的。

長期入居できるといっても、病気になれば出ないと(病院へ移る?)いけない。

係の女性がAさんに訊いている

   治療が見込めない状態になった時、Aさんは、出来るだけの手を尽くしてほしいと望まれますか?

   それとも静かに最期を迎えたいですか?

   えっ!  どうして?

Aさんの返答は意外なものだった(私ならそうは云わないだろうと)

  Aさん  命ある限り、出来るだけのことをしてほしい

私・・・言葉を失う感じで力がぬけそう・・・

こんなに惨めで孤独で、何も・・・なさそうにみえるけど、

それでも生きたい!  と望むんだ!

生きるって事は、それほど大切なものなんだ!   ・・・・ ? ?

老人にこんなにも惨めさを押しつけるしかない今の、これからの日本・・・

これまでの何所かで  誰かが(政治家?)

大事な問題を後回しにしたんだ!  

云いようのない怒りが こみ上げる。  怒りで心が震える!

         clover

光が感じられたのは民間の施設

老人同士、同居している家(?)

まだ、役に立てる人は、仕事? 手伝いかな? 出来ることをして出来ない人達のサポートをする。 その人がもっと年をとってできなくなれば、新たに入居した力のある人がサポートする。

誕生日のお祝いをみんなでしていた。

    一人で淋しく逝かせたりしないからね!

                 力強い言葉が嬉しい。

こういう施設を国はどうして作れないのだろう?

立場がかわれば、云い分も色々あるだろうが・・・

このままでは駄目!    もっと安心して年を重ねられる国になってほしい!

2013年1月19日 (土)

春の海 ・・・琴曲

お正月らしさあふれる、筝曲といえば・・・私の内ではですけれど

宮城道雄作曲の 春の海 

目覚めの時の習慣で、今朝も枕元のラジオをスイッチオン!

NHKのラジオ深夜便に続く番組で 

「今日も春の海を聴いていただきましょう!」・・・と云うからには以前にもかけているんだ

と、前置きがあって、琴と尺八に限らず、色んなコラボでの演奏notes

フルートやヴァイオリンは割に一般的、ハーモニカでの演奏も聴かせてもらえたが、

女性アナの一言は「春の・・というより、秋の海みたいですね」の感想。

しかし、なかなかどうして、私は決して嫌いではないな~

ヴァイオリンで、外人さん(有名な人なのかどうか分からない)の一人の演奏は

私は  これは~~wobbly って気がした。 何と云うのか、、、

楽譜通りなのかもしれないけれど、、、あまりに楽譜通り過ぎる?

そんな感じで、それを聴いていると、日本人の細やかな感情が

演奏にも反映されているのだなあ~ と逆に知らされた。

音の長さが、機械的に正確というよりは、感情的に微妙な長短がある方が聴いていて

ゆったりと心地よい。    そんなことを学んだような気がした。

今や、世界的に知られているという 春の海

世界に知らしめるきっかけとなったのは、

フランスのヴァイオリニスト ルネ・シュメーさんと、宮城道雄との演奏

レコードになり、それが世界に広がったからだとも、今朝知ったこと。

その演奏も(レコード)聴くことができ、

宮城道雄の琴の音が、なんとも 柔らかで穏やかで・・・

これなら、いかにも春の海だなあ~ っと感じる。

           yacht

宮城道雄は8歳で失明したが、それ以前に祖父母に育てられ住んでいた 

瀬戸内の福山市の 鞆の浦の美しい風景が目に焼きついたのをイメージして、 

描いたそうである。    (ウィキペディアより引用)

             note

福山は琴の町として名が知られているはず。

私ごとになるが、母が福山の近くの出身で、母の兄の一人が

宮城道雄の(研究っていう?  こういう時は別の云い方がある?)ことに詳しい人で、

すでに故人となりましたが、生前、東京の宮城道雄記念館の館長などもしていた人ですから、

私にとって、春の海 といえば 宮城道雄 そして、この伯父さんとイコールで、繋がっている。

母のことも、その実家のことも、勿論伯父さんのことも、

遠い霞みの向こうのことになってしまったが・・・

2013年1月13日 (日)

ガレット・デ・ロワ・・・1月のお菓子

005_640x480_2
ガレット・デ・ロワ(仏) 公現祭(節)に食べるお菓子です。

          意味がわかりませんよね

   ガレット・・・フランス菓子の名称で 円く薄いものをさす

   ロワ ・・・・王様・・・ロワ・マージュと呼ばれる東方の三博士をさす

ということで、王様のガレットとも云われます。

  じゃあ~  公現節って?

イエス・キリストの誕生が、東方の三博士によって世に知られた日、

1月6日を祝う日です。

それで、このケーキは1月のお菓子と云ってもいいかと思いますし、

実際、製菓材料店では年末から1月にかけては材料が揃っています。

こう書くと、特別な材料が要ると思うかもしれませんが、

ケーキそのものは特別な材料ってないんですよ。 

    じゃあ、何が?

それはね、このケーキの持つ別の意味があって、

ケーキの中に小さな陶製の人形を一つ入れて焼きます。

  この人形のことをフェーブと言い、そら豆のことらしいです。

切り分けた時に、この人形が当たった人はその一日、王様になるのです。

そして、幸せな1年を送れると・・・

   幸運のクジに当たったってわけですね!

そうそう、もう一つこのケーキには付き物があって、

 金の王冠です。 製菓材料店では紙製の王冠を売っていて、

    王様になった人が被ります。004_640x480

         birthday

昨日は5時起きでサロンにお出しするため、

このケーキを5時間かかって6台焼きましたcoldsweats01

取りかかるまでは、正直、面倒だな~~って思いますが、

みんなから「おいしい!」って喜んでいただく姿を直に目にできることが

私にとってはこの上ない喜びでheart04 次回も頑張ろうsign01 って思えるのです。

    昨日のサロンでは、 

≪1月1日≫とか復興支援ソングの ≪花は咲く≫や、

私の大好きな≪津軽のふるさと≫とか歌いましたnote

CDの鑑賞ではシューベルトの≪冬の旅≫から数曲・・・良い曲ですねぇ~

  幸せを感じる時間でしたよ!

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

ガレット・デ・ロワのレシピを載せておきます。

市販の冷凍パイ生地を利用して手軽に作って下さい。

           birthday

 ★材料  20cmの丸形1台分(既成のパイシートだと少し小さくなる)

パイシート 2枚・・・ 

           (直径20cm1枚と、一回り大きいもの1枚)カットしておく

中に入れるアーモンドクリーム

   バター、 砂糖、粉末アーモンド・・・各50gずつ

   卵  1個、   ラム酒 大匙 1

   他に水溶き卵黄適量

 ★  作り方

1、ボールに粉末アーモンドと砂糖を入れて混ぜ合わせる。

  室温に戻したバターを加える。

2、①に卵、ラム酒を加えすり混ぜる。

   *私はこの1と2をスピードカッターでやりました、楽です!

3、パーシートの小さい方(土台になる)の外側1,5cmに水溶き卵黄を塗り、

  その内側に②で出来たクリームを絞る(ナイロン袋を利用すると楽)

4、大きい方のパイ生地を③にかぶせ、周りを貼り合わせる。

5、表面に水溶き卵黄を塗り(パイ生地の切り口に付けないよう注意)

  ナイフの先で木の葉模様に切れ目を入れる。

6、200~230℃のオーブンで色が付くまで焼き、

  180~190℃に下げてしっかり焼きあげる。

 *我が家のリンナイのガスオーブンコンベックだと

     230度で15分  180度に下げて30分です

2013年1月 7日 (月)

年賀状の役目?

「もう年とったから、年賀状を出す人も少しずつ減らしたらいいね。」

こんな会話をつい最近しました。

いつものように250枚買った葉書、例年だと少し足りなくなってしまうこともありましたが、今年は20~30枚ほど残っています。

元日に届いた賀状を見ながら

     「年だわねえ~!」

     「一度会いたいものです」とか

     「元気なうちにお会いしたいです」 などと添え書きしたものが目に付きました。

「お元気ですか?」 の一言でも手書きしてあるのはよいほうで、

決まり文句の印刷だけという、そっけない葉書がほとんど。

     「な~にこれ、つまんないねえ~」 

           mail

でも、今日気が付いたのです!

そっけなくても、賀状が届くと云う事に大きな意味があると。

と云うのも、毎年欠かさず届く夫の同級生、それも親友だと聞かされている人からの賀状が来てない。と云うのです。

  「じゃあ、電話をしてみれば?」

  「電話はしてみたけど、出ない!  おかしい!」 と云って

別の友人に電話して

  「おい!  Hから年賀状きたか?」  「いや、来てない」  ・・・と

同じような電話を2~3人にかけていましたが、夕方になって

ご本人のHさんに電話がつながり、

「実は・・・  6月頃 胃がチクチクするので医者にいったら、検査するようにといわれ、

あっちこっち検査した結果、胃がんだと判ったが もう手遅れで手術はできないって」

それで、仕事は辞めて家で寝ているだけだというのです。

だから、年賀状は誰にも出してないから、誰か電話してくるかもしれないなとは思ったと。

   夫は直ぐ、お見舞いと云うのか、会っておきたいからと、友人数人に相談の電話をしていましたが、その間ため息を何度も何度もついています。

子供たちが自立したら、後はいつこの様な事態になってもと、覚悟はしているつもりですけれど、現実に突き付けられたら動揺し、落ち込むだろうことは容易に想像できます。

いつか来ることだけに、他人ごととは思えません。

電話も一段落した頃、 

    「胃カメラしに行くか?」 と日頃は口にしないことをボソッとつぶやきました。

 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »