« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

黒豆、炊けました

001_640x480黒豆ができあがりです!

この大忙しの時ではありますが、黒豆は

手間はかからない代わり、時間が調理してくれました。

長年、お節料理のはじめに作ってきましたが、

売っているもののようにふっくらとは、いかなくて

皺がはいっていました。

しかし、若い頃参考にしたレシピでは、皺がよるまで・・・と云うような事が書かれていたから、

それはそれで良し!  と自分を納得させてきました。

昨年、ブログ友のやよひさんのブログで黒豆の煮方がアップしてあったのをメモをとってあり、今年はやよひさんの作り方で煮てみたところ、皺なく、ふっくらと煮上がりました!

やよひさんには事後承諾していただくとして、記しておきます(来年の参考に)

  黒豆   2C(300g)

   煮汁   水5C

   砂糖   250g

   塩    小匙1/2

   醤油  大匙1

   重曹  小匙1/2

豆はたっぷりの水でさっと洗う→ザルへあげる

煮汁の材料を煮立て、砂糖が溶けたら火を止め、熱いうちに黒豆を入れ、

蓋をして7~8時間おく。(保温器には入れない)

→ あくとりシートまたは紙蓋をして強火にかけ、

煮立ってきたら軽く煮立つ火加減で30分煮る。

→ そのままで保温器に入れ、7~8時間で出来あがり。

 

これで、まだ豆に固さが残っている場合、もう一度火にかけて煮立て、再度保温器で

数時間、様子をみるとよい。

2012年12月18日 (火)

ボランティアへ

前記事のクリスマス会が終わって、 1日おいた昨日はお客さまじゃないけど

お昼をお出しする方が一人あり、お昼の準備の他にも、私が整えなくてはならないものがあったりして、ちょっと緊張っていうのか、あまりぐた~っと、気を抜くことができなかった。

それでって云えるかどうか、今朝も体がだるい!   

でも今日は火曜日だからボランティアの日。 一旦出掛けてしまえば気の抜けた体も

シャンとするだろう!  と、そこを期待して車で出掛けた。

先週は休んだので2週間ぶり。 周りの景色が随分冬らしさを増している。

私の好きな土手沿いの道・・・草紅葉が枯れ葉色に渋い色合いになり

これが私の今の気持ちに優しさを与えてくれ、おもにベージュがかった草の群れの中に

ひと際、濃いあずき色になっている草もある。  じっと見たところで多分名前など知らない草なのだろうが、走る車の中からはなおさら草の姿形もよく解らない。

006_640x48011月、ブログ友のとんちゃんのブログで、我が家からさほど遠くない所にアッケシソウが生育していることを教えてもらって、私も見に行ったのだが、このアッケシソウの群れた色を、土手の草から思い出すことが出来た。

こういった、喜び(?)って、自分だけのもので、他人には何の面白みもないものだろうと思うが

今日の私にとっては、心豊かにかんじた一瞬。

008_640x480このアッケシソウは牛窓(日本のエーゲ海ともいわれる)の

錦海塩田跡地の一角にあったが、遺伝子からみれば

香川県のアッケシソウと同じらしい。と云うことは

誰かが此処へ移植したものが上手く育ったようだ。

    bud

そんなことを思いながらボランティアへ。

xmas もうすぐクリスマス!
壁面飾りは、とっくにクリスマスバージョンに出来あがっているし、イベントのクリスマス会への

案内状も仕上がって、今日お渡しするだけ!

久しぶりに顔をだされた方もあって、おしゃべりもしたり、来週の予定を確認したり、

ゆったりした時間を過ごして元気をもらって帰って来たscissors

患者さんに外の風を届ける役目のボランティアのはずなのだが、今日の私のように

ボランティアする人がボランティアさんから元気をもらうってことはよくあることだと実感している。

2012年12月16日 (日)

クリスマス会が終わりました

016_640x480昨日(12月15日)サロンのクリスマス会が終わった。

準備に取り掛かったのが、すこし遅かったし、

その間に東京への小旅行を挟んだりしたこともあって

2週間ほどは、食事の支度もろくにしない日々が続いた。

    xmas    xmas    bell    xmas   xmas

005_640x522004_640x205

昔々、松ぼっくりをひろってきて、ツリーに仕立てたものや、

プレゼントしてもらったり、海外で記念に買ったものなどで

会場を飾り付けた。

ボランティア先で教えてもらった折り紙のサンタクロースをたくさん折り、遊びに来ていた

3歳の孫に目をかいてもらったものは紐に繋げ、これは会の終了の時に皆さんへのプレゼントにした。008_480x640

             今年の一番の特徴は

        絵本のまわし読み(朗読)をしたこと。

これをするには、聞いている時に絵がないと、つまらない。

           そこで一念発起!?   

本の絵をなるべく忠実に、だけど手のかからない方法を考えながら、もぞう紙に手描きで拡大し、紙芝居のようにしたことだった。

012_640x480 013_640x480_2

014_640x480 015_480x640

もぞう紙の全紙を使ったものと、半分にしたものと合わせて18枚。

結構、作業に手間取って、他のことが何もできない感じになったsweat01

最後の3日間は、ティータイムに出すケーキなどの準備。

一番簡単に作れて、サービスしやすいもの・・・ロールケーキにしてみた。

 018_480x640_2

 006_640x480
 

     cafe

  bell

    birthday    
       wine

盛り付けた様子は、大急ぎで写したので

綺麗な感じじゃないですね~ down

苺の横の絞り出しクリームは、前もって絞って冷凍しておいたものscissors

       そうそう! 忘れるところだったけど、絵本の中で

009_480x640生きたモミの木の匂いがツンツンする、

と云うような文があって、

何とか生のモミの木を見たいなあ~、

見てもらいたいなあ~ って思っていた。

             xmas

たまたまネットショッピング(普段はほとんど利用しないが)を覗いてみたら

生のモミの木を使ったリースを見つけ、

これを注文した。(第一園芸)

 過去にクリスマスマーケットを巡る旅に   011_480x640_2

2度行ったことがあり(ヨーロッパ)     

マーケットで、生のモミの木がサイズも種類も

豊富に売られていたのを目にしたし、

どこの家の前にも準備されていたのを思い出す。

教会の広場には、大きいモミの木のツリーがあったことなど懐かしい。

我が家にもホントにささやかではあったが

モミの木のツンとした匂いのリースが届いた。

            shine

会が終り、粗方の片付けがすむと、もう疲れて

夕食も食べたのか食べなかったのか・・・? 何かをつまんだだけ。

   お風呂さえも大儀~~ down  

               xmas

皆さんの楽しそうな笑い声や、「おいしい!」「ありがとう!」の言葉を

          思い出しながら・・・

これが、私達への一番のプレゼントだったのかもしれないと感じるshine

中心になってくださるK先生をまきこんで、私達夫婦のささやかなボランティア。

永年、この地で無事に仕事をさせていただけた、お礼の気持ちです。

   さあ~~  

これから年賀状をはじめ、年末の仕事にかからないといけませんが

今朝はまだ、体がだる~~っ! coldsweats01

003_640x480

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »