« マイガーデン・秋の装い | トップページ | クリスマス会が終わりました »

2012年11月24日 (土)

映画・北のカナリアたち

厳寒の北海道や北海道の島を舞台に、吉永小百合が熱演で、、、

評判になっていた映画。 

これを観にいこう! と言われて胸の中ではどっちでもいいかな~~ と思いながら

ついて行った。

       movie             

吉永小百合演じるところの はる先生。 島の分校で6人の生徒を受け持っていた。

 、、、が ある出来事をきっかけに追われるように島を出ていく。

この時点では何が原因でそうなったのか解らない。

島を出てからは東京で

図書館務めを20年して、退職した時に警官がやってきた。

 「この男を知らないか?」 と写真を見せて訊く。

それは20年前、島の分校での教え子Nちゃんだった。

殺人犯として追っているのだという。

退職後の数日間を温泉にでも行ってゆっくり過ごす予定だったが、これを変更し

北海道へと飛ぶ。 教え子を一人、また一人と訪ねる。

この辺りから、場面が現代と過去とくるくると入れ替わる。

分校でのNちゃんは 吃音があり、いじめられもする。 いじめられると大きい声で泣く、というか  あ~~~~ といつまでも声を出し続けるのだが、はる先生はこの声に合わせてオルガンを弾き、カーリンカ カーリンカ・・・と歌わせることに成功!(ロシア民謡、カリンカ

日本語訳、及び楽譜はこちら→http://www.geocities.jp/ezokashi/r_kalinka.html

Nちゃんは歌が上手だとほめる。 

こうして、一人一人の良いところを見いだしていく先生と、自分にも良いところがあると知って自信が持てるようになった子供たち。

コーラスの大会を目前にした、ある日、とんでもない事故? 出来事がおこってしまい、この事がきっかけで、悪い噂はあっという間に広がり、はる先生は島をでる。

子供たちは まるで歌を忘れたカナリアのようになって、20年がすぎた。

Nちゃんは映画の終りの方まで姿が出なかったのだが、彼が主人公ともいえる物語で、

20年前に先生がだした宿題の答えをまだもらっていないからと、島の分校で会う約束をしていたようだ。

島に戻っていたNは捕まってしまうのだが、たっての願いを聞き入れてもらって分校にいってみると・・・

あ~~~~~(昔と同じに声を出す) この場面が最高!!

教室の中にあの時のみんなが揃ってNちゃんを待っていた!

裏山に捨てられたカナリアはどんな気持ちで歌を歌うのか?

   みんなで合唱し・・・

やがてNちゃんは警官と共に船で島をはなれる。

その時に見送りにきていたみんなの声かけ・・・

映画館のあちらこちらから グスグスと鼻をならす音がきこえてくる。

私も拭いても拭いても涙がつたわってきてこまった!

   Nちゃ~ん、一人じゃないからね~~

 

   みんながいるからね~~

 

   みんな Nちゃんが大好きだからね~~

 

   辛くても 生きるのよ~~  ・・・これははる先生の言葉

     ***************   

人生は辛いことが一杯あるけど、生きなきゃいけないの。

 この言葉が、この映画の底辺を流れているとかんじた。

ここには書かなかったが、はる先生と、そのご主人のこと、

先生が恋心を抱いてしまった男性のこと、

子供たち夫々が、先生に悪いことをしてしまった! という思いを抱いたままこの20年を過ごし、「謝らなきゃならない!」 とずっと思っていたことがあって、

互いの気持ちのすれ違いもあったり、 淡々と流れてゆくようなストーリーなのだが、

私の心にビンビン響いてくるものがあった。

一緒に観にいってよかったscissors

             note

最後になったが、子供たちの歌声の素晴らしかったことと、

サウンド オブ ミュージックとダブるような感じも受けたことを書き加えておく。

« マイガーデン・秋の装い | トップページ | クリスマス会が終わりました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
北のカナリア、私も気になっていた映画で是非みたいと思っていました。
今、たぶん市内の映画館にも来ていると思うので、映画館で見てみたいです。

なんといっても吉永小百合さん素敵ですね。夫はこのような映画が苦手なので、見るとしたらわたしだけか、だれか友人と行くことになるでしょう、

私も観たいと思っています。原作を友達が貸してくれたので読みました。映画と違うみたいです。tomokoさんの感想を読み観たい気持ちが大きくなりました。

noteさっこ様
今朝の地震はさぞ驚いたことでしょうね!  
いつもコメントを有難うございます。 映画は作られたものと解っているのに、胸にビンビン響くのは演技力であったり、その映画が素晴らしいという証拠なのでしょうか?
久しぶりに涙が止まらない映画で、明るくなって外に出るのが恥かしかったです。
是非、ご覧ください。

noteayako様
原作をお読みになったのですか!  映画はそれなりに脚色されているんだと思いますけど、きっと胸に響いてくる何かがあると思いますので、ご覧ください。
お勧めしますよ!

おはようございます!
TVでコマーシャルが流れる度に「観たいな~」と思うのですが・・・行けていません。
それにしても彼女の美しさには、年を重ねても一向に衰えないどころか益々お美しく!
同年同月生まれの(多分誕生日が1日か2日しか違わない)身としましてはあまりの違いです。
それにしても森光子さんのスクワットにしろ彼女の水泳にしろすごく努力なさっていることに頭がさがります!

noteとんちゃん様
同い年?  っと云うことは・・・○もそうですね~sweat01
昔とちっとも変りなく見えました。
走るシーンもあって、良く走れるなあ~~って感心してみたんですよ。
とんちゃんなら走れるでしょうね!

努力、継続する・・・できませんdown

おはようございま~す
映画は楽しいのが好き
映画は観終わったときスッキリするのが好き
でも・・・・吉永小百合は好き

noteOB神戸家様
解りやすいですね!!   すっきりするのが好き! と云うのは良く理解できます。
どんなのを観ればスッキリするかが、人によって違うのでしょうねえ~ ??

吉永小百合が好き! という人、特に男性は多いようですね!

こんなに長く上手にまとめてくださって、もう映画に行かなくてもいいくらい。
それに胸に熱いものがこみあげてきました。
やっぱりチャンスがあったら見たいです!

映画産業は斜陽なんて言われていますが、こんなに素晴らしい映画を
作る人がいるんですね。

先日、30数年前の「青春の門」をTVで放映していて、吉永小百合さんも
出ていました。
日活の映画は見たことがなく、夢千代しか知らなかったのですが、やはり美しく
演技もうまいですね~。

noteちゃぐまま様
コメント有難うございます。
ドタバタもなく、はらはらどきどきもなく、、、  それなのに
胸の奥からこみ上げてくるものが沢山ありました。  
この感覚は初めてかもしれません!?
「映画っていいですねえ~~ 」 ←これは岡山出身の映画評論家の口癖でしたが、
良い映画って、ホント心にお土産を置いて行ってくれますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイガーデン・秋の装い | トップページ | クリスマス会が終わりました »