« 休日の静かな時間 | トップページ | 被災地の今 ・ 陸前高田辺り »

2012年10月19日 (金)

父の命日

10月19日は父の命日。

003_800x600

明治の最後の年(丸まる1年あった年)に生れ、

昭和の最後の年(↑に同じく)に亡くなりました。

早いものでもう25年にもなることが信じられない思いです。

何年経っても・・・自分が父の亡くなった年齢にぐっと近づいても

私の中ではいつまでも、大きな存在の父に変わりはないのです。

私にとって、元気な頃の父はあまりに存在が大きすぎて、

口をきくというか、おしゃべりのような話しはほとんどする事がありませんでした。

恐い?  ・・・いいえ、そんなことは無かったのに

大きすぎた! という云い方が一番適切かな?

仕事でいつも忙しそうでした。  夜中も、盆、正月もなくて・・・

でも仕事の隙間、個人にもどったときの父のあれこれが

今とても懐かしく思うのです。

今日は父のお墓参りに行ってきました。

お墓は岡山にあります。 岡山が大好きな父でした。

002_800x600

001_800x600

        今日、鉢植えの紫陽花がとてもきれいな事に気付きました。

« 休日の静かな時間 | トップページ | 被災地の今 ・ 陸前高田辺り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
お父さんの好きな岡山に住んでいるともこさんは親孝行ですね。
素晴らしいお父さんだったことが、言葉のあいま、あいまににじみ出ているようです。、
ちなみにわたしの父は平成の最初の年に亡くなりましたが、命日にお墓ミリに行ったことがなくて、sweat02  仕事を辞めてからは命日の墓参りがいくらでも可能だったのにと反省しています。
アジサイがまだ咲いているのですね。鉢植えでもこちらではもう咲きおわっています。
1年を通じて温暖な土地ならではなのでしょうか、

sunさっこさんへ
気持ちの良い秋晴れが続く岡山です。 父の故郷、岡山に住み多少は?父に岡山を身近に感じてもらえたかしら? と思う事もありますが、、、??
先祖代々のお墓も岡山にあるので、実家を継いだ 兄とのパイプ役をしているような感覚です。

紫陽花は、季節を終わってもこの株だけが花が痛んでこなかったんです。それで切り落とさないでそのままにしていたら、こんな綺麗な色になっていました。

tomoko様はお父様が大好きでそして
尊敬なさっていらしゃることが良くわかります。
父親は家長としての威厳もありますが、
優しくそれでいて大きな存在でした。
義侠心が強く、男っ気が強い人でした。
他界して30年ですが、私も今夜は父を
忍びました。

houseおばさまへ
家長としての父親は優しい面、厳しい面の両方を併せ持たないといけないのでしょうね。
私の父は若い頃は短気なところもあったような、霞んだ記憶もありますが、
口数の少ない概ね大人しい性格でした。
懐かしい思い出に浸る時間も良いものですね!

んんん~
随分、自分の両親の墓参りをしていませんね~
チョッと遠いので・・・・
ただ、相棒の実家の墓にはお彼岸含め、掃除に通っています
相棒がいけないときなどは、たとえ一人ででもですhappy01
うんうん、良い婿殿だと自画自賛です

houseOB神戸家さんへ
実家も両親が亡くなると、とたんに足が遠のきます。 
私の場合は兄が継いでいて、法事の世話もしてくれてますから、最低限その時には顔を出します。
奥さまの方のお墓参りを、お一人でもされるって本当に良い婿殿ですね!
奥さまも感謝されていらっしゃることでしょう。

tomoko様 大変ご無沙汰してしまいました。
シニアカレッジの記事も読ませていただきました。
貴重な経験をなさいましたね。
東日本大震災の被害の大きさを改めて感じ、遅々として進まない復興の難しさに心が痛みました。

確かに父親は大きかった、厳しく寡黙であったけれど大好きだった…私も父の事を思い出しましたconfident

命日に綺麗な紫陽花が咲き、お父様の供養になりましたね。

houseさなさんへ
訪問戴き、そしてコメントいただいて有難うございます。
被災地の記事、もう少し残っているのですが、やはりとても重いものがあって、
なかなかそれに対峙する元気が・・・sweat02 湧かないのですが、今夜は頑張ってみようと思います。
日々の暮らしの雑用に紛れ、被災地の方々の痛みや頑張りを忘れているところが多々あります。少しでも思いを寄せてもらえたら大変嬉しいです。

私年代の父親は威厳もあって大きい存在でしたね!  時々思い出してみるのは良いことだと感じますね!

こんばんわ
お父様の命日に色々な事が思い出されますね。
懐かしかったり。
きょう主人のお墓参りを済ませました。
色々な事を想い出したり感謝したりしました。
今自分に元気をもらいました。

被災地の記事を読ませていただきながら涙が出そうになったり、進んでいない現実に立ち向かっていらっしやる皆さんに頑張りに勇気をもらいました。

houseスヌーピーさんへ
コメントありがとうございます。  スヌーピーさんはご主人様を亡くされても、ブログで拝見する限りしっかりと前向きに生きていらっしゃるといつも感心しています。
感謝できるって、とても幸せなことですね!
私は普段、不満に思う事も多々あるので反省しきりですsweat01

私の被災地の今、はほんの少しの現状しか伝えられないけれど、胸を詰まらせるような現状を感じて下さる方がいらっしゃって、少しは役目を果たせたのかしら? 
あと1回分がまだ記事にできないで困っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日の静かな時間 | トップページ | 被災地の今 ・ 陸前高田辺り »