« 父の命日 | トップページ | 県北へのドライブ »

2012年10月26日 (金)

被災地の今 ・ 陸前高田辺り

あれから早、1カ月となりました。

被災地の様子が、頭から離れないまま・・・なかなかブログにまとめられなくて、

気持ちがズンズン重くおもくなってしまいました。

陸前高田は海から山までが遠くて逃げ場がない!

町が一瞬で消えてしまったかのように、草の生えた平地が続いていました。

   ・・・言葉を失いました・・・

幾つか残っている公共の建物には赤い×印がやたらと目に付きます。

これは、この中に遺体があるから捜索時に十分気をつけるように! という印だったそうです。                               

そして、捜索終了の張り紙。         

だけどもう、立ち入りは禁止。  

あとは取り壊しを待っている状態なのでしょうか?

色鮮やかな千羽鶴がかえって悲しみを誘いました。

奇跡の1本松も見る予定でしたが、シニアカレッジの始まる幾日か前にとうとう切り倒されて、保存のための手立てをするために運ばれました。

1億5千万円もかかると報道されていました。そこまでしてでも残す意味があるのだろうかと、

自分の胸の内で疑問符が付いたのでしたが、

説明をしてくださった、松のプロジェクト関係の方(?)も、

「一体何が良かったのか、悪かったのか・・・色々な考え方がある」と云うようなことを

おっしゃっていました。

「そのままにしておくのが良いという考えもある」みたいなことを。

松の子孫が育ってきていることは明るいニュースと聞こえました。

リースにしようと、松傘を集めてた人がいたんだそうです。

それから、普門寺にも連れていっていただきました。

ここには身元不明の遺骨が安置されていました。

名前も何もなく・・ただ数字が書いてあるだけ。

発見された時と場所を示す数字だそうです。

DNA鑑定もままならない・・・そりゃそうですね~

お身内があるかどうかさえ分からない。 

たまたまこの辺りに来ていて犠牲になった方かもしれないし。

胸の潰れるような光景がたくさんありました。

私の目にできたのは被災地のほんの一部分だけだったのに。

 *今回もデジブックにしました。

  胸の痛む写真が多くありますが、見て頂けると嬉しいです。

被災地関係のことはこれで終わりにしたいと思います。

どうかいつまでも心を寄せていてほしいと願っています。

« 父の命日 | トップページ | 県北へのドライブ »

シニアカレッジ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
陸前高田の奇跡の1本松、まにあわなかったのですね。

保存費用が1憶五千万円はたしかに大きすぎる額ですね、
松の子孫が育っていることは嬉しいことですが、
陸前高田市の人々にとっては、1本松は復興への大きなシンボルになっているのでしょうね、

津波の威力のすごさを感じさせる、痛々しい映像の多さに、復興への道のりの遠さを感じました。
映像からともこさんの気持ちも伝わってきました。
お疲れ様でした。

こんにちは
被災前と現在の映像に言葉が見つかりません。
海から引き揚げられた原形をとどめない車の数々や津波に引きちぎられた建物の中に今も眠るご遺体…ご冥福と一日も早い復興を心から祈らずにはいられません。

我静岡県では12月2日に防災訓練が行われます。
遠くない未来に起こると言う“東南海地震”に備え、特に津波被害を最小限に抑える事が出来るか…東日本大震災を尊い教訓にして、真剣に取り組まなくてはいけません。

重い問題ではありますが、貴重な記事をありがとうございました。

eyeさっこさんへ
自分の目で見ることの大切さを感じました。 どこか他所ごとのような気分から抜け出せて、痛みを直に感じられたことはとても大きいことだったと思います。

今後はこれを役立てることができるかどうか?ですが、これはとても難しいですね。

eyeさなさんへ
震災前の写真を こころの情景 という1冊の本にまとめたものを頂きました。
ブログを書く段階になってやっとじっくり見ました。 とても同じ場所とは信じられませんね。
被災された方々の悲しみを感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父の命日 | トップページ | 県北へのドライブ »