« 岡山 廣榮堂本店で | トップページ | 1泊2日の小旅行 »

2012年8月25日 (土)

前記事の 洋服、ちょっと直し

ブログに載せるには恥かしいですが 見たかった というお声がありましたので、

もし、何かの参考に(なるとは思えないですけど)なるというか、この位なら出来そう!と思っていただけるかもしれない・・・で恥ずかしながら載せてみます。

   ブラウス                    上着

004_496x640 005_640x480 006_480x640 007_480x640

Img005_1024x725_5Img006_1024x725

    

クリックで大きくなります。必要なら大きくしてご覧ください。

            hairsalon 

手直しというと、何か難しいことと思いこんでしまいがちですね。

私は、娘の頃洋裁学校に3年程通って(そう云う時代だった? 田舎だったから特にそんなことしか無かったのかもしれないです)一応のことは習いました。

知っていると、反って手抜きができなかったりして、難しく考えてしまうことってありますよね!

     ・・・ ねばならない! ・・・ みたいなこと。

それで、きちんとした仕立てで、我が子の洋服とか、自分のマタニーティーのものとか(あまり売って無かったような気がする)夫のズボンも1度だけ縫いました。

時代も変わって、何でもかえるようになったし、反って手作りはダサイような感覚さえでてきたし、私も洋裁なんかをしている時間がなくなったのかどうか?  全くしなくなりましたね。

既製品ばかりになっています。

ある時、15年位前だったかしら?  同期会で会った友人が話していたの。

「洋服をね、(体とか好みに合わせて) ジャジャジャ~ って、摘まんで縫ったりするの!」

「そうするとね、 クリーニングに出す時にちょっとね!  裏を見ると恥かしいんだけどねぇ」

そんな話をちらっとしたんですね。   それを聞いて自分が何か 囚われ過ぎていたことに気付いたんです。

自分の洋服なんだから、自分がよければ、裏が少々恥かしくてもいいじゃないですか。

チョッとの不具合で着る機会をなくしているなら、短時間でできる方法で手直しして着る方が良いに決まってる!

・・・と言っても新しいものなんかは私もできないですが。

ある程度着たものとか、流行遅れでそのままでは可笑しく見えてきたときなんかに

ダメモト くらいの気持ちでやってみるのはお勧めです。

案外楽しかったりするんですよ! 

今回もね、ボタンホールって何年振りにしたかしら?

意外とまだ忘れてない! などと思いながら、しました(笑) 

« 岡山 廣榮堂本店で | トップページ | 1泊2日の小旅行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ともこさんのリフォームの上手なのに感心していましたが、若いころに洋裁の基礎を習われたのですね。
リフォームといえばスカートやパンツの裾詰めくらいしかしたことがない私には感心しきりです。襟や見ごろにダーツを入れるなんて考えたこともありませんでした。
うらやましいです。
偶然でしょうか、リフォームしたブラウスはブルー系がほとんどですね。

hairsalonさっこさんへ
ブラウスはブルー系に見えるかも判りませんが、実はベージュ系なんですよ。
私の洋服はベージュ系がほとんどなんです。特にパンツはそうです。

洋服を一から仕立てることは、これからも無いと思いますが、こうしてちょっと直しや、
家の中の小物を作ったりってことは、ゆっくりした時間が持てるようになったら、楽しめたらいいな! と思っています。

tomoko様はなんて素敵な女性でしょうheart04
お料理をはじめ女性がなすべきことが
全てお出来になる。まさに女性の鏡heart04
尊敬します。
嗚呼 この私も若い時 洋裁学校に通ったことあり。
でも長くは続きませんでしたがdown

hairsalonおばさまへ
おばさまも洋裁学校へ通われましたか?  あの時代はそれが当たり前のようでしたものね!
私の田舎では皆さん、洋裁、お茶、お花などを習っていました。
あまり役立っているとは言えませんが、、、
おばさまが大袈裟に褒めて下さるので、何処かに穴を見付けなきゃ!

とてもとても参考になりました。
クリックして大きくしたら、まるで最初からそうだったようなデザインに
びっくり( ゚д゚ )びっくり!
さすが3年のお教室通い、年季の入り方が違います。

洋裁もできない私がジグザグミシンを使って40年。それでも洋裁の本で
何とか作りました。そのうちに型紙が売られるようになって子供たちのズボン、
パジャマ、ガウン。はては私のスカートや「簡単服」まで。
今では孫の幼稚園関係の手芸は全部私の仕事です。
そのうちに編み機まで買ってジャージャー・・・と。
それができたのは《 囚われ》ない自分がいたからです。
無知で怖いもの知らずは、何にも囚われるものがありませんからo(^-^)o 

今度のリフォームの説明と写真はとても役に立ちそうです。
こんな素敵な「技」を教えてくれる人も、ブログも、見かけません。
さっそくプリントアウトします!
「tea-break 洋裁学校」に感謝です。

hairsalonちゃぐままさんへ
大袈裟に褒めすぎですよ~~coldsweats01
それより、ちゃぐままさん! 洋裁を知らないとおっしゃりながらも、そんなに縫われるのって、とっても素敵ですheart01 チャレンジ精神も見習わないとshine

お孫さん、バアバの手作りを喜んでいることでしょう。
太いパイプでつながっている様子がとても好い感じ!

私の手直し記事をこんなに喜んで下さって恥かしいですが、有難うございましたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山 廣榮堂本店で | トップページ | 1泊2日の小旅行 »