« チェコの旅日記が終了して | トップページ | セミナー その2 »

2012年6月19日 (火)

生と死を考えるセミナーに行きました

「生と死を考える会」というのが岡山にもあります。

私は会員ではありませんが、このテーマはず~っと気になっていることです。

病院の緩和ケア病棟でボランティアをさせていただいているとなおさら、気にかかる問題です。

【岡山、生と死を考える会】が、毎年一般の人を対象としたセミナーを開催しており

今年22回目。  つい先日、行ってきました。

柳田邦男さんとソプラノ歌手の村上彩子さんをお招きして開催されました。

第一部に村上さん、当然歌を歌われました。

  ・・・・が、曲と曲の間にご自分の生い立ちをお話しになりました。

厳しい家庭に育ち、その家庭から外へ出たい一心で音楽学校へ。

卒業後は就職。  

漠然とではあったが30歳までには結婚もすると思っていたそうです。

あと数年で30になろうという年齢になった時にハタと気が付いた。

自分は今まで、本当になりたかったもの、本当にしたかったことがないまま過ごしてきたと。

本当にしたかったことをしないまま、もし結婚して子供ができたら、

その子供に自分の夢を背負わせてしまうのではないだろうか?

自分の夢が何なのか? 

それを求めて、色々な習い事もしてみたけれど、どうもピンとこない。

アルバイト先で芸大生の歌を聴いたとき、あまりの素晴らしさに、自分もその学校に入学して学びたい! っと強く思ったんだそうです。

仕事は辞めて、アルバイトをしながら受験勉強に励んだものの

1年目、2年目・・・当然のごとく失敗

3年目、4年目・・・やはり失敗

あと1回だけ挑戦したい!  ・・・ これが5年目・・・しかし駄目

もう死のうとまで思ったそうです。

貯金は底をつき、電気が止まる。水道が止まる。。。

そんな時に、ふっと頭をよぎったものがありました。

数年前にテレビで見た、長野の上田市にある無言館へ行かなくちゃ!

    ・・・  行ったんですね  ・・・

1歩、中へ入る。。。

  彼らの残したものと対峙した彼女は

じっと立っていることも出来ないほど号泣したそうです。

「あと5分、あと10分の時間をください!」

「そうすればこの絵を仕上げて家族に、恋人に残せるんです!」

  ・・・そういう叫びが聞こえたのでしょうね~~

自分はなんと云う愚か者!

たった数度受験に失敗したからって、

     そんなことで生きていられる命を捨てようとするなんて!

命の尊さに気付いたんですね。

考えを変え、 「 演じることにした 」 と云いました。

何を?   笑顔でいることを!

実際に笑顔でいると、皆が優しく接してくれて、それまで「芸大を受験する」と話せなかったのに、それも話せ、周りの方の応援も戴け・・・

・・・7度目の受験で合格できたんです!

すごい頑張りに驚くばかりです。

実は村上さんとは数年前に知り合って、そう云うことは知っていました。

でも彼女の人生、他にも 家族のことなど、大変なことが色々あったんです。

一つ一つが今の彼女を造り上げるのに必要な試練だったと、

前向きに捉えているのが素晴らしいと感じました。

« チェコの旅日記が終了して | トップページ | セミナー その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。村上彩子です。

先日は「生と死を考える会」にお越し下さりありがとうございます。

また丁寧にブログに記載下さり、本当にありがたいです。

著名な柳田邦男先生と二度とない機会でしたが
随分前からプレッシャーと戦いながら
緊張し迎えた本番でした。

合唱団も頑張って下さり、ありがたかったです。
皆様の献身と尽力のお陰で、光の当る場所に
立たせて頂き、深く感謝しています。

今後ともどうぞよろしく御願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/45716887

この記事へのトラックバック一覧です: 生と死を考えるセミナーに行きました:

« チェコの旅日記が終了して | トップページ | セミナー その2 »