« チェコ・チェスキークルムロフ | トップページ | チェコ・プラハに到着 »

2012年6月 3日 (日)

チェコ・フルボカー城

5月12日

 昨日までずっと天候に恵まれ、気温はぐんぐん上がり(28度)、暑くて暑くて・・・

涼しい洋服を1枚も用意しなかったことを悔やんだのでしたが、

この日、出発直前より雨となり、すると気温は一気に下がってきました。

チェスキークルムロフに別れを告げ、フルボカー城めざして出発です。

Img_3280_600x800パンフレットによれば、チェコでもっともロマンティックな城館。

   それは

英国文化の熱心な愛好家であったシュバルツェンベルク公が、

19世紀半ばに城館をウィンザー・ゴシック様式に建て替えたから

とあります。 

内部の写真は撮れなかったものの、贅を尽くした豪華な内装。

            武器の保管庫には沢山の武器が保存されています。

             鉄仮面っていうのでしょうか?  何か違うかな?

             いわゆる、金属でできた鎧兜は何ていうのでしたか?

重そうな鉄の鎧(足先まであって)をガチャガチャいわせながら、薙刀のような太くて長い刀を振り回して・・・そんな事が出来たのかしら?  って、疑問を感じました。

小さい大砲もありましたよ。  男性なら興味を惹かれるかもしれませんね。

             restaurant

 Img_3286_480x640Img_3285_640x480_2

お城の近く、コテージで昼食となりました。

やはり貸し切り状態でしたよ。

              beer

昼食の後、いよいよ最終目的地、プラハに向かいます。

   デジブックにしました。チラッとご覧ください

 

ご覧頂いて有難うございました

« チェコ・チェスキークルムロフ | トップページ | チェコ・プラハに到着 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

フルボカー城本当にロマンチックなお城ですね。
ちょっと英国のウインザァー城に似ている? 様な気がしますがsign02
写真を見ていても、今までお天気に恵まれていたのに…重く垂れさがった雲が残念でしたね。
贅を尽くした豪華な内装や鉄の鎧…中が見られないのが…残念(撮影禁止って多いですよネ)

いよいよプラハ楽しみですnotesheart04

rainさなさんへ
ヨーロッパのお城って、ロマンチックですよね~~heart04
女性ならきっと誰でも、少女の頃に読んだお話しで憧れを感じた経験がありますね!
今見ても、それはそれは贅を尽くして豪華ですもの・・・
庶民の暮らしと比べれば雲の上だったこと間違いないですね。

白いお城がすてきですね~!
ちょっと丸みがあるところがやさしく感じられるんでしょうか?
毎回聞く初めての地名やお城の名前。
こういうところをゆっくり旅をすると「極めた!」という気になるんでしょうね。

いい旅を私までほんとに楽しみました。
「いよいよ最終目的地・・・」の文字がちょっとさみしいけど。

rainちゃぐままさんへ
旅って、始まりは時間がゆっくり経って、、後半に入ると時間の経つのが早いですね。

自分の記録と思って書いていますので、写真も無くて面白くない記事になってしまいましたsweat01
プラハのことが上手く書ければいいですが、どのように書いたらいいかと悩んでいます。

ご無沙汰してごめんなさいね。
まあ~いろいろありまして。

楽しかった旅の様子をさかのぼって拝見中です。
現在は時間的に海外は無理ですが、若い時職場推薦で
ヨ-ロッパへ少し勉強に行っていました。
楽しかった~。
昼は頭痛かったけれど夕は謳歌しました。
公費で行ったのに、不謹慎かしらcoldsweats01
tomoko様の旅と重ねて楽しみながら拝見中です。

rainおばさまへ
お忙しそうですね。そんな中コメントまでいただいてありがとうございます。
おばさまはお若い時から優秀な方だったのですね!  職場推薦でヨーロッパへお勉強・・・私達の年代では希少な体験だったのでは?

沢山、吸収されたことでしょうね~  いまの年代になってからでは時間と共にどんどん消えていってしまいますsad

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェコ・チェスキークルムロフ | トップページ | チェコ・プラハに到着 »