« はつもので晩ごはんです | トップページ | 桜の季節に思いだされる歌 »

2012年4月13日 (金)

兵庫陶芸美術館へ

Img002_453x640Img003_566x800柳宗悦と丹波の古陶展を観たくて

篠山市の兵庫陶芸美術館まで、久々の遠出でした。

運転のセンスに欠ける二人です。特に東に向かって行くのは苦手です。

いつもは地元でチョロチョロ乗るだけの車です。

少し遠出というなら鳥取との県境辺り?

大山、蒜山辺りをドライブするのが好きですし、私の実家のある四国へ向かうことくらいです。
ハプニングが起こるんですよね~~ sad   その事は今はふれないことにいたしましょう。

目的・・・ あ~っ、 最初に書きましたね

民藝運動(民衆的工藝)の指導者、柳宗悦(やなぎむねよし)が晩年

丹波焼の蒐集に情熱を傾けた、その品々に会いに行きました。

Img_2495_640x480
日本六古窯(瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前)の一つに数えられる丹波焼です。

丹波焼は、備前焼とよく似た焼きしめ(釉薬をかけない焼き物)だと、私は漠然とそう思っていました。

しかし、会場に足を踏み入れた途端、その考えが間違っていた事に気付いたのです。

          impact

昔は多分、どこのお家にもあったのじゃないでしょうか?

梅干しを入れる甕。いや壺? どっちだろう、、、

それから、私の実家では、それよりも一回り小さいものに塩も入れてありました。

塩の底には日本手ぬぐい(みたいな布)で作った袋の中に、灰を入れてましたよ。

これって、思うに湿気取りですよね!?

 ・・・・ 私の言いたいのは、それらが入っていた壺や甕を思い出す焼き物が

会場のほとんどを占めていたことで、

焼きしめもあることはある。

でもそれだけじゃなくて釉薬を使った物が多かったことです。

丹波焼は壺、甕、すり鉢などの生活雑器を作り続けていた窯場でした。

丹波の土は性質がわるくて、延びが悪い。

かなり小さな品物でも一気には引き上がらない。

こんな不自由な粗末な窯であるから、作るものは何れも質素なものより出来ない。

だが、この事情こそは美を守ってくれる素敵なようそなのである。

 「工藝 昭和13年」

私が学んだ学校の創立者は言いました。

             「教育は不便なるがよし」 、、、と。

丹波焼は土の性質が悪くて思うようなものができないという事情、これこそが驕りのない実用雑器としてのを作りだしたのですね。

のびのびと流しかけた釉薬の動き、かっこよさを気にしないで出来ている甕、

ほれぼれ、、、heart04  手元に置いてその肌を撫でてみたい感情に襲われます。

私、やっぱり磁器より陶器が好きup 

その中でも 民藝に代表されるような驕りのない器が好き!

自分でもよく解らなかった自分の好みがはっきりした時間でした。

         restaurant

Img_2497_640x480
併設されているレストランでランチしました。

ワンプレートランチのみで1500円です

   cafe

ここの展示はほとんどが東京、駒場にある日本民藝館が所蔵しているもので、

ポスターに使われている物は蝋燭徳利と云い高さ20cm程の可愛いものでした。

柳さんの目が見出した日本の素晴らしいものたち。

もしかしたら、光のあたることがないまま消えていったかもしれない物ですね。

手間暇かけた温もりのある品々にあえて嬉しい時でした~~

この後、丹波布にも会いに丹波の方へ回りましたがちょっと期待外れでしたcoldsweats01

 

« はつもので晩ごはんです | トップページ | 桜の季節に思いだされる歌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

芸術にはまったく疎い神戸家で~す
絵画であれば、まだ構図の参考になるので観に行きますが、陶器や書は皆無です

一度、彫刻でロダンを観に行った程度ですね
やはり、芸術って柄じゃないので・・・・でへっbleah

cherryblossomOB神戸家さんへ
こんにちは!   
芸術には疎い? そうはお見受けしませんが…
私、書は全く受け付けないんですよ トホホです
民藝とひと括りにされるものは大抵、好きですね~~
ロダン! 考える人ですね。

今晩は
梅干をを入れる壺ということで、丹波焼きがどんなものか想像できます。テーブルの上に小さなうめぼしをいれている壺がありますので、
写真の陶器も渋めの落ち着きを感じさせるものばかりですね。

こんにちわ。
私も肌のきれいなものよりも、ざらざらとした焼きっぱなしの厚めのもの方が好きです。なにより実用的ですしね。派手でない方が好みですよ。逆にのせたもの入れたものが引き立ちますからね。

cherryblossomさっこさんへ
梅干しを入れる壺で御理解いただけました?coldsweats01
私の頭にインプットされている梅干しの壺と同じようなものが沢山ありました。
大きい甕、小さい壺、生活の臭いが感じられます。

cherryblossomよしこさんへ
やはりザラザラ感のあるものがお好きですか~
味があって良いですよね!
温もりも感じるし、手作りの良さですね~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はつもので晩ごはんです | トップページ | 桜の季節に思いだされる歌 »