« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

NHKスペシャル ヒューマン ・ その2

前回のブログの続きです。

前回は、人間は誰にでも協力を生みだす仕組みが織り込まれている。 

笑顔を見せるだけで消えていた(隠れていた)協力の心を呼び覚ますと云うような所まででした。

           tv

不思議な現象が映し出されました。

事故か何かで視力を失った男性がいます。

目や視神経には以上がありませんが、映像を映しだす脳の部分に損傷を受けているので、検査でPC画面に映し出され形 ・・・それは単純な□や△です・・・ を見せても

何も見えません。

   ところが

人の顔 ・・・ ほほ笑んでいる顔

      ・・・ 怒っているような顔 ・・・ が映し出されると

その表情を読み取ります。   え~~っ!? ですよね!

どうしてそんなことがあるのでしょうか?

ブラインドサイト と云って映像を映し出す部分ではない、脳の別の部分にもこの映像が送られるためにそこで表情を感じ取るみたいです。

  * 表現が正確ではないかもしれませんが、興味をもたれた方は

     ブラインドサイトで検索をしてください。

     これは

相手の心を読み取る能力が備わった、

人間たらしめる能力なのだといっています。

相手の表情を読むことがいかに大事かということでしょう。

人は、自分が美味しいと思うものを分かち合って

誰かが、美味しい と感じることを 嬉しいと思うのです。

   それが人間なのです。

   これは日常の暮らしの中でよく 体験することですね。

    余談ですけれど、お菓子作りが好きな私、作ったお菓子をプレゼントすることがこれまでに数えきれないほど沢山ありました。差し上げた方から「ありがとう!」の言葉をいただくのは・・・まあ、当たり前で特別 嬉しいとは感じません。 それよりも「おいしかった!」の一言がどんなに嬉しいか! 苦労が報われて、又 差し上げたくなります。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

話が次へ進みます

74,000年前 人類は存亡の危機に見舞われました!

他人との協力なしには生きていけない危機です。

インドネシア、スマトラ島のトバ火山が噴火して100km×30kmという巨大な範囲に広がったのです。

その噴火物が10日間で地球を1周し、火山の冬となったのです。

寒さが襲い 植物が減り 動物が減りました。

食糧がなくなり、人間も一握りの人を残してほとんどが死んでしまったそうです。

一握りの人は、どうやって生き延びることができたのでしょう?

             tv

黒曜石という石があります。

この石は 刃物として用いるのに適した石です。

離れた場所でも 同じ黒曜石を使っている人達は、互いに交流していたことが考えられると云っています。

友人の印として 贈り物にしていたようです。

火山の冬の前には10km離れた場所で同じ石が見つかっているけれど

噴火の後は、70kmも離れた場所からも見つかっているそうです。

火山の冬が来て、飢餓の時代は2年以上続いたということですが

その間、食料を求めてさまよったことでしょう。

僅かな食べ物を見付けた時、たまたま(?)見知らぬ人と出会ったとしたら・・・?

     どうしたでしょうか?

仲間だけで分け合った人よりも、

見知らぬ人とも同じように分け合った人の方が生き残った確率は高いのではないか?

その様に伝えていました。

その時にも、友愛の印として黒曜石を贈ったのではなかったか?

・・・ 我々は 分かち合った人達の子孫ではないだろうか?

          present

2年前世界中で ある実験をしたそうです。

     お金を使った実験です。

一人の人に、

「あなたに、このお金をあげます」

「ただし、あなたの知らないもう一人の人と分けて下さい」

「分け方は自由です」

「あなたが全部貰ってもよいし、相手に全部あげるのも良い」

「どのように分けても、誰にも言わないし。。。気にすることはない」

  ・・・ と云うようなことで

さて、実験に参加した人達は どのように分けたでしょうか?

勿論、色んな人がいたのですが、

平均すると

アメリカでは  自分が53% で相手に47%あげる 

日本では    自分 56%   相手 44%

あげるのが一番少ない所でも  相手に 20%はあげる

    ・・・ と、以上のような結果となったのです。

      このことから

火山の冬の時代を生き延びた人類は

分かち合う心を持って、世界中に広がって行ったと云えそうです

そして我々にも 分かち合う心が織り込まれているのです。

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次に、幼児の精神的な病気 を伝えています。

ごく幼い時に両親を失った幼児。

病院だか施設だかで育てられています。

生きていくのに不可欠な 栄養 清潔さ などは備わっています。

      それなのに!

3歳までに多くの幼児が亡くなってしまうそうです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

欠けているものがあります・・・ ? ?

  コミュニケーション

これが欠けていたことによって、死に至るのだそうです。

この事でも解るように

一人ぼっちにされる と 悩んでしまうのが人間です。

電話の向こうの人を 助けることができるのも 人間です。

   telephone いのちの電話 など、今は悩みを聞いてもらえる電話が色々あるのですよね!

    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 

 1月22日 放送分はここまで

  NHKスペシャル ヒューマン 第2回は

    2012.1月29日 (日) 21:00からです

私の理解の間違っている部分があるかもしれません。

違っていたらご容赦ください。

出来ればコメントで指摘下さると嬉しいです。

2012年1月23日 (月)

1月22日のテレビです

NHKスペシャル ヒューマン 第1回

  「人間とは何か」人類20万年の旅をたどる 

とても興味深い番組でした。  

数年前、医師・鎌田實先生の講演会で聞いたお話で

ずっと気になっている言葉があります。 

その時ブログにも書いたのですが → コチラ

人のDNAを遡って辿って行くと、アフリカのある一人の女性に往きつく。

その女性のことをミトコンドリアイブと呼ぶそうです。

そこのところが私には、よく理解できないで、気になっていました。

そのお話を確証するような番組を昨年 たしか、秋の頃、見ました。

昨夜のtv番組も、その続編かどうかは解りませんが、

つながりのある話でした。

昨夜のテレビで、私が理解できたことを書いてみようと思います。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

やはりアフリカが始まりです。

人類は20万年前にアフリカで誕生し、

その時から今日までの年月(20万年)の4分の3の時間は

アフリカ大陸だけで生きていました。世界の各地に広がらないで

喜望峰から東へ300km離れたところにあるブロンボス洞窟

10万年前に使われた化粧するための顔料(石)や

首飾りだったと思う、穴の開けられた貝殻などが発見されています。

人は10万年も前からお洒落を楽しんでいたのでしょうか?

        ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ナミビアのカラハリ砂漠に住む種族に答えがあります。

ここに住む人は首に、幾重にも重ねて、首飾りをしています。

そしてせっせと 首飾りを作っています。

  これは

自分の首にかけるためではなくて

娘の為だったり、 仲間へプレゼントするためのものを作っているのです。

  だから

その人がしている首飾りも 共に生きていこう という心の証として

娘からや 多くの仲間からプレゼントされたものです。

もし、なにかあった時には 力を貸してくれる人が、首飾りの数だけ居るということになります。    

首飾りの名残りが結婚指輪として残っているのか! って云った人もいました

この人達は協力して食糧を求め、 その食糧を分かち合って暮らしています

ブロンボス洞窟に 10万年前、化粧品を残した人達も、

協力しながら共に生きていた人達だと考えられます。

      :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

話が変わりますが、

チンパンジーと人類とは700万年前に枝分かれして進化しました。

人とチンパンジーの遺伝子の違いは1%しか違わないのだそうです。

   ある実験をしていました。

ガラス張りで仕切られた部屋に、チンパンジーを

一つの部屋に一頭ずつ、隣り合わせに入れてあり、

二つの部屋の仕切り部分には上の方が窓のように開いています。

前面には床から10~20㎝位と見受けられる開口部があり

そこから手を外へ伸ばせるのですが、手の届かないところへ

大好物のジュースを置きます。

仮にAと名付けたチンパンジーが思いっきり手を伸ばして、そのジュースを取ろうと試みるのですが届きません。

もう一頭のBの部屋にはステッキのような物が入れてあります。

そこでAは、それを貸してほしい!  と手を伸ばして頼むのですね。

Bはすぐ、理解したようで貸しました。

Aはステッキを上手に使って、容易くジュースを手にいれ、全部飲みほしました。

        wine

翌日、全く同じ実験を繰り返してみます。

A、手を伸ばすけど届かない。

BはAの様子を見ている。  でも自分からステッキを貸すことはしない。

AがBの部屋へ手をいれて、それを貸して! と身ぶりをすれば

Bも、素直にすぐ貸す。

そこには気を利かして先に 貸してやろう! という感じは全くない。

おせっかいは 無いのです。

だから・・・借りた方のAにしても、お返しなどはしません。

ここがチンパンジーと人の違いだということです。

人は共に生きて行かなければいけないから、

    親切にする。

親切にされたら、お返しもする。

      wine

では、何故 共に生きなければならないのでしょう?

    この疑問を解く鍵

それは骨盤にあったのです。  

チンパンジーと、人の骨盤を比べて見ると

人の骨盤は、横長で縦には狭くなっています。

    これは

人間が2本足で立つようになったからだといいます。

すると、ここで問題が発生したのです!

赤ちゃんが生まれ出る時に

頭を横に向けないといけない。

    次に

肩を通すために体をねじらないと通れません。

人の出産は簡単ではありませんから

手助け無しには出産も難しいのです。

これが、幅広い協力関係を生みだしたと考えられます。

人は誰にでも 協力を生みだす仕組みが織り込まれていると云います。

一体どういうことでしょうか?

平和な時には、協力の必要も感じなくなっていたりしますが

一旦、事が起こった時!

それも、言葉が通じない場合に、どうしたらいいでしょう?

私はあなたの敵ではない!  仲間だと知らせたい時に?

実際にあった話です。武装兵が言葉の通じない一般市民に

敵ではないと知らせたい。。。

それはスマイルでした!

兵士全員がスマイル・・・笑顔を作ったのです。

それで敵ではないと知らせることが出来たそうです。

           happy01

人は赤ん坊のときから、 人の顔に注目していることが脳の活動からも解ります。

   そう云えば、私達だって、

相手の顔から、気の合いそうな人。 ちょっとこの人とは苦手だな! とか

機嫌悪そう! とか・・・ 瞬時に読み取ることができますよね!

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

途中ではありますが、長くなってきましたし

少々難しい話で、書くのも疲れました~~

又 続きを書きます。  

2012年1月18日 (水)

マイガーデン ・ 冬枯れのなかに

今日はまだ一歩も外に出ていなかったわ!

リビングで昨年の家計簿の決算を今頃していましたcoldsweats01

11月の決算もしていなかったのです。   

私の使っている家計簿は幾つもの費目に分かれていて、月が終われば費目ごとに集計をして、それを後ろの方にある集計表に記入します。  そして全部の合計を出し、収支決算をするようになっているんですが、費目ごとの集計からがしてなかったので  其処からしておりました。    12月分は集計表に記入すればよかったので直ぐにできて。。。    

後は一年の決算。

これをしていると、隣で夫がテレビを見て何やらしゃべるんです!  一人ごとのようでもあり、私に話しているようでもありますが、、、  私、無視です!

だって、料理番組みたいなものですよ。

夫は自分では全くしようとしないのに!  いかにも、これを見て 私に作ってくれ! って云う感じなのですが、、、

夫が 「へええ~~」と感心するような事のほとんどは

   私、知ってます~~

なんたって、40年も主婦やってきたんですからねぇ~

そりゃあ~ 今頃の、新しいやり方だとか、 バラエティーにとんだ他所の国の料理などは知らないものも結構あるけれど、、、

今更、ねえ~~  大きなお世話ですって感じです。

自分で作ってみればいいのにね!

そんなことで、決算の数字ばかり見ているのにも疲れて

   「ちょっと外へ出てくる!」

     bud

前置きが 長くなりましたけれど、庭にでてみました。

この時期、取り立てて見るようなものはありませんねぇ~

Img_1929_480x640

 ←数日前から気になっていた これ!

百合が1本だけ開きかけています。

高砂百合だと思うんですけど、

今は、こんなかんじが普通ですけどね

     ↓

Img_1930_480x640_2

それから。。。他に何かないかしら??  っと・・・

Img_1933_480x640

ローズマリが次々、花をつけています。

とっても丈夫で、強く剪定するのですが

すぐまた、大きく茂ってきます。

こういうのを岡山弁では

「よう おごる」って云うのですよね?

  bud

            bud     

                       bud

Img_1931_600x800

Img_1932_600x800

我が家のシンボルツリー は ↓

Img_1934_480x640

Img_1935_480x640_2

昨年の夏を越さない! と云われていましたが。。。

どうやらこの春も花を見せてくれそうです。

早春に咲くので、もうすぐ!

           bud

足元にこんもり、咲いているのはスイートアリッサムです。

Img_1937_600x800

Img_1938_600x800

Img_1939_600x800 Img_1940_600x800

我が家の主のような存在なのですよ。

今の場所に家を建てて直ぐの頃、白と紫色の2種類の種を蒔きました。

今のように、花の苗が売られてなかったと思います。

毎年 こぼれ種で一年中咲いています。

一年中と云っても、今は一番あわれな状態ですけれど

株によってはこの位しっかり咲いているのもありますよ!

        bud

次に、主に駐車場としている西の庭へ行ってみました。

大したものはありませんが、しゃがみこんでみると

Img_1944_800x600

Img_1943_800x600

Img_1941_800x600

まるで宝石のようにheart04

    蒼い玉  

これ、龍のヒゲ です!

ラピスラズリのようですね!

ラピスラズリといえば。。。

あの、青の画家ともよばれる フェルメールを思い起こしませんか?

私はまだ本物のフェルメールの絵を見たことがありませんけれど

「青いターバンの少女」をはじめ、あの青はラピスラズリを顔料に 用いているんですね。

日本画にも使われますね、ラピスラズリ。

Img_1952_480x640

この龍のヒゲの直ぐ横に(一番隅っこです)

ハランの一群れがあります。

 ・・・ そういえば

何時だったか  ボランティア先で

ハランの花っていう、すっごく変わった花を見せてもらったことを思い出しました。

  ・・・ たしか 根元にぃぃ~~ 

土が少しバラバラと盛り上がってるところがあるぅ~

指でその土を ホロホロ と取り除くと。。。

う? ウぅぅ~う!   これじゃない!  見て!

Img_1945_480x640 Img_1946_480x640_2

砂が入っているから、水をかけてみました

Img_1949_640x480

中がどうなっているのか?

よく解らないですね!

ひとつだけしか見当たらない

もう少し、あっちこっちと

つっついて。。。と

                    bud

Img_1950_480x640

Img_1951_480x640

続きを読む "マイガーデン ・ 冬枯れのなかに" »

2012年1月14日 (土)

気分転換

Img009_800x688

気分転換が難しいです。  

先日のウォーキングはとっても自由で幸せな時間でしたが家に戻りいつもの時間の流れに戻ってしまうと、ウキウキ気分は何処かへ飛び去ってしまって。。。

今置かれている状況から逃げられなくて、気持ちが沈んでしまいます。

今朝は、10時前から甘いケーキと紅茶でリラックス? したいと思ったけれど。。。さて?

そうだ、まだお化粧をしてなかったわね

化粧をしないことには気合いが入らないです。。。化粧をした。

どうしたきっかけ?

いえ、きっかけなんて関係ないですが、

      ふっと

香水でもふってみようか?    

そんな気がおこって

こんなことは1年に1,2度 ?  あるかないかです。

いつまで経っても減らない香水(正確にはオードパルファムですが)をつけました。

さて、確定申告に必要なものの整理をしておこうかと昨夜から取り掛かっているので

その仕事を続けよう!  

CDでも聴きながらしよう!

鎮魂歌の様なチェロ協奏曲は今日はやめて、他の曲にしてみよう!

と云うことで 手に取ったのが最初の写真のCDです。

人の声を聞きたい!

そんな思いにかられることってないですか?

私、一人暮らしじゃないし、今は孫も息子も毎日、食事に来るから

いつもより人の声はあるんです。

でも、この3人以外の人とおしゃべりする機会が極端に少なくてsweat02

淋しさに包まれてしまうことがあります。

メールって、とっても便利で私も電話をかけるよりメールの方が気楽なのですが

今日は誰かの声を聞きたい!

それで、このCDになりました。

スーザン・ボイルさん、彼女がデビューするきっかけとなった映像

忘れられないです。

現代のシンデレラ?   そんな感じでしたが

今、彼女はどうしているのでしょうね?

華麗な変身を遂げて、幸せな人生を歩んでいるのかしら?  

このアルバムのタイトルは

「I Dreamed A Dream」(夢やぶれて) 

これはオーディションで歌った曲ですが、こんな事にならないといいですね。

    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

このブログを書き始めたところに ピンポ~ン♪

     どなたかしら?

いつも何かとお世話になっているYさんです。

昨日、劇団四季を観にいってきたので。。。。と

お土産をいただきましたhappy01

Img_1916

道頓堀の”今井”という有名な

おうどん屋さんのものです。

嬉しい! 

お昼はこれに決まりで~す。

気にかけて下さる方のあること、

とっても嬉しいし、

有り難いですね。

2012年1月11日 (水)

最近読んだ本です

三浦しをん著 「 舟を編む 」 光文社

Img008_560x800

読みやすい本でした。

30代半ばの作家さん、

2006年 「まほろ駅前多田便利帳」で直木賞受賞された方ですが

私は初めて出会った作家さん。

何が面白かったかといえば、それは辞書を作る過程、、、

私が一度も考えたことのない世界がそこにあったからだと思います。

四六時中、新しい言葉、新しい使い方、にアンテナを伸ばしている人達が居るって事に気付かされた本だったからでしょうか?

本を読みたいと思いながらも、実際には眠りに落ちる前の数分間、

数ページしか読めないのが現実ですsweat01

本はほぼ100%買って読むのですが(読む速度が遅い)

嫁ちゃんはネットで古本を1円と送料(150円とか云ったかな?)で買った。と話していましたが・・・ 私にはまだ入り込めない世界です。

でも、先日買った文庫本、1000円+税 高いなあ~とびっくりしました!

沢山読もうと思ったら、ネット利用にトライしないとダメかな? などと思いますね。

2012年1月 8日 (日)

アップルパイがいっぱい焼き上がり!

Img_1879_800x600_3 月一のサロンの為に今月はアップルパイを焼きました。

手の込んだお菓子を作りたくなかったので、簡単に作れるものをと考えて、決めたものですcoldsweats01

← 優雅なお茶の時間?

 いえ、これは写真を撮るためのものでして。。。

実際に作るのは、やはり戦争状態になってしまいましたsweat01  

Img_1870前日に作ればゆとりをもって作れたのでしょうが、なるべく焼き立てのサクサク感を味わっていただきたくて、当日早起きして午前中に焼いたので。

リンゴは先に煮ておきました。

冷凍のパイシート(市販)を使って簡単に作ります。

シートを半分にカット。片方にリンゴを載せ、もう一枚のシートを蓋のように被せるだけですが

 Img_1871                      周囲にリンゴがはみださないように厚紙で

サイズガイドみたいなものを作って置いたら

これがとっても役に立ちました。

煮たリンゴをこんもりのせ、最後にシナモンパウダーを振りました。

蓋にする方のパイシートは

  Img_1872                   打ち粉をふって半分に折り

包丁で細い切れ込みを入れます。

それを開いて、かぶせるのですが

りんごの周囲に(厚紙のあったところね)水溶き卵黄を

塗って糊の代わりとします。

   Img_1873                                cake

2枚のパイシートがしっかりくっつくように押さえ、所どころに包丁の先で切れ込みを入れ、全体に卵黄を塗ります。

200℃のオーブンで20分くらいでしょうか。

美味しそうな焼き色が付くまで焼きましょう。

ほら、パイの重なりも綺麗に出ています。

     Img_1877_800x600                           cake 全部で12本焼きました。

早朝からリンゴを煮はじめ、焼き上がったのは

お昼でした。バターの香りが部屋中に充満して

美味しそうというより、少し気分が悪くなりました。

1本を5切れに切り分け(少し小さめです)

サロンの皆さんにお出ししました。

アリュメット・オー・ポンムと云う名前です。

マッチの軸を思わせる意味だと思います。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »