« ドライカレーを作りました | トップページ | とうとう11月も最後の日になってしまいました »

2011年11月28日 (月)

身近に感じた ブータン

少し前のことになったが、ブータンの国王ご夫妻が来日されたニュースは

日本中に爽やかな風が吹きわたるような感じを受けつつ

時々のニュースを見ていました。 

国民総幸福量という考え方がユニークですね。

そして国民の多くが幸せと感じて満足しているというような事も伝えられていましたよね。

被災地の小学校で、国王は子供たちに 「龍を見たことがありますか?」と訊ねていました。

「私はあります。龍は自分の心の中にすんでいて、困難を乗り越えることで龍が強く大きくなるのです」   「皆さんも自分の龍を大きく育てて下さい」 

     言葉は違いますがニュアンスとしてこのような話だったかと思います。

ブータンの国旗には龍が描かれていることも初めて知りましたが、その龍の姿がまるで京都のお寺の天井絵にあるものとそっくりのように見え、驚きました。

顔かたちが良く似ていることや民族衣装が着物に似ていたり。。。

とても親しみのもてる国。。。そんな感覚はあったもののブータンについての私の知識は僅かなものでした。  それが国王ご夫妻の来日で一気に溝が狭まった気がします。

             diamond

昨日、秘境ブータン 幻の蝶を追う・・再放送していたのを見ました。

およそ80年前捕獲された標本がイギリス、大英自然史博物館にあるだけで、世界中の研究者が追い求める秘蝶だそうです。

その蝶の名を ブータンシボリアゲハ といいます。

ブータン政府の特別な許可で、この夏(2011)日本から6人の調査隊がブータン入りした。

この6人はそれぞれが違う分野で世界的な蝶の研究者だということだった。

Img_1669_2  左の写真はクリックすることで拡大しますが、

ブータン王国の東の端、トラシャンツェ渓谷をめざす。

調査隊の面々、結構な年齢(例外あり)ですが、このチャンスを逃してなるものか! という意気込みとともに、喜びに溢れている感じが読み取れる。

   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1658 Img_1660 Img_1661 Img_1663

3日目だったかに、念願の1匹を捕獲↗ (網を通した写真)

Img_1666 Img_1670 Img_1672_2

← このウマノスズクサに多くの種類の蝶が卵を産みつけるようだ。

 そして、念願のシーンにも出会えた!

それが左上の写真です。

    shine

           shine

ブータン国王がこの度の来日で、お土産の一つに持って来られたのが、

この ブータンシボリアゲハの標本2つでした。

それは、日本の調査団がこの夏捕獲した5匹の蝶の内の2匹だそうです。

Img_1673 Img_1675

Img_1667 Img_1668

ブータンシボリアゲハが見つかった場所は原生林じゃなくて、2次林っていうのですかね~

一度、人が伐採した後に若い枝が伸びている。そんな場所です。

人の営みが直ぐ近くにあって、上の写真のように織物をしている女性の姿がありました。

沢山の種類の蝶がいるようです。

ここに暮らす人達は自然を大切にしていて

冬の燃料にする木を伐採するのも、5本だけと決め、大事に使うのだとか。

伐採は根元からではなく、人の胸の高さで。

若い目が伸びるように考えています。 

こういう思いや行動が幸福量を増しているのでしょうね~

私達の置き忘れてきた物を教えられているように感じた番組でしたheart02

« ドライカレーを作りました | トップページ | とうとう11月も最後の日になってしまいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしの、友達がかなり前にブータンに行ってきたといっていました。
そのとき、男の人が日本の着物のようなものを着ていているのをみて、懐かしいような気がしたといっていました。
顔つきが、日本人と一緒な人が多いのも親近感を持つひとつだそうですが、国王夫妻も和服を着た姿に違和感はありませんでしたね。
それと聞き間違いかもしれませんが、先進国と言われる国の中で、国交があるのは日本を含めてわずかだとも聞くと、小さな国ですが、相思相愛といった感じがしますね。

おはようございます。
ブータンの国王夫妻の日本での映像を拝見して、見ている者も、周囲の者も、とても穏やかで幸せな気分になっていると感じました。
日本の目指してきた『福祉』とは違った福祉国家を感じました。
今、わが国は福祉に押しつぶされて窒息しそうに感じます。
目指している福祉に到達したとして、国民が幸せと感じる事ができるのでしょうか?
ブータンシボリアゲハ・・・幸せの象徴のようです。

heart02オラケタル様
国民の多数が幸せと感じながら暮らしているって、今の時代他に類を見ないのじゃないでしょうか?
若い国王ご夫妻の、新婚旅行を兼ねた(?)旅先に日本を選ばれたことは、私達にとって幸せだったと思います。 幸せのあり方を見直すきっかけになったようで。
それにしてもブータンと日本、似たところが多いですね。
ブータンに対する興味が一気に高まっているそうです。

heart02とんちゃん様
わが国の福祉に、押し潰されそう!  本当にそう感じますね。
私年代の者にとっては、すぐ目の前に迫っている事なんだけど、、、
一体どうなっているのか? どうなるのか?
不安をぬぐえないです。
何かが間違っているように思えて仕方ありません。 
幸せを感じながら暮らせたらどんなにか気持ち良いことでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライカレーを作りました | トップページ | とうとう11月も最後の日になってしまいました »