« マイガーデン ・ ビデンス ピンクハート | トップページ | ドライカレーを作りました »

2011年11月22日 (火)

備中松山城へ行ってきました

備中(びっちゅう)というのは岡山県の西部地域です。

因みに備前といえば焼き物の備前焼で知られる地域で、これは兵庫県に隣接する県東部です。

備中松山城、岡山に住みながら一度も行ったことがなかったお城でした。

秋晴れの先日、日曜日には駐車場から8合目までシャトルバスが運行されていると知って、これを利用して行ってみよう!と云うことに急きょ決定。朝9時出発、180号をrvcardashで 約1時間半。

高梁川沿いの景色はまだまだ紅葉とは云い難かったです。

高梁駅(たかはし)から街の外れ、少し細い道を登りますが、時間は幾らも掛かりません。10分程度でシャトルバスの発着場に着きました。

Img_1624_480x640 Img_1580_800x600_2 Img_1583_600x800 Img_1584_640x480

松山城への登り道は、急な坂だと聞いていましたので、置かれている杖を借りました。

20分位の登り道ということでしたが、休みながらだったのでもう少し掛かったかもしれません。

ほとんどが写真のような石段の道です。 足元の落ち葉がきれいです。

一般に「備中松山城」と呼ばれるのは4つの峰からなる臥牛山(がぎゅうざん)、その中の子松山の山頂(標高約430m)を中心に築かれた近世城郭を指し、天守の現存する山城としては随一の高さを誇ります  城内には天守、二重櫓、土塀の一部が現存し、昭和25年に重要文化財の指定を受けている。  -パンフレットよりー

Img_1586_1024x768_2

石垣が見えてきました!  紅葉の赤が石垣を引きたてています。

Img_1587_1024x768

Img_1590_1024x768   

甲冑姿の人がいました。

Img_1592_1024x768

Img_1594_1024x768

              斜めから眺めてみます

江戸時代には、全国に170箇所はあったとも言われるお城も、江戸末期から明治にかけての戦乱や明治政府による廃城令、また天災や第二次世界大戦での戦災などにより、多くが失われ、江戸時代以前に建造された天守は全国で12城しかありません。これを「現存12天守」といいます。

弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城               ー パンフレットより ー

Img_1600_768x1024 Img_1601_767x1024  Img_1598_768x1024_2 Img_1599_1024x768

Img_1602_768x1024 Img_1603_1024x768 Img_1604_1024x768

天守閣に入ってみます。 ↑の写真のような説明が幾つもあります。

昭和の修復作業のことが書いてあります。

天守の解体修理と土塀の修理は昭和15年に完成。

山城ですから、材木、瓦等々を運び上げるだけでも大変な苦労だったことが伺えます。 

中学生、高校生の奉仕活動で瓦を運び上げた様子が写真にもありました。 

写真はどれもクリックすると大きくなります。天守閣の写真も是非拡大してご覧ください。

Img_1618_768x1024

石垣の美しさがとても印象に残るお城でした。

今年やっと、紅葉らしい赤い葉を見たような、そんな思いも貰って、

嬉しい、秋の休日となり、来て良かったな~っと感じました。

« マイガーデン ・ ビデンス ピンクハート | トップページ | ドライカレーを作りました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、こんばんは!

備中松山城・・・いかれたのですね!
私は息子がまだ学校へ上がらない頃連れて行って、猿が多くてね~
その後、ご無沙汰していましたが、嫁が高梁で、お城も修復されて行きました。
小さいけれど雰囲気のあるお城だと思います。

↓の『こそ丸』私に必要なのではないかしら?
魅力的ですね~欲しいです。
処方箋がなくても買えるのですか?bearing

備中松山城、雰囲気のあるお城ですね。
何よりも江戸時代からのお城というのがいいですね。
東北にはもう石垣だけで天守閣のあるお城が残ってないので余計に郷愁を誘われます。

数少ない天守閣のあるお城は、10年前に松本城を見て以来です。
車で行かれる所に貴重なお城があるなんてうらやましいです。

ももり様がいらしたというお城ですね。
立派なお城が近くにあるって嬉しいですよね。
その中を散策することも、楽しいでしょうし、
甲冑姿でお出迎えですか?
最後のUP
石垣の美しさと紅葉のコントラストが見事ですshine

今晩は。
立派な山城ですね。
静岡県にも沢山の山城址があります。
でも、一分に石積みが残るくらいで、標識や案内看板でその存在を知る事になります。
沼津市にある北条早雲の山城「興国寺城」址が、国の史跡に指定されて、復元工事が計画されています。
でも、いつ完成するのかも分かりません。
付近の発掘調査をしてから、停滞したままです。
国か県かそれとも沼津市が怠慢なのか?
そのために、移動させられた民家も何軒かあります。
期待していたのですが、半分諦め気味です。

shoeとんちゃんさん
そうですか、お嫁さんが高梁の方なのね。それじゃあ、あちらを向いて出掛けることも多いかしら? 
私はやっと行けたって感じでしたが、いい感じのお城ですね。もう少し時間があれば
(夫と一緒じゃなければ)下手なスケッチもしてみたいような
そんな雰囲気のあるところだったわ。

こそ丸は勿論、だれでも買えると思いますよ。売店で売っているらしいですから。
まだ飲んでみてないんですcoldsweats01

shoeさっこさま
そうですね。直ぐ近くじゃなくて でもそれほど遠くもないところが良いかもしれませんね。
昔の人は、こんな山の上によく造ったものだと感心します。
女学生が瓦を背にしょって登る姿が写真にありましたが、修復作業も大変だったでしょうね。
日常をはなれてこういう所へ行くのもなかなか良いものですね。

shoeおばさま
そうです。ももりさまが行かれたお城です。
スケッチも何も出来ませんでしたが石垣の美しさに魅了されました。
建物が無くなっている分、石垣の美しさが強調されるのかしらね。
紅葉した落ち葉をすこし拾って帰りましたhappy01

shoeやまぶどうさま
コメントありがとうございます。  初めて行ったのですけど好い雰囲気のお城でした。
人も多すぎず少なすぎずってところも良かったですよ。
日本の建築物は(昔の)ヨーロッパの石造りと違って、
放っておけばどうしても無くなりますね。二度と作れないものを何とか残してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイガーデン ・ ビデンス ピンクハート | トップページ | ドライカレーを作りました »