« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

とうとう11月も最後の日になってしまいました

10月末に風邪の悪魔が我が家に侵入!   

最初は2歳の孫。

風邪は誰かに移すことで治っていくようで、2週間後にはパパ続いて夫

熱をだすもの、咳き込むもの。

もらわない!  貰っちゃいけない! と頑張っていた私だったのだが、

夫の風邪が下火になってきた(随分長引いていた)先週末、

とうとう私にお鉢が回って。。。 この事はすでに書いたけど

早く気が付いて、薬をのみ休んだので。。。1日で治った!  と思った。

朝、目覚めた直後 少し喉の奥が痛いという感覚はあったけど、畑の草取りをして働くのも楽しかった。

ところが昨朝、起きてみたら声が出なくなっている

頭で思っている声のトーンじゃない声がでる。 声が勝手にひっくり返る。かすれる。 

パクパク動く口からは声とは云えないけど、息が流れ出るといったら一番近いかな?

こうなると、しゃべるのは苦痛なので極力しゃべらない。しゃべりたくない。

           hospital

朝一番、医者へ行った。 

一日中、声は戻らなかった。

そんな事より、明日(昨日の時点では明後日)、予定していた3組の夫婦で

男性3人(夫たち)が作って6人で食べようという企画の天麩羅食べ放題会を断るのが辛かった。 

初めての企画で楽しみにしていたから、申し訳なくて。。。

私は声が出ないので夫から電話をしてもらい、、、

「それじゃあ順延しましょう。 Kさんにも連絡いれておきます」との返事だったらしい。

その後、メールで「Kさんに連絡しておきました。元気になったら実行しましょう!」と。

私からもメールでお詫びをし、Kさんにもお詫びのメールをいれた。 なんといっても

ドタキャンですものね~  天麩羅とはいえ自宅に招くとなれば気遣いしますよね~

   でも、

「こちらは大丈夫です。何も気遣いなさらずゆっくり休養してください。良くなったら是非開きましょう!」

って、優しい返メールが届いてほっとしましたheart02

ホスピタリティーというのか おもてなしの心というのか・・・同じか?

お互い相手に恥をかかさないように心くばりをすること  これがあってこそ上手くやって行けるのだと、改めて感じたことでした。

      heart02

朝、医者へ行った時、待合室のテレビで

 ブータン国王ご夫妻の来日で。。。こうだった、ああだった、、、とやっていました。

音が小さかったのと途中から患者さんが座って見えなくなってしまったんだけど、

ある企業の社長さんかな?  ホスピタリティーを考えさせられ売上ばかりじゃなくて社員の幸福度を考えたいと思った。。。みたいな事を話している方もいました。

前回の私のブログの続きみたいでもありますが

やはりおもてなしの心で人に接するってこと それが相手の人に幸せを届けることでもあるのだと感じました。

云ってみれば当然のマナーを守っていれば良いようなもので、特別取り上げるほどのことではないのですが、

                 hospital

風邪をひいて医者へ行って、  特に孫を連れて夕方行った時に

  ・・・ 保育園から○君が38、8度熱があるんです。って呼び出されて・・・

お母さんたちの頑張っている姿を大勢みましたよ。お父さんもいましたよ。

其処の小児科は予約が出来るので、お仕事帰りの方が多かったんだと思います。

4時ちょっと過ぎに受付をして、何時頃になりますか?ってきいたら

2時間後ぐらいです。 って云われたの。そんな遠くじゃないので一旦家に帰って出直しました。

お腹の大きいお母さん。  4人子供を連れたお母さん  chick  penguin chick penguin

本を読んであげてるお母さん。。。  book

そんなお母さんたちの姿を見ながら(観察しながらかな)色んな事を考えました。

小学生の男の子を連れたお母さんが入って来ました。

携帯mobilephoneでしゃべりながら受付に行き、目配せ・・・これで判ったようですが・・・

電話を耳から離すことなくしっかり握って、あっちこっち動き回ります。

他のお母さん方とは服装が少し違ってみえるところが、その大胆ともみえる行動をとらせているのかしら? 

 私はブランド品に興味がないので違うかもしれないけど、シャネル風の上着、エルメスのようなベルトなど

お仕事の電話であっても、せめて受付の時くらい・・・って思いましたよ。

            chick

  観察とは違いますが、診察が終わって、薬を貰えば

ありがとうございました~~」  「お大事に~」 の言葉だけで帰れるってのが

何となく忘れ物をしているようですが、お財布をとりだすことなく(無料)バイバイ。

実感しますよね!   有り難いな  って。  

              。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

例年だと11月はカーテンの洗濯をすると決めているんですけどね~

今年は色々なことがあって出来ませんでしたdown

街はクリスマスムードに彩られていることでしょうね~ shinexmas

そういったことも どんどん 遠のいてしまいます。

ちょっと淋しい気もするけど、それも悪くないのかも知れないと思ってみたり。。。

            今朝は少し声の調子が戻ってきています

2011年11月28日 (月)

身近に感じた ブータン

少し前のことになったが、ブータンの国王ご夫妻が来日されたニュースは

日本中に爽やかな風が吹きわたるような感じを受けつつ

時々のニュースを見ていました。 

国民総幸福量という考え方がユニークですね。

そして国民の多くが幸せと感じて満足しているというような事も伝えられていましたよね。

被災地の小学校で、国王は子供たちに 「龍を見たことがありますか?」と訊ねていました。

「私はあります。龍は自分の心の中にすんでいて、困難を乗り越えることで龍が強く大きくなるのです」   「皆さんも自分の龍を大きく育てて下さい」 

     言葉は違いますがニュアンスとしてこのような話だったかと思います。

ブータンの国旗には龍が描かれていることも初めて知りましたが、その龍の姿がまるで京都のお寺の天井絵にあるものとそっくりのように見え、驚きました。

顔かたちが良く似ていることや民族衣装が着物に似ていたり。。。

とても親しみのもてる国。。。そんな感覚はあったもののブータンについての私の知識は僅かなものでした。  それが国王ご夫妻の来日で一気に溝が狭まった気がします。

             diamond

昨日、秘境ブータン 幻の蝶を追う・・再放送していたのを見ました。

およそ80年前捕獲された標本がイギリス、大英自然史博物館にあるだけで、世界中の研究者が追い求める秘蝶だそうです。

その蝶の名を ブータンシボリアゲハ といいます。

ブータン政府の特別な許可で、この夏(2011)日本から6人の調査隊がブータン入りした。

この6人はそれぞれが違う分野で世界的な蝶の研究者だということだった。

Img_1669_2  左の写真はクリックすることで拡大しますが、

ブータン王国の東の端、トラシャンツェ渓谷をめざす。

調査隊の面々、結構な年齢(例外あり)ですが、このチャンスを逃してなるものか! という意気込みとともに、喜びに溢れている感じが読み取れる。

   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1658 Img_1660 Img_1661 Img_1663

3日目だったかに、念願の1匹を捕獲↗ (網を通した写真)

Img_1666 Img_1670 Img_1672_2

← このウマノスズクサに多くの種類の蝶が卵を産みつけるようだ。

 そして、念願のシーンにも出会えた!

それが左上の写真です。

    shine

           shine

ブータン国王がこの度の来日で、お土産の一つに持って来られたのが、

この ブータンシボリアゲハの標本2つでした。

それは、日本の調査団がこの夏捕獲した5匹の蝶の内の2匹だそうです。

Img_1673 Img_1675

Img_1667 Img_1668

ブータンシボリアゲハが見つかった場所は原生林じゃなくて、2次林っていうのですかね~

一度、人が伐採した後に若い枝が伸びている。そんな場所です。

人の営みが直ぐ近くにあって、上の写真のように織物をしている女性の姿がありました。

沢山の種類の蝶がいるようです。

ここに暮らす人達は自然を大切にしていて

冬の燃料にする木を伐採するのも、5本だけと決め、大事に使うのだとか。

伐採は根元からではなく、人の胸の高さで。

若い目が伸びるように考えています。 

こういう思いや行動が幸福量を増しているのでしょうね~

私達の置き忘れてきた物を教えられているように感じた番組でしたheart02

2011年11月24日 (木)

ドライカレーを作りました

ドライカレー 昔、子供たちが小さかった頃よく作りました。

でも、近年はすっかり、忘れたようにご無沙汰でした。

      chick

火曜日夕方、保育園から帰って来た孫がいやに咳をするので気になりました。

その前の風邪がやっと治ったなあ~ と、安堵したのがつい最近だったように思っているところへ、   又 ? ・・・ また風邪なの?    

いやややヤ!   鼻水もだして でも熱はないし。。。 

で、火曜日はこの前もらって残っていた風邪薬をのませ、おやすみ、バイバイ!!

パパと帰っていったのですが、

昨日、朝やはり咳がひどいし鼻水が~~ (鼻をかむことがまだできない)

午後、少し熱が出てきました。  このままじゃヤバイ!!

休日診療の当番医を・・・探し、爺婆で連れて行く。

問診票を書いて下さい  と、渡されるが記入できる個所の少ないこと。

診察は簡単なものですぐ終わりましたが、孫は大泣きcrying

そんな昨日の今日なので保育園は休ませて、爺婆の出番ですbearing

ってわけで、  今日の夫の休日は(木曜日は休みです)孫にかかりっきりって事になりました。

          wobbly  chick

今日の本題の ドライカレー へなかなか行きつきませんが・・・

もう少しだけお付き合いくださいね

昔の話になりますが、  我が子が通った幼稚園のお話。

お昼の給食をお母さん達が交代で作ることになっていました。

材料を買って持って行くところから分担してね。

そこのメニューにあったのがこのドライカレーです。

だから、孫も食べるかな~ なんて急に思いたって。 というか

冷蔵庫のミンチ肉をそろそろどうにかしなきゃ!  ってのが本音でしたがcoldsweats01

              restaurant

昔のレシピをスキャンして載せますね。

スピードカッターを利用すれば、ホントに短時間で出来あがります。

冷凍するのも良いし、材料とかは適当にアレンジして作ってみてください。

Img004_452x640_2

レシピ上でクリックしてください。

拡大画像がでます。

子供向きの甘口になっています。

Img_1654_2

2011年11月22日 (火)

備中松山城へ行ってきました

備中(びっちゅう)というのは岡山県の西部地域です。

因みに備前といえば焼き物の備前焼で知られる地域で、これは兵庫県に隣接する県東部です。

備中松山城、岡山に住みながら一度も行ったことがなかったお城でした。

秋晴れの先日、日曜日には駐車場から8合目までシャトルバスが運行されていると知って、これを利用して行ってみよう!と云うことに急きょ決定。朝9時出発、180号をrvcardashで 約1時間半。

高梁川沿いの景色はまだまだ紅葉とは云い難かったです。

高梁駅(たかはし)から街の外れ、少し細い道を登りますが、時間は幾らも掛かりません。10分程度でシャトルバスの発着場に着きました。

Img_1624_480x640 Img_1580_800x600_2 Img_1583_600x800 Img_1584_640x480

松山城への登り道は、急な坂だと聞いていましたので、置かれている杖を借りました。

20分位の登り道ということでしたが、休みながらだったのでもう少し掛かったかもしれません。

ほとんどが写真のような石段の道です。 足元の落ち葉がきれいです。

一般に「備中松山城」と呼ばれるのは4つの峰からなる臥牛山(がぎゅうざん)、その中の子松山の山頂(標高約430m)を中心に築かれた近世城郭を指し、天守の現存する山城としては随一の高さを誇ります  城内には天守、二重櫓、土塀の一部が現存し、昭和25年に重要文化財の指定を受けている。  -パンフレットよりー

Img_1586_1024x768_2

石垣が見えてきました!  紅葉の赤が石垣を引きたてています。

Img_1587_1024x768

Img_1590_1024x768   

甲冑姿の人がいました。

Img_1592_1024x768

Img_1594_1024x768

              斜めから眺めてみます

江戸時代には、全国に170箇所はあったとも言われるお城も、江戸末期から明治にかけての戦乱や明治政府による廃城令、また天災や第二次世界大戦での戦災などにより、多くが失われ、江戸時代以前に建造された天守は全国で12城しかありません。これを「現存12天守」といいます。

弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城               ー パンフレットより ー

Img_1600_768x1024 Img_1601_767x1024  Img_1598_768x1024_2 Img_1599_1024x768

Img_1602_768x1024 Img_1603_1024x768 Img_1604_1024x768

天守閣に入ってみます。 ↑の写真のような説明が幾つもあります。

昭和の修復作業のことが書いてあります。

天守の解体修理と土塀の修理は昭和15年に完成。

山城ですから、材木、瓦等々を運び上げるだけでも大変な苦労だったことが伺えます。 

中学生、高校生の奉仕活動で瓦を運び上げた様子が写真にもありました。 

写真はどれもクリックすると大きくなります。天守閣の写真も是非拡大してご覧ください。

Img_1618_768x1024

石垣の美しさがとても印象に残るお城でした。

今年やっと、紅葉らしい赤い葉を見たような、そんな思いも貰って、

嬉しい、秋の休日となり、来て良かったな~っと感じました。

2011年11月16日 (水)

マイガーデン ・ ビデンス ピンクハート

Img_1539_640x480

コスモスを小さくしたような ピンクの花が今を盛りと咲いています。

ラベルには ビデンスピンクハート キク科・ビデンス属 と書かれています。

とても強健で、植えっぱなしで世話と云うほどの世話もしていません。

Img_1540_480x640        bud

コスモスのように薄い花びらではありませんが

たてじわの感じとか、蕊の感じが似ています。

以前、記事にした いわゆる”ひっつきむし”の

花(湿気のあるような草原に生えている)とも

似ているように思って

Img_1310_640x480写真をとりだしてみたのですが・・

あ~ぁ 蕊が全然違ってますね~

   bud

Img_1541_480x640_2               bud

 葉は← こんな様子です。

Img_1542_480x640 Img_1543_480x640

2011年11月15日 (火)

マイガーデン ・ 秋のアジサイ

Img_1534_480x640_2 この季節にアジサイ? 

  そうなんです

幾つかある鉢植えのアジサイの

1鉢に左の様な花が残っています。

 正確には花ではありませんけれどね

沢山咲いた花のほとんどは

見るに耐えない(枯れた)状態になって

ずっと以前に切り捨ててしまいましたが

3こだけは、切り捨てるほどでもなく

冬にレース状になるかなぁ~ なんて

思って、残していましたら

今頃、赤くなり今日は午後の陽ざしを受けて一層輝いて見えました。

Img_1533_480x640 Img_1532_480x640  sun

    bud

  

  sun

   bud

  sunImg_1535_480x640

 bud

      bud

                    sun

アジサイの葉も少し紅葉していますね。

右端は柏葉アジサイ(地植え)です。

Img_1537_480x640_3 Img_1538_480x640_3

maple

Img_1536_480x640 梅雨の頃に挿し木した、アジサイが

そのままになっていたので、

今日、小さい鉢に植え替えました。

アジサイのこんな姿を楽しめるのも後わずかです。

各地から初雪の便りが届いていますからね。

2011年11月11日 (金)

今日は朝から感動 ♪

Img_1452_640x480_2  今朝、玄関を入ったとたんに、何所かに放ったままの私の携帯が

メールの着信を知らせている。

  あれあれ・・・ 誰かな?   えーと、携帯 携帯は~~? 

あぁ、Yさんから  ”今BSで小林研一郎してる”   って、知らせてくれてる。

うわ~ぉ !    急いで返信。  そしてTVスイッチ ON

            note

 コバケンさん、ヘヤ―スタイルすこし短くなってる。 

 そんなことはどうでもいいんだけど  炎のコバケンとも呼ばれる小林研一郎さん。

私、この方好きなんですよ!  できれば追っかけしたいくらい。。。  でも

追っかけは出来ませんsweat02  もう何年も前になってしまったけど、

大阪で娘にチケットを買ってもらって3人で聴いたことがあったなあ~

 あの時の ボレロ・・・良かったなあ

で、今日の番組すでに始まっていたし、間で用事を済ませたりしながらだったんだけど

ベートーヴェンの第九、練習風景からやってた。 

ビートたけしが出演してて、コバケンが曲作りに取り組む姿勢だとかを聞いていた。

「たったこれだけのことをするのに、今まで何十年もかかって。これで良しというところまで到達するには、これから先まだ何十年もかかるだろう」

「もしかしたら、ベートーヴェンの第九をまだ聴いたことがないのかもしれない」

そんな事を話していた。

指揮者って、大変な仕事だなあ~~

こうだろうか?  ああだろうか?  こうしてみたら、どうか?

色んな事を考えながら作曲家の思いをさぐる。

しかし、自分一人では演奏してみるわけにいかないのだから、厄介だ。

コバケンさんは、オーケストラの人達にたいして

敬語でお願いをする。  とても丁寧な口調。

だが、指揮棒を振りはじめると、目の輝きが厳しくなる。

ここぞ! という箇所では  うなる!  唸り声が聞こえてくる!

      note

場面が変わって

杉並のどこかで演奏会。  オーケストラの面々、正装でスタンバイ。コバケンさんも演奏前の緊張した面持ちと見受けた。

  聴衆は?   えっ!   たけし、たった一人?

   たけし・・・ 「恥かしいなあ~」

第九の○楽章の演奏。 それからハンガリー舞曲

 わぁ~   随分久しぶりに聴く曲で、懐かしい!   若い頃(私が)大好きでボリュームを上げて何度もなんども。。。くり返し聴いていた曲。  時が流れて、ハンガリーへも行った。

そんな思い出も相まって、懐かしさに厚みが増したような気がする。

そう云えばコバケンさんはハンガリーの楽団の常任指揮者をしていたんじゃないのかなあ~

   調べたりはしていないので、違っていたらごめんなさい。

 今日の番組はとてもユニークでたけしさんも舞台に上がって指揮棒を振ったり、「ここに座って音のうねりを聴いて下さい」と云いながら椅子が置かれたのが指揮者の目の前。

  音がうねって聞えてくるらしい! 

次は第一ヴァイオリンの横に座ったり 絶対に体験出来ない事をさせて(させられて)いた。

コバケンさんは指揮者としては遅いスタートだったようですが

チェコ、プラハの春音楽祭にて  チェコの人々の愛する スメタナの「我が祖国」の指揮で大喝采を受けた。その「モルダウ」も演奏された。 この曲は夫が自分のダイイング曲に決めてあるんです。

私も大好きな曲の一つ。 チョロチョロと湧きだした水が、、、やがて大河となって流れる。 

牧歌的な風景が目に浮かぶ。  温かい風も吹いている感じがする。

たけしさんは、お爺さんとおばあさんの二人が歩いて行く。そのバックにこの曲を流したら、それだけで泣けてくるだろう。  そう言った。映画監督をする人は違うなあ~~

最後の曲はコバケンさんがアンコール曲としてよく使うというダニーボーイ

初めの1~2音が鳴り始めた時、ジーンと熱い感情が湧きあがってきた。

何でだろう?  直接思い出に繋がるわけではないのに。。。

すごく、温かな懐かしい想いに包まれたんです。   

今までの私の人生を丸のまま包んでくれたような感じでした。

音楽の力って凄いですね!   

言葉のない曲は、言葉に囚われないから自由に感情のままに受け取れるものね。

朝から至福の時間を貰えました。

  ・・・ そう! 

  今年の岡山の第九を歌うコンサートはコバケンさんの指揮です。

 勿論チケットはゲットしてありますよ!  楽しみが倍増した感じscissors

Img_1451_640x480_3 Img_1455_640x480_3

まゆみ  

可愛いでしょ!

  

2011年11月 6日 (日)

日曜美術館で舟越保武氏の作品にであって

サロンコンサートが終わって一夜明け、今日は孫を連れてお出かけ。

最近、孫の  ・・ 孫ばかりでなく、パパもジイジもバアバもなんだけど・・

  ストレスがそうとう溜まっているような感じが気になっていたので

         ・・ ママの入院が3カ月を超えました ・・ まだまだ続きそうです

孫とジイジとバアバとで、バスに乗り、市電に乗り、岡山駅まで行き

新幹線を見に行きました。 乗り物に一番興味があるんです。

岡山発の新幹線はホームで7分位停まっているので

中に入って(グリーン車でした)まだどなたも乗っていなかったので、写真まで写したりしてね。

それから、駅前のデパートへ移動して、屋上に行こうと思ったら、

本日は雨天の為・・・と張り紙がしてあって行けません。

雨は降ってなかったんですけどね~   仕方ないので、おもちゃ売り場で遊びました。

こっちはもう飽きるわ、 疲れるわ 「帰ろう!」 って云っても  「やーだ!」 を繰り返すばかりで動きませんsweat01

仕方ないので、気に入った消防自動車1台お買い上げ。お店の思う壺に入ってしまった!

アイスクリームを食べて、バスで帰宅。パパにバトンタッチして

夜、やっとのんびりしてTVをつけたら、ちょうど日曜美術館が始まるところでした。

先週の再放送でしたが、先週は終りの数分しか見られなかったので、今夜はゆっくり見ました。

彫刻家 舟越保武(やすたけ)さんの作品です。Img_1423_640x480_2

彫刻家、舟越さんと云って私の頭にあったのは舟越桂さんだけでしたが

桂さんは保武さんの息子さんと云うことも、ここで知りました。

舟越保武氏は岩手の出身で盛岡市にある岩手県立美術館に氏の作品が沢山常設展示されているそうです。

今日の番組を見て、「盛岡まで観にいきたい!」と凄く思いました。

え~と、新幹線だと6時間か、もう少し。で・・・飛行機なら羽田乗り換えか?

伊丹から花巻へ飛ぶか?  な~んて 半分本気のような冗談のような事をチラッと

考えてしまうほど、これらの作品をまじかに見てみたいと思ったんです。

1912(大正元年)生れ  父は駅長をしていた。母は2歳の時に亡くなった。

16歳のとき兄からもらったロダンの本に影響されて彫刻家になりたいと思うようになった。

 石の中には自分の求める顔がすでにある。と信じて丁寧に彫ったそうです。

 長男、一馬(かずま)は8カ月で昇天  その死に顔をみて「きれいだ  きれいだ 」と、つぶやいていたそうで、スケッチが何枚か残っていました。

カトリックの洗礼を受け、仕事もキリスト教に関係したものが多かったようです。

私が数年前、長崎で見た”26聖人の像”も舟越保武の作品だったことを知りました。

4年半掛かって完成したこの作品は、26人が  本当は破れたり汚れたりした服装だったはずだけど、 正月のような正装をして髪も整えた姿で   天に昇る直前の穏やかな顔に作られています。

彼の作品は、(キリスト教の歴史に出てくる人物が多いのかもしれません)亡くなっていった者を思い、その者の心に寄り添うような作品だと紹介されました。

ハンセン病患者の為に働いて、自らも同じ病気になったダミアン神父・・・患者と同じ立場になったことを喜んだということです・・・の像  この作品は終生アトリエに置いたそうです

処刑場に向かうキリストの血と汗をぬぐったといわれる女性(勇気ある少女)・・聖ベロニカ像

美しい姿、ことにその顔の表情が素晴らしい!! その人物の内面が顔に表れています。

舟越保武氏は職人さんの仕事ぶりを理想としていたそうです。

そして、祈り・・・これは悲しみの極みにある人に寄り添う気持ちで作品作りをされたとか。

74歳の時、脳梗塞で右手の自由を失い、その後は左手だけを使って、  粘土で原形を作るブロンズ像を、年に3体ほど制作されたということですが、

それまでの、本当に肌の美しい作品とは一転して、粘土の荒々しさが残る中に人物の精神性が深く表現された作品を残されています。

Img_1421_640x468 Img_1422_640x480 Img_1426_640x572 

最後の写真はゴルゴダ2ですが、舟越桂氏は(息子さん)「父はこの作品を作るために

右手の自由を失ったのではないかと思えるほどだ」と話しておられました。

これらの作品を実際に見てみたいと思いました。

久しぶりにジーンと胸に迫る感情が湧いてきました。

           shine

2002年2月5日 89歳で亡くなられました。 この日は奇しくも26聖人が天に昇った同じ日です。

氏の娘さんは氏が息を引き取ろうとする、その時

「いい人生だったじゃないの」と声をかけられたそうです。

2011年11月 5日 (土)

サロンコンサートが終わりました

Img_1381_480x640 今日はサロンコンサートの当日でした。朝目覚めると、頭がグワァ~ンsad

頭痛です!  なんで! 今日の様な大事な日に頭痛なんて!

そう云えば今日は雨の予報。 お天気が下り坂だと頭痛になりやすいんですね、私。

このことは、母親譲りで兄も頭痛持ちだからとっくに諦めてはいるのですが、今日、頭痛と云うのはチョイと嫌です。起きだして直ぐにしたことが薬を飲むことでしたcoldsweats02

雨の降りださない内にとおもって朝早く、まだ薄暗い時間に自宅から会場へ荷物を運びいれ、続いてお花を生けました。

Img_1380_480x640_2 友人が届けてくれた薔薇がメインです。友人の友人、その御主人さまが育てた薔薇です。

「こんなに立派な薔薇、見たことがないわ!」と皆さんがおっしゃるほど大きくて、うっとりする薔薇なんですよ。

我が家の庭にあったグリーン(アイビーなど)や

紫色のアメジストセージも加えてみました。

備前焼の花器が背が高いので、グリーンは垂れさせてみたんですが、如何なものでしょう?

生け花だとか、アレンジメントとかの素養がないので

恐いもの知らずと云うのでしょうね~

自由に投げ込んでいます。

トルコキキョウと、赤い実のように見える何でしたっけ?  Img_1383_480x640_2 すぐ忘れちゃうんでが、Img_1384_480x640_2

これは買ってきました。

   diamond

右の薔薇も淡い色合いが優しくて、綺麗ですね。

昔これと似た花で

ピースっていう種類の薔薇を育てたことがありました。     

で、生け終わると

こんな感じになりました。

Img_1372_480x640 ピアノの裏側が見えるので

お花の後ろにもグリーン(カクレミノ)の鉢を置いています。

壁面にちょっと季節感をだすようにカラス瓜も飾りました。

Img_1375_640x480

Img_1379_480x640 今日のティータイムはスペースの関係で

ペットボトルのお茶と一人分ずつ小さい袋に入れた

クッキーとフルーツケーキです。

昨日の夜なべ仕事で100袋ほど詰めました。

それで今朝、肩が凝って頭痛になったんでしょうか?

Img_1378_480x640

Img_1385_640x480 Img_1393_640x480

雨の中、遠くからも足を運んで下さって、60人余の人達でコンサートを楽しむことが出来ました。      演奏の後のティータイムでは演奏の方も交えてお話も伺ったり、和やかな時間が持てて、 中には   「あら~ こんにちは!」  なんて、ご挨拶を交わす人がいてね、 「お知り合いなの?」 って訊ねたら 「同級生!」 なんですって。

こういう出会いがあるのも嬉しいですね! 

来月はクリスマス会になります。  ケーキを考えないといけませんsweat01

2011年11月 4日 (金)

マイガーデン ・ アブチロン

  庭Img_1352_480x640アブチロン(またはチロリアンランプ)

  可愛い赤い紙風船の様なものを沢山付けています。

     Img_1355_480x640_2

 アブチロン 葵(あおい)科

 ブラジル原産

 アブチロン(Abtilon)は

”家畜の下痢止めに効果がある”という言葉に由来する

bud

  最近では近所のお家でも、よく見かけます。

他所のお家のものに比べて、我が家のこれはいつまで経っても生育が芳しくなくて

なかなか花数も増えなく、何度か植え場所を変えてみたり。。。

昨年植え変えたこの場所が、やっと気に入ってもらえたようで

今までになく成長し・・・岡山弁だと おごって と云うのでしょうか?

 おごる・・とは繁茂する、しげる。  おごって・・は繁茂して、という意味かと思います。

Img_1348_480x640 Img_1349_480x640 Img_1350_480x640

花びらは赤い風船の下にみえている薄い黄色の部分ですよね。

蕊が長く突き出ています。

チロリアンランプといって、頂いたものでしたが、アブチロンという呼び名の方が一般的なのでしょうか?

ブラジル原産でチロリアンと云うのも面白いですけれど、色と可愛さからきたものかしら?

   別名「浮釣木(うきつりぼく)」ともいうそうです。

   釣りをする時の浮きに見立ててのことですね!              

         bud

今朝は、畑へアメジストセージの花をとりに行く予定でした。

 コンサート会場に生けようと思って。。。他に花がありません。

昨夜、友人からメール

   「 Kさんのお家から薔薇をもらってきたので、明日届けます」って。

 

   「いやぁ~  嬉しい!  ありがとう heart02」の返メール

・・・と云う訳で、花を切りに行くのは薔薇の顔を見てからに変更

ウォーキングに行ってきます!

2011年11月 1日 (火)

11月になりました ・ 想定外の出来ごとが!

今日から11月、今年もあと2カ月!

時間の過ぎるのが早~い。と感じるのはいつもの通りなのだけど、

今は時間の感じ方が二通りあって、

もう一つの方は、孫を預かるようになってからの時間の感じ方で、

こちらの方は指折り数えて・・と云うと とてもオーバーに聞こえるけれど

8,9,10と3カ月かあ~  で、残りは・・・っと、

11,12,1,2、かなぁ~  いやいや 3月もかなあ~

残りの方が多いよね~ グスンsweat01

 ・・・で、こちらの方は 時の経つのが遅い! って思ってしまいます。

    chick   chick   chick

何の事だか分からない?  そりゃそうでしょう。

孫の世話がいつまで続くかってことを思っているんです。

やっと保育園にも慣れて、夕方まで預かってもらえるようになり、

少し、楽になったと喜んで、、昨日なんかは畑に行っていたんですけど、

携帯が鳴るんです、めずらしいなあ~  

   私の携帯は目覚ましとウォーキングカウンターとしての働きが主で

  電話の働きはめったにしないんですね!  メールもほんの少しだけでsweat02

と思いながら出てみると 保育園からじゃないですか!   

「○○君が38度3分の熱があるんです。お迎えよろしいですか?」って

  「え=っwobbly  すぐ参ります!」

このところずっと、咳と鼻水が続いていたから

パパに「医者へ行った方がいいんじゃないの?」って何度か云ってたんですけどね~

仕方がないから、夕方連れて行きましたrvcardash

hospital「保育園は暫くお休みさせて・・・  4日にもう一度診せて下さい。」って云われました。

あれれ~っpunch グワ~~ンってパンチを食らった気分です。

4日といえば金曜日でしょ。 5日の土曜日がサロンコンサートなんだよ=shock

想定外の出来ごと!  仕方ないなあ~~

      chick       chick

Img_1339 Img_1340_2   

Img_1343_2 先日記事にした雲は、巻雲(ケンウン)で合っているようでした。

今朝の空にも巻雲が見られましたよ。

そして、草と野菜の見分けがつかないような畑ですが、

大根、蕪が大分大きくなってきています。

       bud

Img_1342_2 Img_1341_2

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »