« 秋晴れ・・・ガーデンモーニング | トップページ | これって、巻雲 ですか? »

2011年10月18日 (火)

マユハケオモトと父の思い出

Img_1214_480x640 まゆはけおもとが今を盛りと咲いています。

昨年を除いて毎年10月に入るとちゃんと時期を忘れないで咲いてきます。

昨年は夏の異常な暑さの為だったのかどうか、ひと月遅れて咲きました。

そしてその頃、やはりブログに載せたのと同じようなことを書くかもしれません。

              *

まゆはけおもとの花を見ると、どうしても私の父の思い出と繋がるのです。

明日が父の命日なんですが、亡くなってからもう、20年余ですかね~

あわただしく四国の実家へ行ったり来たりしていた時に、実家で咲いていたのが

この花でした。

他にも花は咲いていたはずですが、はっきり記憶に残っているのは

このまゆはけおもとだけ・・・

母に貰った一鉢が増えて増えて、あちこちにお嫁に出しました。

            *

父はとっても無口な人でしたが、体は大きくて存在感は大。

私は父と直接話をすることは本当に少ない、というより無かったような気がします。

全てが母を介してだったような記憶しかありません。

           *

私がまだ幼稚園や小学生だったころ、夕食後には決まって、家族そろって散歩に出かけていたんです。他に楽しみって無かった時代だったからでしょうか?

散歩が目的なのか、それとも父の好きな本屋さんへ行くのが本当の目的だったのか、分からないのですが、とに角毎日、本屋さんへ立ち寄りました。

田舎の町で1軒か2軒しかない本屋さんで毎日のように(私にはそう思えたのです)買ったり注文したりでしたね~。

図書館というものがありませんでしたから、子供心に本と云うものは買うものという感覚が身に着き、家庭をもってからも本屋さんへ行くのは大好きで、今でいえばストレス解消になっていたのかもしれません、私。

本と切り離しては存在しない父だったからでしょうか。 子供の私から見る父はなんでもよく知っていて、感心するというのか。。。父親というのはこういうものなんだと。。。思いこんでいました。

結婚して、そうではないんだ!  ということを実感させられた訳です(笑)

だから、父ではありますが、今も尊敬しているし、誇りに思っています。

Img_1218_480x640 Img_1219_480x640

       蕾が顔をのぞかせた!            

私の思い出す父の姿といえば、本を読んでいるか、読書に疲れて

ロッキングチェアーで寝ている姿を一番に思い出してしまいます(笑)

大きい体に似合わず指先は器用でした。(少し受け継いだかも?)

若い頃は山男だったのかな?  でも私の知っている父は仕事ばかりで

たまの日曜日には小さい私を連れて、離れた街へ映画を観に行くのですが

そうするとね、今ではそんな事ないけれど、呼び出しがかかってね。。。

「どこそこの○○さ~ん、 お電話がかかっておりま~す!」 みたいな。。。

急用で、帰らないと行けない羽目になることが度々ありました。

         *

タバコもお酒もたしなまないで、、、美しいものを見ることが好きでしたね。

絵画を見て、「これは良い!」 なんて云ったと思うんですけど、

私、どうしてこれが良いって分かるのかしら? 不思議でした。

でも、それは大人になっていく過程で良いもの、本物と云われるような良いものを見たり、ふれる事を重ねていくうちに、自分なりに”よいもの”が解ってくるのだと思えるようになりました。

絵画、焼き物などを見るのが大好きになったのは父の影響だろうと思います。

         *

自分の身内を褒めるということは、可笑しいかもしれませんが

明日は父の命日ですから、子供として、父にも話したことのない気持ちをほんの少しだけ綴ってみました。

Img_1217_480x640

« 秋晴れ・・・ガーデンモーニング | トップページ | これって、巻雲 ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tomoko様
胸がきゅ~んとしてきました。
切ないほどtomoko様の心が伝わります。
お父様は包容力のある方だったんですね。
父として男として人として。
そのように感じました。
ご自身の親を尊敬できることは、親も子も幸せよ。
子供から尊敬されそして我が両親は立派だった・・・・・
嗚呼 そんな風に言われたい。そうなるように努力しなくては。

わが家のオモトは、赤い実がなるものです・・・・・

訂正個所ありdown
立派だった 
  ↓
人生を一生懸命生きたんだ

ごめんなさい。

sunおばさま、こんにちは! 
今日もとても気持ち良い秋晴れです。 墓参に行ってきました。
20年という歳月が父への想いを膨らませたのかもしれませんcoldsweats01
でも、そう思わせてくれた父へ(両親へ)は感謝の気持ちで一杯です。
自分に置き換えて考えると・・・これはなかなか難しい?
一生懸命、真面目に生きるしかないかなあ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れ・・・ガーデンモーニング | トップページ | これって、巻雲 ですか? »