« 弘前大学シニア・サマーカレッジ ・ 3 | トップページ | 奈義町の蕎麦畑 »

2011年9月25日 (日)

弘前大学シニア・サマーカレッジ ・ 4

今回のシニアカレッジに参加したいと思ったプログラムの一つが

前回、記事にした森のイスキアへ行って佐藤初女さんのお話を伺うこと。

そしてもう一つ魅力的だったのが

これから書こうとしている ”奇跡のりんご” と

それを栽培している木村秋則さんの講義でした。

奇跡のリンゴは、無農薬、無肥料で育てられているりんごです。

今や木村式自然栽培とよばれる栽培方法。

木村さんのことは、私の知識の大半がそうであるように、テレビを通して知りました(笑)

随分ご苦労をされ、、、どうしても上手くいかず死を覚悟したときに

ハッとする気付きがあったように記憶しています。

         (今回はそんなお話はありませんでしたよ)

Img_0985_640x480 雨のなか、木村さんのリンゴ園へ向かいます。

       apple

   岩木山だ!

私達の進んで行く正面に!

下の方は雲に隠れ、頭の方だけが

灰色に霞んでみえています。

岩木山が見えたのは、3日間で

   Img_0988_480x640_2      この時だけでした。

      apple

  あっ  木村さんです!

       apple

 足元の草を踏みしめると

    水が

  じわ~~ っと

       靴を濡らします。

     *

木村さんの動きにそって

皆が(人の群れが)動きます。 

少しでも前に出たい! って。

この日は、1日のみの受講者もあったので

Img_0991_640x480バス3台で押し掛けて来ています。

 農業関係の方も大勢参加されているようにお見受けしました。

    *  *

傘をさすので大変です。  

雨の中では、長く話す事も出来ず、

リンゴ園の雰囲気を味わった程度、

そして写真を写したりしてバスへ戻ります。

    

Img_0993_640x480 Img_0995_640x480

リンゴは↗  のように、無袋の木もあれば、しっかり袋をかけてあるものもあります。

そのあたりは、手をかけてあります。Img_0994_640x480

大学へ戻って講義を受けました。  

木村さん独特の話し方、、、

ゆっくり、 何かを問いかけるような間(ま)。

発声に力があって、聞きとりやすい。

人を引き付けて離さない、話しぶりです。 

       *

講義で取ったノートから抜粋してみます。

○ 慣行栽培・・・化学肥料、農薬を使用する。

           1950年以降急速に広がった栽培法

○ 有機栽培・・自然界に存在するものであれば使用可能とされている。

          堆肥、銅を使った農薬(ボルドー)なども使用可能。

          木村さんの自然栽培よりは慣行栽培に近い

○ 木村さんの自然栽培・・・・堆肥は入れない。肥料も使わない。

                   農薬も使わない。

                  薄めた酢は撒くが、農薬というよりは

                  微生物の力関係を変えると考えられる。 

     ☆ 再現性があることの証明がなされつつある。何人かがこれで成功している。

         例えば、Y.斎藤さんは18年。E.佐々木さんは5年の実績がある。

     ☆ メカニズムの解明→今は何も解明されていない。

                   →今後の課題

自然農法・・・過去に実践した人はあるが、それを受け継いで成功している人はいない。

          → 再現性が証明できていない。

apple 自然栽培は放置栽培とはちがう。

  米を10a当り 500kg収穫するところも出て来た。・・・自然農法で。

             (普通は560kg ほどの収穫量なのであまり劣らない)

apple 自然栽培だと、生物の多様性が高い

        病気はでるが蔓延しない。葉は患部を自分で落として拡大を防ぐ。

        葉の中にも微生物(菌)が多い。

    *  *

木村さんのお話しは、とても具体的で、迷いを感じさせない。

開口一番「百姓に誇りを感じている」

      「日本の米を安全なものにしたいと考えて、提案をしている」

              と話されました。

そう云わせる自信、それは木村さんの弛まぬ努力であることは間違いないことですが、

それだけでなく、観察、実験、好奇心。。。Img_0998_640x480

失敗を恐れない人間性? 

  なのかもしれないと感じられました。

従来の農業で大量に使用する肥料。

その施した肥料の1割が作物に効き、

  後は雑草に1割、土に2~3割残り、Img_1003_640x480

  残り40~50%はガス化して大気へでる。

           これも知らないことでした。

      *   *

   土を活かす 

   土壌微生物を活発化する

   作物を活かすImg_0996_800x478

   原種を学び、敵地、適作する

   根を活かす

   葉を見て、見えない根を知る

    箇条書きにすれば以上のようになります。

  その具体的なお話は時間を忘れるほど、面白く、成るほど~と感心しきり。

      *  *

Img_1032_640x480 雨のリンゴ園で、

「落ちてたりんごだから、美味しくはないよ」

そう云いながら、私達に下さった

奇跡のリンゴです!

大切に持って帰りました。

嫁ちゃんが帰ってきた時に

家族5人で少しずつ、しっかり味わっていただきました。

酸味もあり、思い入れもあり。。。私には複雑で、格別な美味しさでした。

なかなか手に入らない貴重なりんごです。

何でも、ずっと長く置いていても、腐らないで、唯、しなびてくるだけとか。

          

               

« 弘前大学シニア・サマーカレッジ ・ 3 | トップページ | 奈義町の蕎麦畑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

apple奇跡のりんご・・・・・tvで知りました。
何度失敗しても、それを温かく見守ってくれた
家族愛にも泣かされました。
研究熱心で思いやりのある方なんですね。
林さんのお人柄に誘われバス3台とは・・・・驚きました。
自然栽培に興味が湧きます・・・・主人の弁で~す。

お嫁さんはおめでたではなく、入院されていたんですか??

apple名無しのゴンベエ様、コメントありがとうございます。
多分、静岡のO様だと思うのですが・・・間違っていたら御免なさい。
木村さんのお話は、私のような家庭菜園をほんの少ししているだけの者にとっても、大変興味深いものでした。具体的なことを分かりやすく話して下さいましたよ。
ブログではあまり触れませんでしたが、もう少し詳しいことをお知りになりたければメールいたしますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弘前大学シニア・サマーカレッジ ・ 3 | トップページ | 奈義町の蕎麦畑 »