« マイガーデンより ・ シュウカイドウ | トップページ | バナナケーキのレシピ »

2011年9月30日 (金)

マイガーデンより ・ 台湾ホトトギス

Img_1080_640x480トトギスの地味な花が咲いています。

我が家のこれは、

台湾ホトトギスとラベルが付いて売っていたものですが、

我が家にホトトギスは、これ一種しかないので、どこがどのように違うのか比べようがありません。

Img_1081_640x480_3

中心に色の濃い、先が3つに割れたもの、これ雌蕊でしょうか?

詳しく観察したこともないままに、この写真を撮って、

大きい画面で見ると(肉眼よりずっとはっきり見えます)、、、

ヒゲというより透明な玉みたいなものが並んでいますよ。

これって何?   画面上でクリックしてみてください。

   どう?    見えましたか?

花って夫々に、とっても個性的な形や模様やあって、

不思議ですね~~         つぼみは、こんな形です ↓

Img_1083_640x480

                   こちらは 全体の姿ですImg_1085_480x640

       *   *

夫と同業の、とても親しくさせて頂いているM氏から、大きめの封書が届きました。

楽器の演奏もされますし、今や音楽会のプロデュースまでされる方です。

              職業は音楽とは全く、何の関係もありません。

M氏からの封書には、氏が係わるコンサートの5つの案内がありました。

その中に

 「ありがとう!! 台湾」 名曲名器演奏会

  -- 久保陽子と台湾大学交響楽団の共演 --

というのがあって、  これは

  台北国家音楽庁(ナショナルホール) ・・・つまり台湾であるのです。

     *

これ、なあ~に?  って思いますね!

 このコンサートの趣旨をM氏の文章から引用してみると

       *

3月11日の東日本大震災当日以来、台湾の国民をあげての、世界最大の物心による支援(義援金は8月現在で200億円)は、日本国内にも伝わり、感激と感動を呼んでいるが、残念ながら日本人の有志による台湾の2大新聞への感謝の広告以外、主だった日本から台湾への感謝の行動やメッセージがあまり伝えられていない。

4月初めに岡山において、台湾からの2本のヴァイオリンの超名器を使用して、台南でダムを建造した八田與一氏の生誕125周年を記念する「名器コンサート」が7回行われたのだが、大震災と福島原発事故で外国人が日本から離れた時期にも係わらず、日本人の心を慰めるために20億円の名器が日本にやってきたのです。台湾の人々の暖かい心に大きな感動と反響を呼びました。

そこで、同様のコンサートを台湾で行い、日本から台湾の人々への感謝のメッセージにしたい、日本と台湾の精神的な結びつきを強めたいと考えました。

     *

かいつまんでご紹介すると以上のような文(M氏の)です。

  岡山での名器コンサートのことは私のブログでも書きました。

勿論、台湾までコンサートを聴きに行ければ一番良いのでしょうが、

今は家を空けることができません。

せめてM氏の熱い気持ちを応援するべく、出来る範囲での後援をしたいと話しています。

M氏には台湾へもご一緒させて頂いた仲です。

そして、M氏は台湾のご出身で、弟さんが台北にいらっしゃいます。

お二人で力を合わせてこのコンサートを企画、立ち上げをされたようです。

  一口 5,000円の寄付を募っておられます。

是非、大成功しますようにと願っています。

« マイガーデンより ・ シュウカイドウ | トップページ | バナナケーキのレシピ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイガーデンより ・ シュウカイドウ | トップページ | バナナケーキのレシピ »