« デイゴの花 | トップページ | 小さな旅 ・ 2 »

2011年7月16日 (土)

小さな旅をしてきました

ブログの更新を小休止して、小さな旅へ行ってきました。

某旅行社のツアーでしたが、人数が集まらなくて

不催行かな?  ・・・ が、催行となりましたscissors

Img_0377_3 参加者7名、添乗員、その道に詳しい案内の方、

 バスのドライバーとガイドさん。  全部で11人

←黄泉の国への入り口 の案内

そう!  訪れたのは神話の世界、

古事記の世界を訪ねて

出雲の国、因幡の国を巡るツアーです。

歴史には興味が薄い私。まして古事記の世界などはチンプンカンプン!?

前もっての勉強会は・・・東京だったのでパス

でもその時のDVDとテキストの小冊子が届き。。。予習?

予習って、ダメですね~sweat01

ちっとも頭に入ってこない。 

まあまあ。。。そんな事は成り行きに任せて。。。

しかし、古事記にまつわる神社ばかりを巡ります。

一般的な観光は一切なしsweat01

では何故、このツアーに参加したか?

それは東北の言葉と共通するものがあったり、

出雲って、何かあるなあ~ もっと知りたいなあ~

と、そんな気持ちがあったからなのでしたが、

古事記は全く興味のない世界でした。

どうしてこのようなツアーが企画されたのか?

それさえ、解っていない私でしたが。。。

来年が

古事記が編纂されて1300年。

だから、今、古事記。。。ということらしい!

ブログに詳しく書ければよいのですが、とてもそこまでの理解ができていません。

千切れちぎれが、少しくっついたら、少し書きたいと思います。

出雲は豊かな国なのだという認識はできました。

緑一色の田圃がとても美しかったです!

 

« デイゴの花 | トップページ | 小さな旅 ・ 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。
仕事でペルーへ行ったときもスイスに行ったときも、そうでしたが、
何度読んでも向こうの地名が覚えられなかったのに、
帰って来てからだと、難しい地名などがスッと言えるようになる。
出雲のことは、私らからすると暗い山陰という印象が強く、
ヤマタノオロチ伝説、黄泉の国から逃げ帰ったイザナギのミコト?
因幡の白兎などを断片的に覚えている程度。
TOMOKOさんにはごく近い場所ですが、、、
私らにはよほど何かきっかけがなければ、、行けません。

3日も?ブログの更新がなかったので、「あっ!きっとまたどこかへお出かけ?」っと思っておりました。
「神話の世界!」でしたか~
私、この方面への旅では小さな一畑電鉄が田んぼの中を走っているのがのどかでいいな~と思ったのを思い出します。
映画にもなりましたね~
近所の目の不自由なおばさんに、お薬師さまのお札をいただいてかえりましたが・・・

ご旅行だったんですね。
古事記の世界を訪ねて・・・・
1300年も遠い昔に思いを馳せたんですね。
歴史に弱い私で~すdown
出雲大社に独身時代行きましたよ。
ご縁を信じて・・・happy01

busオラケタルさま
旅行へ行く前の予習は、全く頭に入ってこなくて情けないかぎりです。
帰ってくると、地名や位置関係などが解って、もう一度行けたらいいのになあ~なんてね!
今回は神様のお名前が覚えられませんsweat01

busとんちゃんさん
一畑電鉄・・・乗りたかったですが今回はマイクロバスばかりでした。
人がほとんと行かないような、ひっそりとした神社ばかり。
観光化してなくて、そういう意味では良かったのかしら?
神様の系図とか、名前とかが頭に入れば、それなりに楽しいのかなあ~?
まだ、さっぱり覚えられなくてsweat01 私、本当に呆けがきているのかな~?
って、心配になってきましたshock

busおばさま、
いつも訪ねてくださってありがとうございます。
とても暑い毎日でした!!  
何とか熱中症にならずに帰ってきました。
出雲大社は今、遷宮にむけて工事中。覆いの中でしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デイゴの花 | トップページ | 小さな旅 ・ 2 »