«  ヨーグルトケーキ と きなこ飴 のレシピです | トップページ | 高山へ ・ その2 »

2011年5月20日 (金)

高山へ

シニアカレッジの同期会で、大阪、奈良を愉しんだ翌日は

本物のクラス会・・・こんな云い方は可笑しいかしら?

高山市内の旅館で落ち合うことになっていました。

だから、どこかで1泊しないといけなくて、奈良、京都の駅近くの宿を探してみた。

でも、京都の駅のあたりって、案外空きがないし、高いんですね~

そこで、名古屋まで行って泊ることにしました。

     駅の続きと云えるくらい近くて、素泊まりで5300円・・・悪くなかった。

名古屋から高山までは ↓ この電車に乗ります。

Img_9725

一人で乗るってこともあって

わくわく・・・ドキドキ・・・  駅に早く着いてしまいました(笑)

時間待ちしていたら、こんなものが目に入りました~  ↓

Img_9726

切り絵の感じに仕上げてあって、すごく洒落てるって思いません?

他の駅にもあるのかしら? 

私は初めて目にしたものだから、カメラを向けてしまいました。

高山までは約2時間15分

車窓からの眺めがとっても好いの、

右も好いし、左も見たいし。。。って感じです。

田植えの終わった田圃・・・水田に早苗が爽やかです。

今日は田植えかな? って感じで・・・農作業している人もいる。

そんな日本の原風景に心癒されながら、どんどん山深く進んでいるような気がします。

Img_9728_640x480 川幅が広いところでは ↓ のように豊かに満々と。。。多分ダムの関係だと思う

Img_9735_640x480そうかと思うと↓のように急流になったり・・変化が激しい・・だから飽きないんですね

Img_9739_480x640

木曽路はすべて山の中である。。。。という書き出しは

島崎藤村の ≪夜明け前≫ だが、ふっとそんなフレーズが

何故か頭に浮かんできたりする。 旅の愉しさでしょうかねえ~

高山の町に降り立つと、涼しさじゃなく、少し寒さを感じる。

宿までは歩いてもあまり遠くなさそう。。。

町の、こだわりのある景観(街並み保存とか・・・)が感じ取れる通りを

一つ一つのお店を興味津津で覗きつつ、ゴロゴロとトランクを転がしながら進む。

立派な飛騨家具や木工製品のお店が目をひく。

山深い土地へ来たことを自覚させられます。

そして、お肉屋さん。。。飛騨牛を扱っている肉屋さんも目に入る。

荷物を宿に預けて、 さ~て 一人で何所へ行ってみようかな~?

         ここは、古い街並みと案内板が出ている通りの一つ ↓

Img_9742 高山の、朝市が並ぶことで有名な宮川をこえると、

古い街並み・・・と案内の出ている通りが幾つかあって、

気の向くままに、そこへ足を踏み入れてみた。

朝市の通りではないけれど、店先に並べて売っています ↓

Img_9744 大根の種のような、丸い形のこれ ↓ 何でしょうか?

Img_9743 おじさんがいたので訊ねてみると、

「これは焦がさないように炒って、それをすり鉢で摺る。

それから、甘くでも辛くでも、お好みに味を付けて・・・」と教えてくれました。

そして、「何でもあえて・・・」の説明に続くんですね。

それから「五平餅につけてるのが、これ。。。」との一言が加わり。。。

ぐっと、身近なものとして感じました。。。五平餅食べたい!

後で判りました。。。≪えごま≫でした。

えごま・・・今までは青シソに似た葉しか見たことがありませんでした。

      点でしかなかった知識が、ここで2ミリ位の線になったかな?

だからどおってこともないけれど・・・こんなことがとっても愉しいですね!

歯医者さんも こんな感じで街並みに溶け込んでいます。 

Img_9746 こちらはクリーニング屋さん ↓  面白いでしょ!

Img_9753 和ろうそくのお店も珍しいですね。Img_9748 ここも、観光客がすごいってほどじゃない(土曜日なのに)。。。

だけど、町全体が生き生きしているって感じが伝わってきましたよ!

シャッターの閉まった建物や、空き地がなかった様な気がするから。。。

それで、そう思ったのかもしれないですね。

お昼は、恵比寿さんでお蕎麦を戴きました。

おろし蕎麦を頼んだんですけど・・・

 「今の大根は辛みが薄いですよ。宜しいですか?」

 「そして、冷た~い お蕎麦です」

         ・・・ 仲居さんのこんな一言がとても親切で嬉しかった~

Img_9750

また、長くなりそうなので、ここいらで一旦終了といたします。  つづく

«  ヨーグルトケーキ と きなこ飴 のレシピです | トップページ | 高山へ ・ その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

高山 好きです。
何回もいきましたよ。
小京都という感じですよね。
次男は名古屋の学校でしたので、1泊し
翌朝 高山に。碁盤の目のようでわかりやすい街並みですよね。
UP懐かしく拝見。
続きが楽しみです。

こんばんは
うらやましいです。高山にいかれたのですね。若い時高山や上高地にあこがれていて通信教育のスクーリングで知り合った友人と高山であい、上高地まで山越(バスで)した懐かしい土地です。市内の中心部を流れている川がきれいでした。市内も自転車で見学できるくらいこじんまりしていて、また行ってみたい土地です。

trainおばさま
コメントありがとうございます。
高山…本当に好い街で、近ければ何度でも行きたいと思わせる街ですね。
賑やか過ぎないことも魅力でした。

trainさっこさま
コメント有難うございます。
仙台の方からだと、どんなルートが便利なのでしょう?  名古屋からでも2時間余りですから
やはり不便で遠い土地で、なかなか簡単に何度も…とは行けそうにないです。
上高地は私にとっては常に憧れの地です。梓川の水色が忘れられません。新緑がきれいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  ヨーグルトケーキ と きなこ飴 のレシピです | トップページ | 高山へ ・ その2 »