« 今日は 「花祭り」 | トップページ | 4月11日 その1 »

2011年4月10日 (日)

月、一度の集まりで。。。

昨日は、我が家のフリースペースをつかっての、

月一の集まり。。。 歌を歌い、鑑賞し、お茶をする。。。でした。

お茶のお菓子は私の役目・・・今度は何をつくるかなあ~ ? と

いつも頭を使います。  が、今月のお菓子は案外すんなりと決まりました。

                これ ↓ です  

Img_9280_640x480   そう、ロールケーキ・・・ココア生地というだけで、何の変哲もないケーキです。

しかし、講釈をつけてみると、こうなります。

白州正子さん・・・きっとご存じの方、多いと思います。

今年はその白州正子さんの生誕100年ということで、

記念の展覧会が開かれていたり、テレビでも白州さん関係の番組があったりしています。

私は、彼女の本物を観る目・・・にとても影響を受けたように、自分で思うのです。

2003年、白州さんのお住まいだった 武相荘(ぶあいそう)と名付けられた

茅葺のお家へ行きました。(見学です)

  JR町田駅で小田急線に乗り換え、鶴川で降り15分くらい歩いたところに

                                 そのお家があります。

そこで記念に1冊の本を買いました。

沢山の本の中から私が選んだ本。。。

それには白州正子さんが

娘にねだった  洋風“おふくろの味” が載っていたから。。。

そこに、このロールケーキのレシピも出ていたのです。

白州さんのお好きだったロールケーキです。

           *

昨日は、前もって音楽の先生にお願いをしてありました。

この大震災のあとですから、 鎮魂歌をなにか。。。。と。

先生が、どんな曲をえらんで下さるか興味がありました。

  グルーグ作曲 ペールギュントより オーゼの死

  主人公ペールの母親オーゼ、そのオーゼが死の床にある。

  その傍らで語られる沢山の話し。。。

  それを聞きながら母は天国へと旅立っていく。。。との解説。

                 とても良い曲でした

もう1曲は パブロ・カザルスの 鳥の歌

これは私も以前から好きでよく聴く曲です。

カザルスさんは有名なチェリスト、スペインのカタロニアの生れです。

彼は平和を広く世界に訴える活動をされました。

この鳥の歌も、国連で 演奏されたときいています。

そして「私の故郷では鳥が ピース ピース と鳴きます」と話されたそうです。

お名前のパブロとは平和、ピースにあたる言葉だそうです。

    昨日はミッシャ・マイスキーの演奏で聴きました。

       *

昨日の朝のテレビでしたが、

世界的な大指揮者、ズービン・メータさんが

大震災に遭った日本のために、犠牲になられた多くの人のために

追悼演奏会を開いて下さることを知らせていました。

メータさんご自身も3.11日は来日中だったそうです。

演奏会の曲目は、日本人も大好きなベートーベンの第九

きっとテレビでも放映されることでしょう。楽しみにしておきます。

音楽のもつ力を信じて、音楽家の人達の活動が

あちらこちらで伝えられます。

有り難いことですね。 嬉しいです!

疲れて、気持ちの沈んでいる多くの人達のなぐさめとなり

希望の光となってほしいと願われます。

« 今日は 「花祭り」 | トップページ | 4月11日 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても良いお話に胸が熱くなりました。
感動しましたheart04
鳥がピースと鳴く・・・このような素晴らしい方が世界中には多く居られることが嬉しいですね。音楽の力も素晴らしいnotes

白州正子さんの生き方も、感動します。
教育TVで放映されていた『美の壷』で、細川元総理が白州さんのお話をされていました。
その時、彼女に興味が湧き調べもしました。
女性として尊敬もします。

tomoko様の回りには、こころ暖かな方たちが多く、和みます。
私はお知り合いになれたこと、とても
嬉しく思います。

この武相荘は、私の叔母の家の近くです。連休が終わったら訪れたいと思っています。丁度叔母の家に行きますので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は 「花祭り」 | トップページ | 4月11日 その1 »