« がんの在宅緩和ケア | トップページ | 旅・二月堂のお水取りに関連して-2 »

2011年3月 6日 (日)

旅・二月堂のお水取りに関連して

いつも届く小冊子。その中のツァー旅行に魅かれて参加してきました。

二つのテーマを持った旅でした。

その一つが、奈良二月堂のお水取りです。

ちょうど出発の前日から始まったばかりです。(3月1日から)

まだ行ったことが無く、初めてですし、私にはその意味すら解らない。

そしてお水取りに関係するお水送りというものが3月2日に行はれ、

旅の始まりは、このお水送りに合わせてありましたが、これは初めて耳にした言葉で何をするものなのか全く解りません。

先ずは、お水送りに関したことをUPしましょうか。

一体何を行うのでしょう?  

行けば解るだろうと私は呑気にかまえ ての出発です。

結論から先にいうと、解りませんでした。もやもや感が募りました!

Img_8695

あっ  伊吹山みたいです!  雲がかかっているけどきっとそう!

な~んて、喜んでいる間にも、雪が降りはじめるじゃないですか~~

わ~  雪だ~~ この時の気持ちは複雑です。

「寒くなる」「雪が降るかもしれない」。。。と、天気予報も

添乗員さんからの電話でも聞かされていましたが、

本当に雪が降るなんて、信じられなかったんですよ。

冬の間に1度くらいは雪景色を見てみたい。。。とは思いましたけれど

こんな場所で、こんな形でそれが叶うなんて。。。

嬉しい半面、ちょっと複雑。。。

Img_8698 車窓からの景色です。

夕暮れが迫るころ、お水送りの神事が行われる神宮寺へ着きました。

そうだ、場所を云わないと解らないですよね。福井県小浜市です。

Img_8730  Img_8732

すでにみぞれが降って、寒くなっています。

私達の目に見える神事は7時頃からだというのですが、まだ5時半くらいですよ。

かがり火を囲んで暖をとりながらといっても、時間がありすぎ。

みぞれは激しくなるばかりだし。。。下のテントへ入ってみました。

甘酒やうどんなどの販売があり、腹ごしらえをする人。甘酒で温まろうという人達が大勢います。

  *申し訳ありませんが、これより先の写真はクリックしたら巨大になってしまいます。

      操作するのをうっかりしていました。やり直す元気がありません。

Img_8742 Img_8741

右の写真の人達は、松明(たいまつ)の行列に加わる人が、

千円で買った小さい松明に願い事を書いているところです。

この神事で、私達が見ようとしていることが解ってきました。

神宮寺から松明を持った行列が2㎞ほど歩くのです。

松明には大松明、中松明、それから一般の人も参加できる手松明があることも。

お香水(こうずい)と呼ぶ神聖な水を2㎞先で、遠敷川(おにゅうがわ)の

ある個所(鵜の瀬)に注ぐのです。

その水が10日かかって、奈良、二月堂に流れ着く。

と、こういうことらしいです。

3月12日、二月堂ではその水を汲んで、ご本尊の観音様にお供えをする。

だから、一般的にお水取りと云われています。

                    *私の理解なので間違いがあるかもしれません。

松明の行列より1時間くらい前に、寺へ入る人達です。 ↓

Img_8735 Img_8738

いよいよ神事がクライマックスに入ってきたようです。

松明の火の粉を撒き散らしながら、右に左にと動いています。

雪が激しくなりました。

一斉にたかれた、カメラのフラッシュ に

暗闇の空から舞い落ちる雪が・・・キラキラ キラキラ と

それはそれは美しい。 

とても幻想的で、決して忘れないだろうと。。。そう思えた一瞬!

大勢の人ごみに揉まれながら、コンデジではとてもとても。。。

Img_8744Img_8749

ホラ貝を吹きならす山伏姿の人たちが、境内へ下り

これから、大護摩から松明へと火をうつすとのことです。

私達は場所を移動したので、その様子を見ることはできませんでしたが

かなりの時間が経ちました。

やがて、煙がわ~っと 辺りが真っ白になるくらい広がり

樹木の向こうの方が明るく見えてきました。

Img_8751 Img_8752

大松明が一番に進みます。そして中松明、手松明の順です。

見えてきましたよ~

Img_8758 Img_8759

Img_8761 Img_8762

目の前なんですけど、タイミングが難しいなあ~~

Img_8763 Img_8764

次は一般の方達

Img_8774 Img_8772 

後ろからついて行きますよ~

Img_8776 Img_8777

川沿いの道に出ました。光の行列がなが~く伸びています~~

後ろを振り向いても、やっぱり なが~い! 

みぞれ交じりの雪が止みません。

みんなカッパ着てるし、誰がだれか分からなくて、はぐれることが心配で

初めて腕組みして歩いたんです。

Img_8784 Img_8785

ここで、お香水を注いでいるんだと思うのですけど・・・河原に下りて

水の中だと思います。

近づいて、見よう との意欲が失せていました。

無事に集合場所にたどり着いたという安心感が先にたちました。

9時40分位にバスは出発。この後、雪がますますひどくなって・・・

でもヘッドライトに映し出される光景がきれいでね!

                    続きます

 

« がんの在宅緩和ケア | トップページ | 旅・二月堂のお水取りに関連して-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

伊吹山が雪をかぶっていますね!
西大寺の会陽が済んだら、春が来る!と思っていましたが、やっぱり2月堂のお水取りが終わらないといけないのでしょうね~
お水送りの神事、興味深く拝見しました。

今晩は!!
旅行中は、お世話になりました。早速遊びに来て下さって、ありがとうございます。お水送りの写真素晴らしいですね。
私のカメラは、暗いと全然だめです。
ぜひリンクさせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がんの在宅緩和ケア | トップページ | 旅・二月堂のお水取りに関連して-2 »