« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

マイガーデン ・ クリスマスローズ

Img_9212_640x480

  義母の庭から来た クリスマスローズ

義母は花が大好きでした。

亡くなったあとの庭に大きい株になったこのクリスマスローズが

幾つも残されていました。

家は空き家になり、当然、庭を手入れしたり、愉しむ人がいなくなったのです。

我が家とはすぐ近くではありますけれど。。。

頻繁に行くことも、まして手入れをしに行くことはなくなってしまいます。

それで株を堀あげ、鉢に植えたり、地植えにしたり。。。

数株もらってきたんです。

それらが今年は元気です。

Img_9211_640x480

ベンチのそばに2鉢置いて。。。お日さまに当たりながら眺めていると

ほっと、心が休まります。

私が買った株では ↓のような色も咲いています。

Img_8933 Img_8932

スケッチしてみました~

Img_9214_480x640

マイガーデンより ・ イカリソウ

Img_9206_480x640                イカリソウが咲いていました。

一気に花たちが咲いてきたようです!

風が吹いて乾燥しているからと、気分転換を兼ねて

ホースで水をやっていたんです。

このまえUPした白木蓮の足元に、水をかけて。。。

あっ!  イカリソウだ!!   もう咲いてるんだ!  ってhappy01

株が全然大きくなってないですsweat02   なんだか生れたての赤ちゃんみたい

水がかかってしまってますけどsweat01

Img_9207_480x640 Img_9208_480x640

Img_9209_480x640 Img_9210_480x640

赤花のイカリソウはまだつぼみばかりでしたが、

古い葉が残っているだけ元気そうにみえました。

              今日は写真はありません

どちらも義母が植えていたものを義母の死後に

だまって…だって誰もいなくなっちゃったんですものね~ もらってきました。

せめて、身近において義母を偲んであげたい・・・

    私も花が大好きだから・・・一石二鳥かな?

もう一つ、義母を偲ぶ花が咲いています。 次にUPしますね。

マイガーデンより・花ニラ

Img_9185_480x640 マイガーデンはすっかり春 。

今日は気温も上昇してきて、室内より戸外の方が気持ちがいいheart04

Img_9179_480x640

春の陽気と裏腹に、皮肉なことに今朝からの頭痛がじわじわとひどくなってきた。

今日は一人で留守番で、本当ならルンルン気分で、したいことや

しなきゃいけないことが、山積して、今日の日を待っているんです。。。

気分転換というより、頭痛を軽減させたくてカメラ片手に庭へ出てみたんです。

日当たりのあまり良くない一角に、ハナニラの群れがあり、

年々、あれれ~ という感じで数を増やしています。

混み合って、日当たりもよくないし、、、貧弱? もやしっこの様ではありますが

花が咲き始めました。

優しい色合いの花です。

Img_9180_480x640 Img_9184_480x640

Img_9182_480x640 Img_9183_480x640

Img_9186_480x640 Img_9181_480x640

内側の色がすこし濃いブルー系。化弁の外側は筋になった強い色が個性的です。

細長い葉の形と、匂いから ニラ と名付いたのでしょうね。

黄色から始まった(と私の思う)春の花が、紫系の花に移ってきました。

こうなると、本当に春だなあ~ って感じます。

    庭に出ても、花と遊んでも私の頭痛さんはしっかりやってきて・・・

                      又 薬に頼りましょうかねえ~shock

2011年3月30日 (水)

ミモザと白もくれん

Img_9176_640x480

我が家のシンボルツリーです。  

ミモザが見頃ですが、もしかしたら例年より花数が少ないかもしれません。

例年は、木全体が黄色くなるくらい花で覆われるんですけどね~

奥に見えているのは 白もくれん 

この2本の花が咲いている時が一番の見ごろなんですよ。

でも、木蓮は花の咲いている日数がとても短くて

おまけにこの時期には強い風が吹くことがおおくて、

        雨に当たってもすぐ傷んでしまいますね。

バックに青空が(この写真よりもっと青い空)ないと花も冴えないですが

なかなか、よいシャッターチャンスに恵まれなくて、やっとこのくらいです。

Img_9177_640x480 

Img_9178_640x480

2011年3月29日 (火)

ボランティアでした

今日はボランティアでした。

Img_9104_480x640_2                              シュンラン

今日は、休みの人、早く帰りたい人があり、少人数でした。

3月の火曜日は今日が最終日とあって、

飾ってあったお雛様も片付けなくてはいけません。

昔からの岡山のおひな祭りは4月3日なんですけれど

それを云っていたら、4月のイベントとの兼ね合いで、

片付ける時がなくなってしまいますから、

どうしても今日、片づける必要がありました。

そして、今日は患者さんのご家族の方によるファミリーコンサートが

あるから。。。というので、片付けも大急ぎ!

何とかなんとか、片付きました。

コンサートのメインである患者さんはベッドで入ってこられました。

若い男性(学生さんかしら)がピアノに向かいました。

・・・ベートーベンの悲愴。。。2番。。。・・・ とか聞こえたような?

私達は、なるべくお邪魔にならないようにしながら

花瓶の花や水の取り替えなどをしていたんです。同じ部屋で・・・

仕事をしながら聞こえてきた曲。。。

  。。。あ~っ!  とても懐かしい~~ なつかしい曲ですnote

それは私が学生(高校生)だった時の体操会で、

その曲に合わせて、朝から夕方まで1日に何度も繰り返し練習していた

あの曲! 

今は、彼がお爺ちゃんのために演奏している曲なのでした。

Img_9099_480x640 ご家族数人。。。と看護師2名ほど  と、ドクター1人  と、

           他の患者さんや付き添いの方などが4人ほど同席していました。

そのピアノ演奏が終わると、

今度は同じ男性と、女性が加わって二人でフルートの演奏に移ったんです。

季節の歌。。。懐かしい曲。。。優しい曲が次々に演奏されました。

お姉さまと弟さんかと思っていたら、親子さんだって。。。!

いいなあ~~ って羨ましく感じました。

おじいちゃま。。お父様のお気持ちはいかばかりかと。。。

勝手に想像するしかありません。。。

でも、ご家族の方々にとって、忘れることのないほっこりした思い出になることでしょう。

Img_9102_480x640 この場に同席してらした方に、先週お話をさせていただいたときに

私のカメラからシュンランの映像を見て、

「私らのところでは、これのことを ハックリバアサン ってゆうんです」と云われたの。

                       岡山、建部の方です

初めて耳にする呼び名です。  すると、そばにいたボランティアの人は

「わたしらぁは、ジジババって云いますよ!」って。これも初耳です。

                      岡山市内の人

いや~ 参った!!  って感じがしました~Img_9103_480x640 この写真のシュンランはマイガーデンで咲いているものですが、

今年は背が低いです~~

山に行っても、見かけなくなってしまいましたね。。。

                  *

夕食後、CDをさがしてみました。

ベートーベン。。。悲愴?

   えっ!  悲愴? 。。。ほんとかなぁ~。。。

ホスピス病棟で 。。。 悲愴?

 そう思いながら・・・ あっ  ある!

ベートーベン の悲愴。。。確か2番とか聞こえたような。。。(あやふやな記憶)

かけてみたんです。

 。。。。やっぱり、これでしたよ!  

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」  この第2楽章です。

懐かしさの中に、学生の私がいます。

その時の体操までも何となく覚えています。。。

  でも、これからはこの曲を聴けば、今日のことを思い出すでしょう。

2011年3月27日 (日)

椿の花・・・出版記念講演会の続きです。

Img_9167_3

講演会だから。。。。って、友人が持ってきてくれました。

そのまた友人のお宅に咲いたいろいろな椿です。

Img_9156              優しい色合い~~Img_9157               下のぼかしの小さい花、わびすけでしょうか?Img_9158

               曙つばき・・・? ↑

              こっちは ↓ 随分変わっていますね!

Img_9162_2

              すこしズームして。。。Img_9160                 もうすこしズーム これだけでも花びらに見える!Img_9159              先にでてきた わびすけ  かな?  可愛いね!Img_9163 Img_9165 Img_9166

           *

 友人、知人。。。多くの人の協力で、昨夜は楽しい会がもてました。

まだまだ小さな輪だけど、少しずつ輪が大きくなるといいなあ~と願っています。

知人の出版記念講演会

昨日夕方から、我が家のフリースペースです。

Img_9175 フリースペースと呼ぶのが一番書きやすいと思うからこう書きます。

    過去に何度か説明的に書いたけど、再度説明を入れます。

    このスペースは、夫の仕事場でした。3年前にその役目を終えました。

    しかし、夫は「倒してしまうには忍びない」「何かに使えないかなあ~」と云うのです。

    私達で喫茶店を開くってこともできないし、誰か使ってくれるような人も思い当たらない。

    長年、この地で仕事をさせていただいた、その恩返しといえば、ちょっとかっこ良すぎますが、

    そんな気持ちがあって、フリースペース(固有名詞は別にあります)としたのです。

    光熱費くらいの僅かな使用料をいただいて、催しものとか、お集まりとかに利用しながら

    地域の人達が、

    知らない人→顔見知り→名前知ってる→話したことがある→ちょっとした知り合い

    こんな具合に繋がっていけたらいいなあ~

    何かの時に助け合える知人、友人になれたらいいなあ~~

    そんな願いを込めた、小さな建物です。

そこで、娘と同級生のお嬢様がいらっしゃる小山さんの講演会をしていただきました。

野菜食堂 こやま を開店して10年

この度出版された本が好評で、お弁当付きの講演会をあちこちで開いているのです。

その流れに乗って、我が家でも。。。

地元でもあるし、親友の方が力を入れてくださって、

30人余の少人数、会費も安く(1500円・お弁当付き)して、、、だから

小山さんには気持ちだけのお礼しか出来ない。と初めからお断りをいれ、

それでも、快く引き受けて下さったのです。

ご主人さまが体を悪くされ、どんどん悪くなるなかで、出合った

自然食・・・玄米食とひと口で簡単に云えるものではないようです。

徹底的にこれと取り組み、その甲斐あって

ご主人様、今は お店で働いておられます。

その間の苦労話し(お米を買えるか? 子供をどうやって育てていこうか?)を

交えながら、科学的な、学問的な言葉も沢山でてきます。

彼女がどれだけ真摯に取り組んできたかが伝わってきました。

「損か、得かといえば、私は損な道ばかり歩んできたように思う。

でも、そのお陰で出版となった時に多くの知人が助けてくれた。

損な道を来て良かった。」と話されました。

Img_9167               友人が届けてくれたアレンジメント 椿とトサミズキ(?)

5色の野菜を食べる  黒、赤、白、黄、緑

素材を全部食べる (捨てるところなく)

肉、魚はほとんど食べない

白砂糖は食べないようにする

その土地で育った季節の物を食べる

   食事のことを「ごはん」と云うように

   穀物(主食)   5

   野菜(副食)   2

   魚介        1   ・・・こんな割合で食べると良い

     。。。。魚介はサプライズ!  

           サプライズだから、時々たべる。

           時々だから、おいしい!

まだまだ

た~くさん、沢山、いろんなことを話して下さいました。

時間がいくらあっても足りない感じで。。。

            * 岡山大学の医学部などでも講演されています

               *

  椿の花がいろいろあったので、次にその写真をUPしますね!

2011年3月21日 (月)

お彼岸です・・・

昨日午後から、予報通りの雨となり、今朝もまだ降っている。

洗面所でラジオを聞きながら、身支度中

ふっと、19日の土曜にお墓参りを済ませてよかったなあ~ などと思った。

昨日(20日)は,前日から準備をしてあった、

おはぎを朝からつくり。。。Img_9076

知人、友人に少しだけ届けた。

子供たちが家にいた頃は、必ず作っていたけれど、

近年は作らないこともある。

いつもなら、既製の餡を買ってくるのだけど、

今回はそれだけの為に車を走らせるのは止めたいと思い、

ちょうど小豆の買い置きがあったので、

すっごく久しぶりにあんを炊きました。

砂糖の加減が少なかったようで、

青海苔のおはぎは味が物足りない・・・

友人に手渡しながら

「食べる時には、青海苔→きなこ→あんこ の順番で食べてね」

などと、言い添えたんです。

もって行く直前に友人に  「在宅中ですか?」 ってメールしたら

「Sさんの畑にいます~」 と、返事があって

私もSさんの畑まで行って、暫くおしゃべりを。。。

私の大好きな ムラサキハナナ が咲いている!

Img_9080 Img_9079

菜の花も咲き、いろいろな花の芽が確認できる

Img_9081 Img_9082

右上の はこべ は先日もUPしたところだけど、友人にアップの画像を見せてあげたら

感動してもらえたんです。

兎の耳みたいなところや、毛まで見える!って。

ムラサキハナナを数本もらって帰りました。

夜になってスケッチしてみたんです。  スケッチも久しぶりでした。

Img_9077 Img_9078                    ピンボケになってしまったね~

  普通のよく見かける花より、紫が強いように感じます。

  赤紫色の花なんだけど、この色がだせないですね~ 私の携帯用の固形絵の具で

  畑でのしばしの楽しい時間を過ごした後は

  マイガーデンでの力仕事。。。そして花の植え替えを少しして。

  こんな時間がとても楽しかった!

2011年3月20日 (日)

涙もろくなって

ここ数年私は随分、涙もろくなり。。。

新聞や本など読み物からや、テレビ、映画などの映像からも、

うるうるしてしまう。

ことに この度の東北関東大震災に関する報道からは

毎日何度も。。。

    悲惨な、気の毒な現状からは心底悲しみや痛みを覚えるのだが

    涙を流すにはいたらなくて

    涙が流れたり、うるうるしてしまうのは、

    その状態の中で、頑張っている人を見たり聞いたりして。。。

    私は胸が熱くなって、うるうる。。。するのです。

                  *

一昨日、仲よしの友人が 一冊の本を貸してくれました。

 イングリッシュ ガーデンの愉しみ  佐藤博道  吉備人出版

パッと表紙を見た時、 

    一面に緑が広がり、奥にレンガ壁の建物

     その前にバラが咲いて。。。芝生にも両サイドから花が流れるよう

私の好きだった ターシャ チューダーさんの本かと思うような本でした。

が、それは岡山で内科医院を開業されている現役の医師、

佐藤博道さんとおっしゃる方の本でした。

趣味が沢山ある方で…本の「おわりに」から引用すれば

  この本は、庭づくり、写真、文、画をすべてひとりでおこないたのしんだ記録である。

  人に聞けばすぐにわかることでも、私には独学でひとり調べることの方が

  楽しいのである。趣味は独学に限ると思っている。

           中略

  庭は小さい方がいい。ひとりで管理できて初めて自分の庭といえる。

  確かに小さくても自分の庭をもつことは贅沢ではある。

  しかし毎日楽しく暮らせることにまちがいない。 

  庭ほどいろいろな楽しみ方に満ちているものはないからである。

              *

  趣味、特技は、ガーデニング、読書、旅行、なんでも独学(料理、

  写真、墨彩画、囲碁、英会話、ゴルフ、フルートなど、ただし

  上達は望まない)。

A4を横にしたサイズ、左にご自身が写した庭の写真(おもに)

右ページにはご自身の考え、想いなどが書いてある。

そのページも、優しさがにじみ。。。医者らしい言葉もある。

その中から 一つ(一部)紹介します。

  ガーデンに完璧なものなどないのと同様に、人生でも完璧な人生なんてあるはずがない。

  イタリアでは、「歳をとるということは財産が増える」ことだというが、負の財産も増えていく。

  年とともに病気もでてくる。誰にも言えないような苦しみや悲しみも増えてくる。

  重い荷物を背負ったまま生きていくことが歳をとるということだ。

  年とともに人生の悲しみも深くなっていく。

  しかし、ガーデンにひっそりと咲いた花を見てひとり嬉しくなるような、

  また散っていく花に惜別の情を覚えるような、そんな身近な感動も増えていく。

  お年寄りが涙もろくなるのは、小さなことにも感動できるようになるからだ。

  人生の味わいが深くなるのが歳をとるということなのであろう。

まさに、ここ数日の私のうるうるを見られてしまったようなタイミングで

こんな言葉が心に響いてきました。

   私の可哀そうなガーデンの花を載せます。

   こぼれ種で沢山でてきたビオラ? と、においスミレです。

 Img_9050_2   Img_9048_2

 Img_9047_2   Img_9045_2

  Img_9040   Img_9043

 Img_9038  Img_9036  

2011年3月19日 (土)

花に癒しをもとめて・トサミズキ

Img_9053                  トサミズキ

ガーデニングという言葉がまだ一般的でなかった頃

それは30年? いやもっと前。。。

そう、今の家に移り住んですぐだから37年くらい前だろうか。

     家の周りに何か植えなきゃ! 何も緑のない土地に家だけが建っていて 

そこからのスタートなんだけれど、

庭仕事の好きだった母の影響だろうか?

花の咲きこぼれる庭・・・と云うものに憧れを抱き

パンジーの種まき・・・移植・・・移植

             こんなことを楽しくしたものだった。

偶然にも素晴らしく育ったスイトピーに道行く人が足を止めて見て下さったこともあった。

子育て真っ最中で、忙しかったはずなんだけど

            あれは若さだったんでしょうね~

突き進む・・・ということができたんです。

夢がありましたね。   その頃は。。。

今、自分の時間が一杯あるのに、体力がぐ~んと衰え

庭仕事が長く続かない。。。

種まきなんてことをしないでも、 お店に行けば

つぼみを付けた花の苗を幾らでも手に入る時代になった。

だけど、それさえもなかなかできなくて(情熱が薄れて)

私のガーデンは淋しがっている。。。

でも、今朝もまだ私の気持ちに元気がないから・・・大震災のニュースで

朝冷えの庭に、元気の種をもとめて出てみた。

春は黄色。。。黄色い花から春がやってくる!

今朝はトサミズキにカメラを向けてみました。

Img_9052           つぼみ↑から順番に 開いていく様子を↓

Img_9051                この辺りからが↓ トサミズキらしい姿です

Img_9056

Img_9061                覗きこんでみます↓

Img_9058                  アップしてみましょう ↓

Img_9057

Img_9060

Img_9055         青空をバックに、下から覗きました。

 今日は気温が上がると言っています。  嬉しいですね。

 被災された方達が少しでも暖かく過ごせますように。

 関東地方を主に、節電に努めている人達にも暖かさが与えられますように。

   微力ながら、我が家も節電、節約モードです。

2011年3月17日 (木)

みんな頑張ってるよね!

普段の暮らしのペースに戻さなきゃ。。。って自分に言い聞かせながらも

一方では、無理だよ!。。。と叫ぶ自分もいるんです。

そして、ついついテレビに引き込まれたりして。

援助の手が届かなくて、不満が爆発している様子も報道される一方で

 ・・・被災者や、当事者からの不満は当然としても

   部外者が勝手なことを口々に言う場合ではないと思うのですが・・・

今朝は避難している人達が、連絡のつかない家族へむけてのメッセージを伝えているのを見て、

私は涙が流れて仕方ありませんでした。

「私達は△△へ避難しています。 元気で頑張っていますから心配要りません」

どなたも、こんなメッセージを明るい顔で伝えているのです。

勿論、涙ぐんで声が詰まる人もいましたが、これが当たり前ですよね!

自分達が大変な立場にありながら、被災していない家族の心配を軽減しようと心遣いしているんです。

こんなことが出来るんですね~

人間って凄いなあ~~shineshine  って、色んな感情が渦巻いて涙がこぼれました。

関東地方の方も不便を強いられていますね。

そんな事もあってかスーパーに商品が無くなってきているって聞いて

千葉にいる夫の従兄へ電話をしてみたんです。

     ・・・こんな時ぐらいしか電話もすることがないもんんで・・・

お米、トイレットペーパー、乾電池が残り少なくなっている。って

今日は、それらの買い物をしに行きます。 買いすぎないように注意しますね。

Img_8997      芥子山への道端でみつけたImg_8995       カラスノエンドウImg_8996 Img_8994        ピンクの濃淡が心憎いくらい可愛い

2011年3月16日 (水)

昨日の散歩

あちらこちらで地震があり、不安を募らせます。

原発のことはとても恐い! 

計画停電で関東の人達が混乱状態にあることもTVで報道されている。

昨夕のローカルニュースで初めて知ったけど、

岡山のスーパーなどでも商品の品薄というより、品切れが出始めているそうだ。

昨日の昼間私が行ったスーパー(あまり大きくない)では何も気が付かなかったが、

東京から新幹線で買い物に来たという主婦。

茨城の娘に頼まれて買い物をしているという婦人。

それにしても、凄い量の買い物!

そんなに一人じめしなくてもいいんじゃない!  って云いたいくらい。

自分さえよければ。。。そんな感じがして見ていて気分が悪かった。

   *

話は逆戻りして、 又 気分転換・・・かなあ~

いやいや、普段の暮らしのペースを取り戻さなきゃ! って感じかな?

午後になってから1時間半くらい歩いた。 芥子山を中心に

道端の草の花などにカメラを向けてみた。

Img_8998   私の大好きな オオイヌノフグリ  

           私にしては、初めて上手く撮れたな~ってhappy01

Img_8999   私、このブルーが大好き

Img_9002   春はまだまだ遠い・・と思う早い時期から咲いているんだけど。。。

   このブルーの花を見ると、春だな~ って思ってしまう。

Img_8988_2    ハコベ  子供の頃、ひよこぐさ って云ってたと思う。

    どこにでも生えている草だけど、結構可愛いよね!

Img_8987     ブログ友の慶さんが、こういうのすごく上手に映していて、

    私も真似してみたいけど、其処は情熱の入れ方が違うから。。。

Img_8990

Img_9003       

Img_8993                    ナズナ

Img_8991      写そうと思うと、風が吹いて揺れてしまう

Img_8992         ペンペン草 って云いませんか?

Img_9000 私のコンデジ 

   キャノンのIXYで、もう2年以上使っています。

   マクロ焦点2cmだと思うんだけど、これまで上手く使えなかったんです。

   マクロtulipにして、画質は最上にして。。。メカに弱いので言葉が分からない

   そして、花にあまり近づきすぎないように、ズームを使用

   こうして写したのが上の花達です。

   まだまだピンボケだったりするけど、意外と写るかも!  って思いました。

2011年3月15日 (火)

盆梅展・長浜

Img_8883 先日、旅の記事を中途で止めてしまいました。

東北、関東の大震災は日が経つにつれ、甚大な被害の模様が明らかになっていくようです。

世界各国からの支援も始まり、大変心強く感じながら、

目に見えているのに、何故そこに救助の手が届かないのか

せめて物資だけでも届けられないのかと、

唯、テレビを見るしかない立場の私などは

もどかしくなってなってしまう。

しかし、部外者がそんなことばかり言って、気分を荒げたり

落ち込んだりしていても何もよいことはない。

そこで、先日中断した、旅の記事の中から気分転換になりそうなものを

せめて写真だけでもUPしてみようと思います。

長浜の盆梅展というものを初めて見せてもらいました。

Img_8880

Img_8885

Img_8884

Img_8886

Img_8887  ↓の説明文が読めるでしょうか?  推定樹齢200年だと書かれています。

                     すぐ↑の梅のことです。

Img_8888

会場に一歩足を踏み入れると、梅の高貴な香りに包まれて

凛とした花に、観るものの気持ちがシャンとするようでした。

* この記事を書いた後に、心配していた仙台のSさんとご家族の無事を知りました。

  Sさんがご自身のブログで知らせてくださいました。

  本当によかった!  

2011年3月13日 (日)

気持ちが重くて・気分転換

Img_8936 連日の地震関係の報道。

時間が経つにつれ被害の大きさが見えて来た。

津波の恐さ、凄まじさにただただ、息をのむ思いでテレビに見入っていた。

と、同時に同じ映像をくり返し見せられ。。。

今度は原子力発電所の深刻な事態が明らかにされてくる。

私の体が悲鳴をあげた!

今朝からひどい頭痛。  持病とはいえ普段より随分ひどい。

薬を、種類を変えて幾つか服用し、ブラインドを閉め切り

夫にも静かにしてもらうように頼んで、リクライニングチェアに横になる。

              頭痛の時には、光や音に敏感になる

コーヒーの香りにも反応して気分が悪い。

夫がテレビを付ける。。。勿論地震関連の報道

気分がぐっと悪くなるのを感じる。

。。。やはり私の体が、この大惨事に悲鳴をあげているんだと感じた。

幸い午後になって気分が随分良くなり、食べ物もすこし口にできた。

   被災された方には申し訳ないけど、、、気分転換が必要!

暖かい春の陽に照らされて、庭の花が咲いてきている。

Img_8935                             寒あやめ

Img_8932                      クリスマスローズ

Img_8934

Img_8933

Img_8931                    においすみれ

Img_8930             ミモザは我が家のシンボルツリー Img_8929                  今は3分咲き? 例年より遅れていますねImg_8928

                  *

地震のことでは、祈ることしか出来ないとおもっていました。

昨夜、携帯がメールの受信を知らせます。 

なんだろう? 夜遅くに。。。

  関西に住む同級生から下記の内容のメールでした。

関西電力に勤務する友人から送られてきた・・・と断りがあって

関西地区にお住まいの皆さん。

東北沖大地震に伴い、関西電力が東北電力への電力提供を始めました。

少しの節電でも立派な支援になります。電子レンジや炊飯器など、

普段さしっ放しのコンセントを今日だけでも抜き、一人一人が出来る節電の

ご協力をお願いいたします。

このメールをできる限り広め、節電による送電の支援が出来ればと思いますので

ご協力よろしくお願いいたします。

我が家は関西地区じゃないから、中国電力なんだけど。。。

節電はよいことだから。。。

それにしても、私の同級生たちはみんな、すっごく真面目だから

皆さん、きっと節電に協力するだろうな~~ って思いましたよ。

   今日、気分もよくなった午後、PCに向かおうと思ったら

今度はボランティア仲間のHさんからメールです。

   あれれ~~

同じような内容の節電のお願いメール。

一人がすこしの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電できて情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!

こんなことくらいしか私達には、祈る以外の行動として出来ないです!

   中略

中国電力も同じく協力するとのことです。

小さいことでも、大勢が協力すればある程度、大きなものとなるのでしょうね。

2011年3月12日 (土)

旅の記事は 今は書けない

旅・もう一つのテーマー2  としてもう少し記事を書くつもりでおりました。

しかし、東北地方を主にした大地震のことを考えると、ブログの記事を書くのも躊躇する思いです。

いつもコメントをつけてくださるSさんは仙台、かもめさんも多分、仙台の方だと思います。

テレビに映し出される、津波が町をのみ込んで行く様子。

着の身着のまま避難した方のお話し。。。津波が足をぬらしたと。。

私は幸いにして、これまでの人生で大きい災害に遭ったことはないのですが

被災された方のお気持ちや、これから待ち受けている多くの困難を思った時

私の旅の記事を書き続ける気持ちがなくなってしまいました。

中途半端なまま終えてしまうのは、私の性格に反するようにも思うのですけれど

色褪せてしまいました。  

又、機会があれば書けるかもしれません。 

申し訳ありませんけれど、勝手をお許しください。

           *

外国からの救助支援隊がすでに国内に入ったり、出発の準備をしている映像が

流れていましたね。 先日地震に見舞われたNZからも来てくれるようですね。

心強く、嬉しく思います。 

それに比べて、同じ日本にいながら、今の私には祈ることしかできない。

今夜、盛岡にいる夫の従兄と電話がつながりました。無事でした! 

盛岡とその周辺には、昨夏シニアカレッジでご一緒した方々が何人かいらっしゃいます。

どうか皆さまがご無事でいてほしいと祈っています。

地震、お見舞いを申し上げます

東北、太平洋沖地震で被災された地域の皆さまに

   心からお見舞いを申し上げます。

昨日、午後  PCが何故か、重くなって動きが鈍くブログを書くのをあきらめました。

その後、大阪の娘から地震のことを知り、後はテレビに釘付けでした。

いつもコメントくださる仙台のSさん、

お一人でいらっしゃる、かもめさん、

どんな状況下にいらっしゃるのかと気に掛ります。

今朝は長野の方でも大きい地震がありましたね。

全ての方々のご無事を願いながらお見舞い申し上げます。

2011年3月10日 (木)

旅・もう一つのテーマ

奈良東大寺、二月堂お水取りが広い地域と、多くの人達に支えられて

今日まで欠けることなく続いている様子が

初めて行って、観て、私にも少し解りました。

この旅のもう一つのテーマが

白州正子さんが愛した琵琶湖の観音の里です。

白州正子さん、今年が生誕100年だと、後から知りましたが、

私は彼女の物を見る目・・・骨董などの・・に魅かれて、

随分以前に、武相荘(ぶあいそう)と名のついた、かつてのお住まいを訪ねたことがありました。  その時のパンフでは東京都町田市。。。となっていましたが?

骨董の目利きと云われる彼女だと思います。しかし彼女自身は、本の中で

自分が目利きかどうかなど、私には関係ないことです。ただ、自分が好きな物だけはわかる。

それも頑としてわかる。それだけは確かね。

と、書いています。他人の言葉で無く、自分の感性で物と付き合うことが大事で、

付き合ってみれば、陶器をはじめ、骨董から教えられることはおおいです。自分発見の種になりますとも、書いています。

そんな白州正子さんは、琵琶湖周辺の観音様たちにも大変魅かれていたようで、ご本を沢山だされていますが、私はこれまで、そちらの方面には気持ちが向いていなくて、今回はじめて彼女が愛した観音さまの幾つかに会うことが叶いました。

ただ、写真を撮ることはできなかったので、ここにその美人の観音さまのお姿を見ていただけないのが、大変残念です。

Img_8703 Img_8704

最初に訪れた、明通寺・・・福井県小浜です。

豪壮な本堂と、瀟洒な三重塔が国宝に指定されている。

Img_8709 Img_8706_2  

本堂は改修工事の幕に覆われていて、残念でした。

達磨さん、何かいわれがありそうですね。

Img_8716 Img_8717

雪の残るお庭や、朱の欄干に川水の様子もなかなかです。

2011年3月 9日 (水)

旅・二月堂のお水取りに関連してー3

いよいよ奈良のお水取り。。。初めて行きます。

先ずは腹ごしらえです。

紅梅、白梅が見頃の端正な佇まい。。。 

Img_8811 Img_8812

個人では、私などは行けそうにありませんが

Img_8813

本日はツァーですからねcoldsweats01

菊水楼さんです

ちょうど3月3日、お雛祭りです。 お料理からもその気分が感じられます。

口取りは、雛祭りの宴 と名が付いています。

お白酒もいただきました。胡麻豆腐は奈良、吉野葛入り。

Img_8815 Img_8816

Img_8817 椀盛が、品があって見ただけで美味しそう!って感じますね。  

松葉蟹真蒸の上に、うす~くスライスして透き通るような大根と人参の、紅白ひし重ねと木の芽

。。。ここまで写真を映しましたが・・・

流石にこれ以上は気が引けて、手帳にメモ描きしておきました。

どれも、本当に美味しかったです!

最後には社長さん(?)羽織はかま姿でお出まし下さって、ご挨拶やら!親しくお話くださいました。

皆さん、幸せ感に包まれ。。。いよいよ二月堂へ

Img_8820 ご馳走に時間をとられ、少々遅かったかな! と感じるくらい大勢の方です。

明かりが消されました

Img_8821  奥の登廊(とうろう)の方に松明らしき明かりが見えてきました。 ↓

Img_8822

上の欄干まで上がりましたよ

Img_8827 さぁ いよいよですね  。。。 わくわくします!

左から右へと。。。はじめは ゆっくり ・ ・ ・ そして走った!!

Img_8832

角を曲ったところで、 屋根に火が点くのじゃないかと心配になる感じ。。。

松明の長い竹を 少し動かしながらも静かです。

Img_8830

ぐるぐる~ と、まわしたかと思うとImg_8911 火の粉が~~  すご~い!!   同時に、どよめき・・・喚声・・・が上がる!

Img_8910

この火が大半落ちると、次の松明が欄干を進みます。

ゆっくり、大人しく進む人もあれば、荒々しく、猛々しく進む人もありました。

火の粉をあびるとご利益があると、言われるそうですね。

後半、子供の泣き声が大きく聞こえていました。

火というものは、恐さを感じさせるし、神秘だったり、

再生などの意味も感じさせますね。気分が高揚します!

Img_8903

修二会(しゅにえ)のおこりと目的について説明文から抜粋

二月堂の修二会は、天平勝宝四年(752)にはじまった。

正式には十一面悔過法(じゅういちめんけかほう)と呼ばれ、これは

日常犯している過ちを本尊の十一面観音の前で懺悔することを意味する。

仏教の教えでは人間は本性的に持っている貧欲(むさぼり)、いかり、愚痴の三毒によって、

正しくものが見えなくなり病気にもなる。

練行衆(れんぎょうしゅう)とよばれる11人の僧侶が、国家や万民に代わって懺悔する法会。

上記のような説明や、行事の過程も書いてありますが、よく理解できません。

唯、分かったのは、練行衆は厳しい修行をするということ。

これってキリストが、愚かで弱い人間の罪を背負って

十字架に付けられたのと、通じるものがありますよね!

すっごく身近なことで例えれば、 車からゴミを放り投げる(車じゃなくてもいいけど)

と、捨てた人はゴミがなくなって気分が良いかもしれない。

でも、そのゴミは別の誰かが掃除したり、拾ったりしないと

その場所は綺麗にならないんですよね~。

それに似た感覚でしょうか?? 

えっ!  問題が違いすぎる?  そりゃそうですね。。。

           * 旅はもう少し続きます

2011年3月 7日 (月)

旅・二月堂のお水取りに関連して-2

前回UPしたお水送りの神事、松明行列に混ざって

 雪が降る中を歩いたことは、強烈な印象となって残りました。

松明の煙と油のような匂いが体中にべっとりと付着したみたいで。

小浜から長浜まで、雪の中をバスに揺られ、いつの間にかウトウト。。。

ホテルに到着したのは11時を過ぎた頃でしたよ。

お風呂に入って、バッタンキュ~ って感じでした。

翌日も変なお天気。 青空が見えてる~heart01 って

喜んだのに、次に外を見たら雪がたくさん舞っていたり。。。

でも琵琶湖沿いの道を走ってると、とても気持ちがいいです!

Img_8786 Img_8787

落葉樹の木立も、何となく春を感じさせてくれます。

そして水の色が、とってもきれいでした。

Img_8790 Img_8791

ポツンと小さく見える島が竹生島(ちくぶ)です。

旅の順序通りではなく、解りやすいように整理してUPしますね。

今日は竹送り のお寺です。

これも初めて耳にした言葉で、一体何?  って感じです。

場所は京田辺市  のどかな、茶畑などが広がる辺り、

すぐお隣に同志社大学、田辺校がデーンと建っていましたよ。

Img_8847 畑にひときわ目立つ緑色のものは、菜の花でした。

Img_8849 お寺でいただいた説明文には 大御堂 観音寺 となっていますが

ここら辺りの方達は一般的に普賢寺(ふげんじ)と呼ぶそうで、

それと云うのも、元々 普賢教法寺という立派なお寺で

盛んな姿だったようですが、今では往時を偲ぶものは何もなく、

古塔の跡に数個の礎石を残すのみということです。

そのご本尊、十一面観世音菩薩(国宝)が、この観音寺に祀られています。

Img_8850 琵琶湖周辺では、観音様をお祀りしているお寺が多いみたいです。

と云うより、今回はそういう所ばかりを回りました。

十一面観音さまは、体を少しくねらせ、左足に重心をかけて、右足の親指をチョコット持ち上げていたりするのですよ。

そして、観音様って、美人なんですね~~

左手には蓮を持ち、右手は長~く、ひざ下まで伸びているのが、とても印象的でした。

さて、肝心の竹送りのことなんですけれど。。。

何故だか、観音寺では説明がされなかったんです。

それで、帰ってからネット検索しました。

一時、廃れてしまったものが復活したようです。

簡単にいえば、この辺りの竹やぶから根付きの竹を7本掘り出し、

それを二月堂まで運ぶ。というものです。

二月堂のお水取りでは211本の松明を使用する(竹を使う)が

その内の7本をイベント的に、此処から運ぶ。と云っても

観音寺から奈良阪までは車に乗せて。

奈良阪からは3本を大八車で、後の4本を大勢の人が担いで、

列を作って、転害門まで運ぶ。 ここでは太鼓がお出迎え。

休憩をはさみながら、転害門→県庁前→東大寺南大門→大仏殿、中門→二月堂へと運ばれる。

             以上のことが、検索で分かりました。

簡単に、竹といっても、211本の根付き竹を準備するのは大変なことですね。

      訂正 211本全部が根付きの竹ではないようです。

昭和53年には60年に1度といわれる、花枯病で真竹がなくなり、四国や九州からも竹を求めたとか。

お水送りでも、そうであったように、甘酒や、ぜんざい、大根焚きなどの無料接待もあるそうですから、お水取りの神事は、広くこの地域を巻きこむイベントでもあると、言えるみたいですね。

            又、続きます

2011年3月 6日 (日)

旅・二月堂のお水取りに関連して

いつも届く小冊子。その中のツァー旅行に魅かれて参加してきました。

二つのテーマを持った旅でした。

その一つが、奈良二月堂のお水取りです。

ちょうど出発の前日から始まったばかりです。(3月1日から)

まだ行ったことが無く、初めてですし、私にはその意味すら解らない。

そしてお水取りに関係するお水送りというものが3月2日に行はれ、

旅の始まりは、このお水送りに合わせてありましたが、これは初めて耳にした言葉で何をするものなのか全く解りません。

先ずは、お水送りに関したことをUPしましょうか。

一体何を行うのでしょう?  

行けば解るだろうと私は呑気にかまえ ての出発です。

結論から先にいうと、解りませんでした。もやもや感が募りました!

Img_8695

あっ  伊吹山みたいです!  雲がかかっているけどきっとそう!

な~んて、喜んでいる間にも、雪が降りはじめるじゃないですか~~

わ~  雪だ~~ この時の気持ちは複雑です。

「寒くなる」「雪が降るかもしれない」。。。と、天気予報も

添乗員さんからの電話でも聞かされていましたが、

本当に雪が降るなんて、信じられなかったんですよ。

冬の間に1度くらいは雪景色を見てみたい。。。とは思いましたけれど

こんな場所で、こんな形でそれが叶うなんて。。。

嬉しい半面、ちょっと複雑。。。

Img_8698 車窓からの景色です。

夕暮れが迫るころ、お水送りの神事が行われる神宮寺へ着きました。

そうだ、場所を云わないと解らないですよね。福井県小浜市です。

Img_8730  Img_8732

すでにみぞれが降って、寒くなっています。

私達の目に見える神事は7時頃からだというのですが、まだ5時半くらいですよ。

かがり火を囲んで暖をとりながらといっても、時間がありすぎ。

みぞれは激しくなるばかりだし。。。下のテントへ入ってみました。

甘酒やうどんなどの販売があり、腹ごしらえをする人。甘酒で温まろうという人達が大勢います。

  *申し訳ありませんが、これより先の写真はクリックしたら巨大になってしまいます。

      操作するのをうっかりしていました。やり直す元気がありません。

Img_8742 Img_8741

右の写真の人達は、松明(たいまつ)の行列に加わる人が、

千円で買った小さい松明に願い事を書いているところです。

この神事で、私達が見ようとしていることが解ってきました。

神宮寺から松明を持った行列が2㎞ほど歩くのです。

松明には大松明、中松明、それから一般の人も参加できる手松明があることも。

お香水(こうずい)と呼ぶ神聖な水を2㎞先で、遠敷川(おにゅうがわ)の

ある個所(鵜の瀬)に注ぐのです。

その水が10日かかって、奈良、二月堂に流れ着く。

と、こういうことらしいです。

3月12日、二月堂ではその水を汲んで、ご本尊の観音様にお供えをする。

だから、一般的にお水取りと云われています。

                    *私の理解なので間違いがあるかもしれません。

松明の行列より1時間くらい前に、寺へ入る人達です。 ↓

Img_8735 Img_8738

いよいよ神事がクライマックスに入ってきたようです。

松明の火の粉を撒き散らしながら、右に左にと動いています。

雪が激しくなりました。

一斉にたかれた、カメラのフラッシュ に

暗闇の空から舞い落ちる雪が・・・キラキラ キラキラ と

それはそれは美しい。 

とても幻想的で、決して忘れないだろうと。。。そう思えた一瞬!

大勢の人ごみに揉まれながら、コンデジではとてもとても。。。

Img_8744Img_8749

ホラ貝を吹きならす山伏姿の人たちが、境内へ下り

これから、大護摩から松明へと火をうつすとのことです。

私達は場所を移動したので、その様子を見ることはできませんでしたが

かなりの時間が経ちました。

やがて、煙がわ~っと 辺りが真っ白になるくらい広がり

樹木の向こうの方が明るく見えてきました。

Img_8751 Img_8752

大松明が一番に進みます。そして中松明、手松明の順です。

見えてきましたよ~

Img_8758 Img_8759

Img_8761 Img_8762

目の前なんですけど、タイミングが難しいなあ~~

Img_8763 Img_8764

次は一般の方達

Img_8774 Img_8772 

後ろからついて行きますよ~

Img_8776 Img_8777

川沿いの道に出ました。光の行列がなが~く伸びています~~

後ろを振り向いても、やっぱり なが~い! 

みぞれ交じりの雪が止みません。

みんなカッパ着てるし、誰がだれか分からなくて、はぐれることが心配で

初めて腕組みして歩いたんです。

Img_8784 Img_8785

ここで、お香水を注いでいるんだと思うのですけど・・・河原に下りて

水の中だと思います。

近づいて、見よう との意欲が失せていました。

無事に集合場所にたどり着いたという安心感が先にたちました。

9時40分位にバスは出発。この後、雪がますますひどくなって・・・

でもヘッドライトに映し出される光景がきれいでね!

                    続きます

 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »