« 噛むことの大切さ | トップページ | 雪の朝のコーヒータイム »

2011年2月11日 (金)

心に染みゆく音楽

寒いこの時期、家の中でPCに向かったり、デスクワーク、そしてキッチンで働く時にもCDを流しながらがということが多い。

昨日のことです。

今日は何をかけようかなあ~

ふっと目に飛び込んできた文字

アルビノーニのアダージョ ・・・長く忘れた存在になっていました

急に懐かしさがこみ上げて来て、これを聴きました。

一昨年(2009年)の7月、ブログに書いたのですけれど

映画 剱岳・点の記 の中の雪崩のシーンで使われていた曲です。

アダージョ。。。あらためて調べてみると、

ゆったり。。。という意味のテンポを表すイタリア語です。

その名の通り、ゆったりと心に沁み込んで来るメロディー。。。

今朝の雪景色とも共感するみたい。。。

今の八方ふさがりのような日本の、否、世界の状況を憂うような感じがあります。

でも、この曲からはもっと透明な美しさが感じ取れました。

昨夜、録画した映画を観ました。

愛と哀しみの果て

この映画の、心にじっくり入りこんできた印象と、アルビノーニのアダージョとが私の中で好い感じで一つになり、今朝も私を覆っています。

« 噛むことの大切さ | トップページ | 雪の朝のコーヒータイム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/38823611

この記事へのトラックバック一覧です: 心に染みゆく音楽:

« 噛むことの大切さ | トップページ | 雪の朝のコーヒータイム »