« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月21日 (月)

がんの在宅緩和ケア

昨日の日曜日、これと云って予定もなく、テレビがつけっ放し状態。

何かしようかな~。。。 他に面白そうなテレビはないかな~ と

番組表へ目をやると、、、 

≪TVシンポジュウム がんの在宅緩和ケア≫ が目に留まり、

私には興味深い番組・・・だけど夫はきっと苦手。

録画の操作をしながら、一応夫に声をかけてみると、

「見てもよい。見ようか~」というではありませんか。 二人で見ました。

パネリストは 対がん協会会長  垣添忠生さん

          ふじ内科       内藤いづみさん

          クリニック川越    川越 厚さん

          都立墨東病院    沢田孝之さん   の4人です。

   2015年、日本人の2人に1人はがんで死ぬ時代になる。

   こうなると病院だけでは対応できなくなる。

   治療が終わった(終末期に入った)患者さんは退院してもらう。

   自宅に帰っても緩和ケアは必要になる。

在宅緩和ケアは → 時代の要請 ← 受け皿はまだ整っていない

      *

東京墨田区の支援組織≪パリアン≫の活動が紹介された。

ドクター4人と他にスタッフ多数。

看護師1人が3人の患者を受け持ち、週3回の訪問をする。

何かの場合の連絡は第1ナースコール、第2ナースコール、

第3はドクターへのコールと番号を知らせてあるので、

今までに繋がらなかったことはない。 安心できますね!

      *

患者Aさんの声

      在宅は自由になっていい。 

      痛みさえとってもらえれば、絶対いい!  お酒も飲めるし。

      *

夫を看ている妻の声

      夫を診に来た看護師さんが、「奥さん、顔色が悪いけど大丈夫ですか?」

      って、患者ばかりでなく、私のことまで見ていてくれる。

      病院だと、私がどんなに顔色が悪くてもだれも気にしてはくれない。

      *

ドクターが、ある一人暮らしの男性患者さんの家を訪ねました。

ちょうど、患者さんの親戚(内科医)の人が来ていました。

その前で患者さんを診察しながら話をします。

「一人暮らしだと、ある朝、来てみたら冷たくなっているってことも考えられるよね」

患者 「願うところです」

こんな風に包み隠さずお互いに全てのことを話せる(信頼関係)関係にあるって

凄い! でもこれでなきゃダメだよね。

終末期でも、一人暮らしが可能なんだって驚き!

        *

ドクターの話し

   患者と家族(親戚を含めて)の了解を得ることが大事。

   決して嘘をつかないこと。

        *

在宅医、16年の内藤医師

    (これまでに200人以上の人を在宅で看取った。)

    在宅で、決して病気が良くなるわけじゃないけど、

    良い時間をおくれていると感じる。

    幸福な死を迎えられる。

       *

在宅患者の男性

    食事がほしくなくなった。

    奥さんが、どんなに美味しいものを作ってもご主人は口をイーと結んで開かない。

    困り果てている奥さまの姿を見て、お孫さんがかわって

   お爺ちゃんの口元へスプーンを持っていき

   「おじいちゃん、あ~ん!」 といったら あ~ん した。

   「おじいちゃん、ごっくん」と云えば、ごっくんもできた。

   スプーン1杯で、スプーン1杯ぶんの命を貰えたんですね!

       *

3年ほど前に奥さまを癌で失くされた、垣添さん

     私は自分の最期のことを考えます。

     延命治療は受けないで、多分、点滴も受けないだろうと。。。

  垣添さんが奥さまを失くされたあとに出版された本を読ませて頂いたことは

  私のブログで書かせていただいたことがありました。

  3ケ月位は本当に落ち込んでしまったそうですが、これではいけないと

  その後、先ず生活リズムを整えることからはじめ、

  次に体力をつけること。 

  いままでにしたことのない〈居合〉を習いはじめた。

  今も悲しみは消えないが、悲しみと共に生きると。

          *

人工呼吸器を挿入すると、今の日本では外すことが先ず不可能。

  とのことです。

本人の意志。家族の意志をはっきりさせておく必要があります。

夫の母は、最期がこの状態だったので、胸が押しつぶされるほどの悲しみを覚えたものでした。

とっさの出来ごとで、仕方なかったのかも分かりませんが。。。

昨日のテレビを見ながら二人で確認をしあいました。

     夫もこれは拒否する。

     私も拒否です。

この意志を子供たちに伝えておかなければ!! と思っています。

   *テレビを見ながらのメモなので間違いがあるかもしれません

    お断りをいれておきます。

2011年2月20日 (日)

西大寺会陽

昨夜19日、奇祭で知られる 「西大寺会陽(えよう)」

私の家から4kmほどの西大寺観音院で行われました。

これは投じられた宝木(しんぎ)を求めて、裸の男たちが激しくもみ合う

はだか祭です。

争奪戦に先だって花火があがったり、太鼓演奏や踊りもあり、

私達も花火を楽しみました。

Img_8564

                 川面に映ってきれいです。

Img_8574                 写真は上手く撮れません

見とれているうちに、背後では 「わっしょい わっしょい!」の掛け声と

ピッ! ピッ! 。。。 と リズムを刻む笛の音が 力強く、大きな塊になって

近づいてくるのを感じます。  そちらへ向かってみました。

Img_8576 Img_8577

Img_8578 Img_8579

大勢のグループは 今年の祝い主でもある学芸館高校の学生や

若い教師たち、約200人。威勢のよい掛け声です。

Img_8586 Img_8588

子供を担いでのグループもありますね ↑

Img_8561 Img_8562

 ↑ は女性グループは男性群が出るより一足早くの登場でした。

ボケた写真がちょうどよいかと(笑)

Img_8592Img_8591 Img_8594 

境内はこんな感じです。

設置した壁の向こうには、物々しさを感じる警護の人達がもの云わず、じっと立ち並んでいます。

Img_8596_2 この人達は、一体なにをしているのでしょうか?

手には柄杓をもって。。。  

Img_8598 Img_8603

大きい裸の群れが掛け声とともにやってきました。 さっきの柄杓の人の前で

走る!  と、そこへ容赦なく。。。水!

Img_8604   すごい水、また水!!

Img_8606  街の中では甘酒の接待も、毎年とかわらずでていました。

Img_8549 Img_8595

宝木の投下は今年から2時間早くなって、10時です。

でも私達は、雰囲気を味わっただけで8時には帰路につきました。

会陽が終わると、ここ備前平野に春が来るといわれます。

待ち遠しいです!

2011年2月17日 (木)

木村式自然栽培米・・

≪奇跡のりんご≫って、耳にされたことがあるでしょうか?

一昨年か、もう少し前に私は初めて・・それは多分ラジオできいたのかナ?・・・

知ったのでした。

無農薬の林檎栽培を夢見て色々してみるが、苦労が実らず。。。

もう死んでしまおうとした木村さんのうつろな目に林檎の花が咲いているのが見えた。

実際にはそれは林檎ではなかったようでしたが。

何の手入れもされていないようなその木をみてヒントを得。。。

やがて無農薬での林檎栽培に成功した。

と、こういう話だったと思います。

一昨年の夏の終り、弘前へ行ったとき、

ある小さな喫茶店で ≪木村さんのりんごのスープ≫というメニューをみて

飲んでみたい! と思いました。しかし私が行ったその時は喫茶店の休憩時間。

1~2時間後のオープンまで他で時間をつぶし

再度足をはこび、お店の人に訊ねてみると。。。

何と云うことでしょう!

「今は林檎がないのでしてないのです」と・・・

9月のはじめでしたから、わっと人気になった希少価値がたかいりんごが、

そんな時期まで無い。と云われれば、

それは納得せざるをえませんが。。。

それでは表のメニューから外しておいてほしかったなあ~と

少々恨む気持ちを起こしたのでした。

それから半年あまり後、再度、弘前を訪れる機会を得、又その喫茶店に行きました。

ブームに火が点いた 木村さんのりんご に出会ってみたい。その思いからでした。

今度はありましたよ! りんごのスープ。

冷たいスープです。 スープといえばスープなのですが、林檎の味がしっかり残っていますから、ジュース? でもないし、不思議な、、、しかし、とても美味しいものでした。

。。。そんないきさつのあった≪奇跡のりんご≫を作り上げた木村さん。

いつからなのでしょうか?

岡山に形をかえて、飛び火していたんです。

Img_8534 写真上でクリックしていただければ読めるとおもいますが、

木村式自然米で酒、すし・・・その他加工食品が相次ぎ商品化。ということなんです。

左端に写っているのは、私も親しくして頂いている

菊池酒造(玉島)の社長さん・・・モーツァルトを聴かせながらの酒造りで知られています。

      やはり木村式の自然栽培米での酒造りをされているそうで

      木村式の米の酒は全国初だということです。

岡山県自然栽培実行委員会は2009年8月、

倉敷、総社市の農家や食品メーカー経営者約20人で発足したものが

昨年12月にはNPO法人に移行し、会員200人になったと報じています。

他にはお弁当(祭りずし)や和菓子、お餅、レトルトおかゆなどと輪が広がっているようです。

2011年2月15日 (火)

身近に感じられたグラミー賞

この賞って、なんか聞いたことはある。。。くらいで

興味の全くない世界のことでした。  つい昨日まで。

ニュースで日本人が4人も受賞したと報じているので、

へえ~ と聞くでもなく、聞いていたら、

えっ   ピアニストの内田光子さんもそのお一人と伝えているではありませんか!

日本国内より海外での活躍で知られているピアニスト。

これが昨年までの私の知識でしたが、昨年秋に、偶然のような感じで

彼女のコンサートに行く機会があったのです。

その事は、ブログにも書いたのですけれど、指揮をしながらご自分もピアノを弾くという演奏スタイルに目を見張るばかりの私でした。

今回、クリーブランド管弦楽団とモーツァルト作品を収録したアルバムで

最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞に輝いたのだそうです。

昨年秋に、私が行ったコンサートが、それ!

クリーブランド管弦楽団とのモーツァルトのピアノ協奏曲でした。

Img_7320

Img_7322 米音楽会最高の栄誉といわれるそうですね! このグラミー賞は。

突然親しみを感じているのです(笑)

一人で西宮北口のホールへ行った甲斐があったような。。。

2011年2月13日 (日)

たいしたもんだ!

今朝、花を買いに近くのお店まで行きました。

Img_8515 JAが出しているお店で、地元の農家の方達が主に野菜や果物を出荷しています。

新鮮で安くていつも賑わっています。

私の買った写真の蘭も、近くで栽培しているところがあって・・・

二束買ったのです。左のピンク系の短いものが300円

右のグリーン系と背の高いピンクの花の束が500円でした。

これから暫く楽しめるはずですheart04

帰り道、自転車の若い男性をみて、夫と二人で

「たいしたもんだ!」と感心したのです。。。

それはね、何故かっていうと、

子供を後ろに一人乗せ、もう一人小さい子だと思うんだけど

おんぶしていたの。。。3人乗り?

おんぶ。。。最近みかけないでしょう?

それも男性ですよ!

夫・・・「俺は、できんなあ~」と云いました。。。

         *

明日、義父の命日。義弟の命日でもあります。。。2年後の同じ日です。

そして今日はその義弟の三回忌の法要をしました。

長男はその叔父さんに可愛がってもらいましたから、四国から日帰りで帰ってきましが、

遅くなると、高速道路が心配だからって、さっさと帰って行きました。

私も何となく疲れた~~。

2011年2月12日 (土)

雪の朝のコーヒータイム

新聞を取りに出た時には降ってなかったのに、

そろそろ明るくなったかとブラインドを上げると、庭が薄化粧をしていた。

止んだかと思えば、また落ちてきたり・・・春の雪

そんな天候と同調するような今朝の私。しゃきっとしなくて。。。

朝のコーヒータイムです。

Img_8504 Img_8510

今朝のカップは、私の好きな民芸の・・・湯町かま(島根、玉造)です。

JR玉造駅のすぐ左手に窯場があると教えてもらいました。

縦に彫刻刀で削り取ったような溝・・・しのぎ

私は、 しのぎ にいつも心魅かれます。

それと、持ち手の親指が当たる部分のこれが好きです。

リーチハンドとか云うらしいですが、

あの、バーナード・リーチさんとの交流が深かったようですから

そんな関係があるのでしょうか?

Img_8507 Img_8508 Img_8509               備前焼に生けたのは(夫が) 我が家の一番咲きの椿。

Img_8511               読み始めたばかりの本は、玄侑宗久さんのものです。

2011年2月11日 (金)

心に染みゆく音楽

寒いこの時期、家の中でPCに向かったり、デスクワーク、そしてキッチンで働く時にもCDを流しながらがということが多い。

昨日のことです。

今日は何をかけようかなあ~

ふっと目に飛び込んできた文字

アルビノーニのアダージョ ・・・長く忘れた存在になっていました

急に懐かしさがこみ上げて来て、これを聴きました。

一昨年(2009年)の7月、ブログに書いたのですけれど

映画 剱岳・点の記 の中の雪崩のシーンで使われていた曲です。

アダージョ。。。あらためて調べてみると、

ゆったり。。。という意味のテンポを表すイタリア語です。

その名の通り、ゆったりと心に沁み込んで来るメロディー。。。

今朝の雪景色とも共感するみたい。。。

今の八方ふさがりのような日本の、否、世界の状況を憂うような感じがあります。

でも、この曲からはもっと透明な美しさが感じ取れました。

昨夜、録画した映画を観ました。

愛と哀しみの果て

この映画の、心にじっくり入りこんできた印象と、アルビノーニのアダージョとが私の中で好い感じで一つになり、今朝も私を覆っています。

2011年2月10日 (木)

噛むことの大切さ

昨夜のテレビです  ≪ためしてがってん≫

この番組が、大好きな夫に呼ばれて、私も見たのです。

友人からも「見てる?」ってメールが届きました。

始まりの部分は見逃したものの。。。

噛むということが、いかに大事か!   これですよ!

目からうろこ・・・なんてものじゃありません。

グアァ~~ァン!  と猛烈なパンチを入れられた感じでした。

一人で歩けなくなった男性のお年寄り。。。

脳障害があって(脳溢血か何かで)一人では立つことも出来なかった女性。。。

こう云う方に入れ歯をいれたら。。。

一月後に、男性は歩いて病院へ(腰は曲っている)

二ヶ月後には、腰も伸びている

その後、畑仕事まで出来るようになった!

女性の方も、入れ歯をいれたら、歩けるようになった。。。

。。。と、こんな様子が映し出されました!

宮崎の80才だったかのおばあちゃん・・・チンドン屋さんをしてる明るい方

総入れ歯で、何でも食べられると云っていましたが。。。

入れ歯を入れているのと、外したときとで比べていました。

先ず、握力が 20kg  16kg と減りました。

卓球のラケット(?)にゴムボールをのせて真直ぐに歩いてみると。。。

入れ歯がある時はボールがほとんど動かないで勿論落ちません。

ところが、入れ歯を外すと、ボールがぐらぐら動いて、、、落ちてしまいました。

2度目も、同じようです。

これは上顎と下顎の位置が定まらないことから、姿勢が定まらない。

そしてフラフラするのだそうです。

又、別の実験では。。。ネズミ叩きのように

高い音が聞こえたら、ボタンを押す。。。こんな実験でしたが

これは集中力と反射の関係でしょうか。

0.32秒くらいで、標準だといっていましたが、

集中力を高めるためには何が有効か?

    ミントのスーとした香りを嗅ぐ

    ビンタで気合いをいれる

    指の運動をする

以上の3つはどれも効果なし。反って悪くなったり。。。

ところが、ガム(?)を噛むこと5分。。。これ、効果があったのです!

             若い人にも、おばあちゃまにも。。。

噛む→ 脳を活性化させる

歯の根っこが当たる部分に歯根膜があり、噛むことで歯根膜に圧力がかかる。

歯根膜を通してこれが三叉神経に繋がっていて、脳の

感覚野・運動野・海馬・前頭前野・線条体に刺激を与える。

線条体とは意欲、やる気を起こさせる部分だということ。。。

  「歳をとると、何事にも意欲がなくなるのよね~。。」 とは

             私も、知人とよく話すことなのです。

何故、こうなっているか?

これは結論ではなかったけれど、

野生動物(太古の人間もふくめて)は生きることは

食べること→噛むこと であったはずです。

生きることの為には、脳のあらゆる分野を活発に働かせる必要がある。

生きるためには、色々なことをやらなければならなかったんじゃないか?

生きるのに必要な力を得ること・・・これが噛むことの意味でしょうか。

              *

お年寄りが病気で入院となった時、入れ歯は外されてしまいますよね~

これって、お年寄りの生きる力を削ることになってません?

自分の歯が一番良いにきまってますけど、口に合った入れ歯なら、

最初にみたお年寄りの様に歩けなかった人が

畑仕事までできるようにもなったりするんです。

あらためて、歯と、噛むことの大事~を教えてもらいました!

2011年2月 7日 (月)

吉備楽(きびがく)

県立博物館で開催されている 古代出雲展≪神々の世界≫

これに合わせて 吉備楽 ~神々に捧げる調べと舞~ が

県立博物館の講堂であったので行ってみた。

岡山に本部がある 黒住教奏楽寮 の方々によるもの。

私にとっては全くの未知の世界、、、

講堂とはいえ、あまり広いスペースではないのだが、20分前に入ってみると、すでに8~9割方席が埋まっていて、結構、興味のある方の多いことに私の認識の低さをあらためて思い知る。

Img_8445 Img_8465

第1部 は、官弦 

  琴を中心に、太鼓(写真で左端に見える)、しょうこという鐘

  笙(しょう)、ひちりき、横笛(おうてき)・・・雅楽と云えば解るかな?

第2部 は、舞楽

  神様に奉納する舞いなので、本来は神様に向かって舞うもの。

  今日は、私達観客に向かって舞ってくださいました。

  とても、おごそかで美しいものでした。

  又、かっこよさ。。。も感じましたね!

Img_8468 Img_8471 Img_8470 Img_8467

↓ は男舞です。

Img_8472 Img_8473 Img_8474 Img_8475

Img_8476 Img_8477

笙の説明で、面白いとおもったことがありました。

笙という楽器は、長短合わせて、17本の竹でできていて、

その1本1本に名前が付いている。

リードがあって音が出るのは15本。後の2本は音が出ない。

音が出ない竹の名前が、1本は・・・毛比(もうひ)

              もう1本が・・・也(や)  

         。。。と云う名前の竹だそうです。

ある国語学者の話しとして、披露してくださったのですが。。。

野暮(やぼ)という言葉がありますね。

今は野暮と書くが、元々は

      也と毛比の毛の字で ・・・ 也毛・・・と書いたとか。

音が出せない役立たずの竹が語源みたいですね!

2011年2月 3日 (木)

今日は節分・小さな春をさがして

 鬼は外 福は内 ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ 豆の音

            鬼はこっそり逃げてゆく

♪ 鬼は外 福は内 ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ  豆の音

          早くお入り 福の神

今日は節分、こんな歌と共に豆まきをなさるお家も多いことでしょうね~

昨日から少し暖かくなってきました。 

あんなに毎日まいにち寒かったのに。。。

暦に合わせるように、家の中から見ていても庭にさす日差しが

いかにも暖かそうに見えたので

我が家の、小さなちいさな 春をさがしてみましたheart04

Img_8416 Img_8420

クリスマスローズのつぼみ、色づいて少しだけ伸びていました~ ↑

 ↓ 小さくて 黄色い花をつける水仙の芽が

         枯れ葉を突き抜けて伸びていました。

Img_8424 Img_8425

これは、オーソドックスな水仙ですが、まだこんな状態です。

Img_8421 Img_8423

日当たりの悪い、庭の片隅に、スノードロップも

Img_8426 Img_8427 Img_8428 Img_8429

少しずつ春がしのびよってきていますね!  確実にheart02

2011年2月 2日 (水)

雪・・・そして北帰行

変な謎かけみたいなタイトルになってしまいましたが

連日報道される雪の被害に、ここ岡山では(私の住んでいる地域では)

チラとも降らない雪よ。。。ほんの少しばかり降ってみたらどうなの?

などと、バチあたりな考えが頭をよぎったりするのです。

テレビに映し出される、雪に埋もれるような家家。。。

口をついて出て来たのが 三好達治の詩 ≪雪≫

  太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

  二郎をねむらせ、二郎の屋根に雪ふりつむ。

この詩が幾度も頭に浮かんできました。

冬真っ最中だと思っていたら。。。

明日は節分、明後日は立春ですね!

昨夜だか今朝だかはっきりしないのですがラジオ深夜便をかけて

そのままウトウト。。。

「。。。何処そこで昨日、白鳥四羽の北帰行が確認され。。。」と

確かに聞こえたのです。

え~っ! もう、そういう時期なの!

驚きました。 自然界の生き物は、特別なレーダーを持っているのでしょうねえ~

         *

1週間ほど前に、私達二人と、知り合い二人の四人で

食事の後、カラオケもできるバーへ行ったのです。

夫が唯一、案内出来る処なのです。

そこで夫が歌ったのが北帰行・・・小林旭の・・・だったんですよ。

ラジオのことと思い合わせて、不思議な思いにかられました。

白鳥達もインフルエンザに罹らずに、無事に到着してほしいな~

優しいコメント、ありがとう

風邪でダウンした。。。と書いたのは昨日のことでした。

8割方治りかけているナと、思いながら書いていたのですが

今朝、読みなおしてみれば。。。変換間違いがshock

まだ頭がぼ~っとしていたのでしょうか? お恥ずかしいsweat01

そして、思いがけない皆さまからのコメントをいただいて

嬉しさで胸が一杯になりました。

この年齢になると、心配してくれる親はとっくにいないし、

優しい言葉をかけてくれるのは。。。??? でしょ!

★ そうか~ 生葱が健康の秘訣! ね。。。

今朝、冷蔵庫を開けて・・・豆腐が1丁あった。。。湯豆腐にしよっと!

テフロンのフライパンでいきなり、味噌を焼くように熱っし、味醂でゆるめる。

火を止めたところへ、刻んでおいた白ネギをたっぷり加えてみた。

この味噌を湯豆腐に添えたら。。おいしい!

★奈良のSさんは葛湯や生姜湯で温かく。。。って!

片栗粉で代用してみようか~~ と。。。 そうだ!

葛粉が残っていたことを思い出した!  お菓子作りの材料が。。。

マグカップに葛粉10gと、和三盆糖5gいれ、水少量で溶く。

ここへ沸騰水を加えて混ぜる。。。ちょうど良い感じにとろみが付いた!

う~ん 甘みが足りなかったな。。。蜂蜜を適当に加えて

これをすすりながら、今ブログ書いてます。

★Tさんのお言葉。。。まるで母親の言葉のようで凛とした言葉の中に温かさが籠っていて

嬉しかったです~~

heart02 皆さま、本当にやさしいコメントをありがとうございました。

今度は自分が、優しい言葉をかけてあげられるように、なりたいものです。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »