« カンボジア・その5 | トップページ | カンボジア・その7 »

2011年1月 7日 (金)

カンボジア・その6

先にUPしたアンコール・ワットですが

アンコール(街)ワット(寺院)という意味です。

次にUPする写真はアンコール・トム(大きいの意)です。

『大きな街』と云われるとおり、一辺が3kmの城壁に囲まれた城塞都市ということです。

その中央にあるのがバイヨン寺院・・12世紀末に創建の大乗仏教寺院

こちらは大きいお顔が、其々の塔の四方に彫られています。 ・・ 観世音菩薩像

独特のほほ笑み・・・ 少しずつ表情に違いがありますね。

  この写真に幾つのお顔を数えられるでしょうか? 

Img_7886

         少しアップしてみましょうね。。。

Img_7887

 これが一番有名なお顔ですって↓  おっと、どなたかのお顔も入ってしまいました。

            観光客全ての人がここで記念写真を撮りたいのですから、ごめんなさいね!

Img_7911_2

いや~ 撮影でしょうか? ↓ その様でもあり、違うようでもあり・・・?

Img_7913_2

こちらは民族衣装の人との記念写真・・・勿論有料です(離れた所からちょっと失礼!)

Img_7915_2

           *            *

カンボジアでは全く地震がないそうで(羨ましい!)遺跡の

多くは砂岩を、ただ積み上げて重ねて(置いて)あるだけなのです。

しかしその技術は、信じられない位きっちりとしていて、

少し離れると、重ねたことさえ解らないような精巧さです。

立方体の6面其々を、 砥石で研ぐようにして平らにするのだとか。。。

建設に当たっては、分担作業で、

石を切り出す人。   運ぶ人。 設計に合わせて必要な石を選ぶ人。。。

そうやって、石を積み重ねてから。。。

彫刻をする。

だから、彫刻に失敗は許されない!

そしてこの彫刻の、彫りの深いことには驚きです。・・・遺跡全般にいえることです

Img_7905 Img_7889 Img_7998 これなんか、すごく深く彫ってありますね! 

人物のまわりの波打つようなものは。。。

        。。。私はアカンサスの葉だと思いました

           アカンサスの葉はエジプトの棺からも発見されているし

           ギリシャ神殿の柱の飾りにも彫られているから

           ヨーロッパから影響を受けているとしか思えないです~~

  違うかもしれないけれど、勝手にこんな想像をするのは楽しいですね!

  そして日本まで伝わって・・唐草文様になった・・・なんてことは無いかな?

しばし、空想の世界に遊びました。

« カンボジア・その5 | トップページ | カンボジア・その7 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
カンボジアの文化もなかなか奥深いですね。
日本にいながらカンボジアの歴史やビッグな
石象を楽しんでみています。
ありがとうございます。

おはようございます。
カンボジアシリーズ…毎日楽しませていただいています。
アジアでありながら、異国情緒たっぷりで
「へぇ~ すごい! まぁ~次はどんな?」
っと感動ものです。
連れて行っていただいているような気分になれました。
有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンボジア・その5 | トップページ | カンボジア・その7 »