« カンボジア・その6 | トップページ | カンボジア・その8 »

2011年1月 8日 (土)

カンボジア・その7

Img_7941

世界遺産の遺跡をしっかり歩いて観て回る。。。

今回参加したツァーは、そういうものだったので、

とに角、歩きやすい服装でとは思ったのですが、

気になるのは暑さのことでもありました。

11月~1月が乾季で一番涼しい・・・・とはいっても

最高気温が31~33℃と書いてあるじゃないですか!

真夏と考えたらいいのかなあ~

ガイドブックでみると、半ズボンにゴム草履。。。とか書いてある。

しかし、ゴム草履ねえ?  これはチョッと抵抗ありですよね。

急きょ、近くのスーパーでスニーカーを買って、足ならしをして、

これをトランクへ放り込み。。。

半ズボンも入れておく。  

「タオルは何本も要りますね~」 とは説明会での旅行社の話。

         。。。 捨ててきてもいいようなタオルを放り込む。

何だかわかるようで実感が伴わない。。。

そこで、猛暑だった昨夏、盛岡で歩き回った時の服装を思い出しながら

半袖Tシャツを主に、上に羽織るものを加えた。

関空を飛び立つまでは、冬なのだから。。。

色々思案のすえ。。。↓ このようなスタイルで出発!

Img_8297

機内に入ったら、ダウンの上着をバッグに押し込み。。。

次第に暑くなってきたので、襟巻もはずし。。。

と、玉ねぎの皮をむくような感じで変身してゆく。

帰りは当然のことながら、往きの逆をするわけですよね!

           *

外国の方は。。。最初の写真で見えるでしょうか?

ゴム草履スタイルが多かったけど、スニーカーで正解!

半ズボンははきませんでした。 タオルも・・・タオルマフラーを使用。

役に立ったのは、夏の帽子 ・ マスク(土埃よけに) ・ サングラス

           登山用の手袋(遺跡を登る時) 

昼間は流石に暑かったですけれど、カラッとしているから

             木陰で休めば気持ちがいい・・・

朝夕は全く暑さを感じなかったですね~

現地ガイドさんによると、

 『このところ気温があまり上がらないので、私達には寒いです。』

 『子供なんか風邪ひきそう!』  

   ・・・え~えっ!  寒い? 暑さに慣れた人にはそうなんでしょうか?

この国では、お昼休みの習慣があるようです。

涼しい早朝から活動して、お昼は一休み(シエスタって云うのでしたか? えっ、違う?)

これ、私達も1日だけ経験しましたけど、とても合理的で体にやさしい暮らし方ですね!

           *

水には十分気を付けて!  ・・・ と云うことでしたから、

飲み水は勿論、ペットボトルのミネラルウォーターですが、

今回はホテルで毎日一人1本のサービスがあり、

旅行社側もバスに必要なだけどうぞ。。。と用意してあったので問題なし。

唯、生野菜のサラダには手を出さないようにしたり。。。

食事の前にはウェットティッシュで手を拭く。。。など気を付けました。

 Img_8242この国を代表する花は   睡蓮 です。

ホテルロビーのテーブルには ↓ このようにして飾ってありますよ。

                      これ本物のハスの花を折ってあるの!Img_8241 テーブルナプキンも この通り↓ ハスの花(これは睡蓮かな?)にしてありました~Img_7818  ハスと睡蓮は違うけれど、どちらも国を代表する花なのでしょうね。

 睡蓮は早朝から開いて10時には閉じてしまいます。

« カンボジア・その6 | トップページ | カンボジア・その8 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
カンボジアの記事、興味深く拝見しました。
こんなに季節というか気温が違うっていうことにびっくりしました。以前北海道に南国からの実習生がやってきて、寒さに逃げ出してしまったというニュースを見ましたが、無理もありませんね。真夏に行ったらどうなるのかな???なんて思いながら見ました。
蓮の花をナプキンで折るってなかなか大変ですよね。そう言えば、果物も綺麗にカットしますよね。やはり、南国はカラフルで気持ちが明るくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンボジア・その6 | トップページ | カンボジア・その8 »