« カンボジア・その3 | トップページ | カンボジア・その5 »

2011年1月 5日 (水)

カンボジア・その4

物売りの子供たち・・・私達の行く先々に待っています。

「きれいだよ!」「おねえさん、かいませんか?」 。。。 。。。

旅行の前の説明会では

      「ノー」も云わないで・・・無視してください。

って、云われていました。

無視するって、辛いことですね!

絵葉書なんかは、土産物屋で買うより安いんじゃないかと思ったりしたの。

でも、  でも 。。。

一人から買えば、他の子達も買ってほしいと思うよね~

ここが辛いところ。。。

ちょっと気をゆるして 。。。 「いくら?」 「ハウマッチ?」

なんて訊いたら、 

逆に子供から訊かれるんですね!

         「おねえさん、いくらほしいの?」  な~んてね

 商売上手です!

Img_7856               この人は子供とはいえないね

Img_7857 写真には撮れなかったんだけど、そうね~7~8歳位の子供が多かったかな~

学校は?  どうなってるの?  って。。。

子供が多くて、学校は少ないから、2部制だったり3部制だったりということです。

だから、午前中も午後からも小学生位の子供が物売りをしているわけね!

一家に子供が6~7人もいるんだって!

小学校6年、中学3年、高校3年・・・これが義務教育で

   中学からは英語とフランス語の勉強があるって。

この国では英語や他の外国語が話せないと・・・仕事がないっていうことです。

大学は2年、4年とあり、これは何歳になってからでも入れるそうです。

それに大学だけど、夜間のクラスや土日のクラスもあって、

主に公務員の人が通っているそうです。

今は学校としての建物も整っていて、制服姿の子供たちを見かけました。

私達のガイドをしてくれた ソッターさん(32歳男性)の行った学校は

マンゴーの木の下に、黒板とテーブルがあるだけだったそうで、

雨の降る日は、近所にある家の高床式の、その床の下に移動したって云ってました。

そう、この辺りの田舎の家はみんな高床式なんですね。

Img_7986 Img_8136 Img_8137 Img_8139 Img_7974 暑い国だから、高床式だと涼しい。。。勿論そうですね~

でも他にも理由があって・・・

雨季には水に浸かってしまう地域もあるし

マムシやコブラがいるし。。。森の中には 虎 も居るんだそうです!

だから民家は、森の中で肩を寄せ合うようにしているのです。

道端では、土産になるような↑物を売っていたり

水をはじめ飲み物や、食べ物を売っていたり(街角の食堂とでもいえばいいのかな?)

とにかく、どの家でも何か商売をしている感じでしたよ。

日本でも昔はどの家にでもあった 縁台・・・ありましたよね~

あの縁台を広く大きくして、そこでおしゃべりしたり。。。

寝転がったりしながら、店番をしています。

            *

この旅行に出かける時に

何か読む本!  。。。 前もって準備していなくて

本棚にある文庫本を押し込んで行ったんです。

それが 三浦綾子著 「母」 だったの。

いつの頃か、クリスチャンの三浦綾子の本に魅せられた時があったから

その頃に買ったんだと思うけれど、記憶がとんでる!

内容が思い出せないのです。

読みかけて辞めてしまったみたいでね~

と云うのは、小林多喜二と云う人のことを私は近年になるまで

知らなかったから。。。

「母」は、小林多喜二の母のことで

小林セキさんと云う方なんだけど、セキさんが

家族のことを思い出話として、語ってくれている。。。の本です。

だから、多喜二のことを知らないと、ちっとも面白くなかったんですね。

  ・・・ 説明が長くなったけど、

飛行機でこの本を読みはじめたら、

セキさんの育った家は貧しくて。。。

お母さんがうどんを打って、道行く人に食べさせてね~

わずかなお金だったけど、これが貴重な収入だった~

子供だった私も手伝いをしたり、母のいない時には商売をしたり・・・しました。

そんなことが書かれていたんです。

      セキさんは13歳で嫁ぎました。(17歳となっている個所もあるが・・)

私、カンボジアで世界遺産に通じる道沿いで

わずかな食べ物を売っているお店の様子と、

小林セキさんの育った(生きたと云ってもよい)時代とが

重なって見えたんですね~~

内戦後12年・・・日本の戦後も同様だったのかもしれないなあ~

そんな思いをしながら赤い土の道を、車に揺られていました。

Img_7870 Img_7871

« カンボジア・その3 | トップページ | カンボジア・その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今晩は
だらだらしたお正月をすごしていた間に
tomokoさんはカンボジアで貴重な旅をすごしていたのですね。
ブログでカンボジアのこと、楽しませてもらいました。
たのしいお正月になりましたね。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンボジア・その3 | トップページ | カンボジア・その5 »