« パウンドケーキ | トップページ | 大根の使い切り »

2010年11月28日 (日)

まゆはけおもと

Img_7250 

まゆはけおもと

おもと、と名乗ってはいても

おもとの種類ではないと思います。

お化粧をするときに使う刷毛に

似たところから

このような名前が付いたのかな・・・

Img_7247

この夏の暑さで随分傷んでしまって。。。

今年は花は期待できない。。。と

そう思っていたのですけれど

意外にも・・・時期は遅れたものの

沢山、花を咲かせました。

Img_7251

例年より1カ月遅れ・・・

だからいつもの年には

10月に入ると、

大きな葉の間から

平たく押しつぶされたかんじの

つぼみが確認できるのですよ。

Img_7249

この花は、私の父の思い出につながる花。

父が亡くなったのは10月も半ば過ぎでした。

  いよいよ・・・かな

   と、連絡がはいって

       飛んで行く。

   もちなおす。。。

そんなくり返しが幾度かありました。

Img_7246 その時、実家の玄関に飾ってあったのが

この、まゆはけおもとの鉢でした。

花好きの母が育てていたのでしょう。

幾つかある鉢の一つを

『ともちゃん、一つ持っておかえり~』と。。。

母が持たせてくれました。

その母も父の元へ旅立って久しいですが。。。

Img_7257_2

我が家にきた、まゆはけおもとは、沢山の子孫を残してくれるんです。

写真の隅に顔をのぞかせている白い育苗箱で、子供が育ちます。

これまでに数えきれない多くの方に貰われてゆきました。

 「めずらしい!」 と 言われる方がほとんどでしたが

最近では、「見たこと ある!」と云う方もおられます。

少し顔がうれてきたみたいですね!

« パウンドケーキ | トップページ | 大根の使い切り »

」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
この植物は初めて見ました。
クンシランやアマリリスのような葉ですが、花が面白いですね。我が家では、数鉢のクンシランを父親が栽培していました。何度も寒さで葉を痛めてしまいながらも、なんとか持ちこたえています。今年はかなり早くから屋内に移動しました。絶えさせてしまったら、文句を言いに出てくるかもしれませんから・・。

ちょっと切なくなりながら読みました。
お父様のこと、慶も同じような思い出があります。慶の父親も同じように何回か持ち直したものの、11月6日に亡くなりました。亡くなる前日に父親が育てていた大輪の朝顔がなぜか見事な花を咲かせたのです。朝顔を病室に持って行きました。あとで母親に聞いたら、他の花はいろいろ育てていたのに、朝顔はあまり好きではないとそれまで育てなかったんですって。その花がなくなる前日に咲いたのは不思議でしょ。

まゆはけおもと…

葉はおもとに似ていますね。お花はおねぎ?茶花にも似ています。椿の花芯だけにしただけのような…。増えて行くのがうれしいですね。

名前のとおり、刷毛に似ていますね。
初めましてです。
我が家にも、嫁がせてくださいheart04
お父様が大好きだったものを、
お母様が大切に育て、それをまた
tomoko様が育てる・・・素敵なお話。

↓ レシピ有り難うございます。
パウンドは、よく焼きます。
黒砂糖がないので三温糖で、
焼いてみますね。
お皿はリチャードジノリと
ウエッジウッドでしょうか。

今晩
ご無沙汰しています。
まゆはけおもと初めて知りました。葉っぱは厚のですね。
寒さには弱いのですか!
本当に刷毛見たい。軟らかくてふわふわ
触ってみたいです。
思い出のお花大切に育てられているのが分かります。

tomokoさん、こんにちは~
「まゆはけおもと」ですか?
控えめで、でも存在感のある花ですね!
花が咲くたびにお母様との思い出がよみがえりますね!

ななしのごんべいはSPです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パウンドケーキ | トップページ | 大根の使い切り »