« 娘とデート | トップページ | 閑谷学校の紅葉・その2 »

2010年11月14日 (日)

閑谷学校の紅葉

楷の木の紅葉を見にいってきました。(訂正 楷の字が間違っていました。)

Img_7031_2

備前焼きで有名な備前市にある 旧閑谷学校(しずたにがっこう)です。

2本の楷の木が赤と黄色に紅葉しており、ちょうど見頃でしたよ。

楷の木は、孔子木・学問の木とよばれるそうです。

閑谷学校は、元禄14年(1701)に完成した姿がほとんど当時のまま残されています。

創建は寛文10年(1670)岡山藩主池田光政によって成されましたが、

はじめから庶民を中心とした学問所としてつくられ(案内書より)

世界最古の庶民ための学校と説明書に書いてあります。

Img_7046 講堂は国宝に指定されています。瓦は備前焼です。

講堂の内部はこのように、磨き上げられていて、楷の木の紅葉が映っていますよ。

Img_7060  Img_7064

楷の木の葉はうるしの木の葉に似ていますね。

Img_7041 最高の石工技術の結晶・石塀です。

Img_7088

Img_7087 校地を取り巻いている石塀の長さは765メートルに及びます。

南側と東西の石組は「切り込みはぎ式」とよばれる精巧なもので、

このような構造物は他に例がなく、備前瓦と並んで、

閑谷学校に独特の景観を演出しています。・・・案内書より

Img_7089

Img_7055 Img_7056

Img_7063_2 

何と云っても、この2本の楷の木がメインですね! 

あちらから、こちらからと写しまくりましたが

でも、思うような写真ってとれないものです。。。

あと少しは、次回にまわします。

« 娘とデート | トップページ | 閑谷学校の紅葉・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

燃えるような赤ですね。
わぁ~綺麗だmaplemaple
何処にも出かけられない母にも
見せてあげました。
家に居て、もみじ狩りです。
石塀も立派で、とても歴史を感じます。

備前焼・・・九谷・伊万里etcのような
艶やかさはありませんが、渋くそれでいて
厭きのこない味わいがありますね。
わびすけを一枝入れ、床の間に、お茶室に
良いですよね。

tomokoさん、おはようございます。
楷の木が実に美しいですね!
良い写真がたくさん撮れています。
素晴らしいです。

私たちは、ライトアップにあわせて行きましたので、ちょっと早かったです。
講堂は、人が多くても静寂な空間で、磨き上げられた床にうつる紅葉は見事です。

ここで、論語の講義をうけた昔が懐かしいですhappy01

今晩は。
素晴らしい紅葉ですね。
枝ぶりにも驚かされました。

それに石積みも凄い!
隙間の無い事はもとより、上部の曲線に感動しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘とデート | トップページ | 閑谷学校の紅葉・その2 »