« 映画・終着駅 | トップページ | 正倉院展を観に・その2 »

2010年10月28日 (木)

正倉院展を観に奈良へ

Img_6646_3

奈良へ行ってきました。

正倉院展を見るのが目的でしたが、

奈良も久しぶり。。。

さ~て・・・ 

どこから回りましょうか?

Img_6595_2 凄い人気だった 阿修羅像を

私、まだ拝見していなかったので、

興福寺へ参りましょう!

興福寺・国宝館を目指しました。

以前は、阿修羅様にお目に掛ろうと、数時間並んだとか。。。聞いたように思うのですが、今回は待ち時間は0分で、入館できましたよ!

でも、入ってみると、やはり人は多かったですね。

Img_6593

次は。。。? 

興福寺・南円堂です

重要文化財に指定されています。

西国三十三所観音霊場第九番札所でもあります。

    

*   *

そして次は、北円堂(国宝)に行きます。

春と秋の特別の期間だけ公開されるそうですが、丁度その期間に当たっていましたから。

Img_6602 Img_6606 

現在の建物は1210年ごろの再建で、

本尊弥勒如来座像(国宝)運慶作

法苑林・大妙相菩薩像、

無著・世親菩薩像(国宝)運慶作

四天王像(国宝)      。。。。が安置されています。

Img_6596_2 Img_6597

仏像にはこれまでほとんど興味のなかった私。

当然、知識もなく。。。

やっぱり・・・苦手かも。。。?  などと感じながら見ていたのですが

無著・世親菩薩の2体の仏像から不思議な感動が伝わってきました。

この2体の仏像は我が国肖像彫刻のなかで最高傑作と激賞され、

この像ゆえに日本彫刻の水準が世界の彫刻に一歩もひけをとらないといわれる。そうです。

ごくごく自然な姿で、力みが一切感じられない・・・

背をすこし前かがみにして、お顔は柔和で。。。

何も飾らなく、全てを有るがままに受け入れているような。。。

胸を打つものがありました。

厳しい修行をのりこえた人だけが持つ精神の表現に成功したゆえんであろう。

どこ一つをとっても品格をそなえ、写実に徹している。

と、こんな風に紹介されています。

         *   

          次へ続く

« 映画・終着駅 | トップページ | 正倉院展を観に・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

奈良は今年は盛り上がりましたね。
高校の修学旅行以来、行ったことなし。
薬師寺は、鮮明に覚えています。
観音様の慈悲深いお顔は、飽きることなく
いつまでも、見ています。
優しく大きな愛で包まれ、その場所を
離れられなくなります。好きです。
ホストファミリーをしていた時、
オーストラリアの学生が鎌倉好きで
何度も連れて行きましたが、彼もまた仏像が
好きでした。日本の文化・歴史が感じられますね。

こんばんわ
お久しぶりにブログにお邪魔したら奈良にいらしていたと、、。
お知らせいただければ御案内いたしましたのに
私たちは後期11月4日に行きます。
阿修羅様も待ち時間も無く見ることが出来てよかったですね。
今年は奈良は遷都1300年で色々な寺院での特別拝観や行事がめじろ押しです。
楽しい旅たのしめましたか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画・終着駅 | トップページ | 正倉院展を観に・その2 »