« 長崎・その2 | トップページ | 映画・終着駅 »

2010年10月23日 (土)

長岡輝子さんを悼む

Img_6578                                     デュランタ

先日のニュースで訃報が伝えられた。

女優・長岡輝子さんが102歳で亡くなられたことを。

いつの頃からか分からないけれど、お目にかからなくなっていましたね。

勿論テレビでのことですが、

でも私の耳には今も、貴方の朗読の一節がはっきりと聞こえてきますよ。

岩手弁の優しくやわらかなタッチで、チャグチャグ馬っこのお話を読んでいた貴方の声が。。。

あれはいつのことだったでしょうか?

随分まえのように思えます。

この夏、私は盛岡へ行ったのですよ。あなたの故郷の・・・

そこでチャグチャグ馬っこの行列が出発するという蒼前神社へも行きましたよ。

タクシーの運転手さんが、あなたと同じ発音で

「チャングチャング馬っこ」と云いました。

その時私は長岡さん、あなたのことを思い出していたのです。

素敵な女優さんだったと。。。

今はどうしていらっしゃるのかと。。。?

お姿のとおり、いつもゆったりしたムードに溢れ(失礼な言い方でごめんなさい)

優しさで全てを包みこんで下さるように思いましたけれど・・・

でも、その目の奥には東北人の芯の強さがキラッと光るようにも感じたものでした。

お歳を召されてからも素敵でしたね!

こう云っては失礼かもしれませんけれど

人生の数歩先を歩いていらっしゃる先輩女性として

憧れ、少しでも見習えるものなら見習いたいとも思う方でした。

長岡さんがライフワークとなさっていた、

岩手弁による宮澤賢治の童話と詩の朗読。。。

そのCDを手にとってみたのに。。。

買わなかったのが、今とても悔やまれます。

盛岡の光原社で・・・

光原社は賢治の「注文の多い料理店」を出版したところでしたね。

私、どうにかしてこのCDを手に入れたいと考えはじめています。

あなたの声を聞きたくなったらそのCDでお会いしましょう。

Img_6577

チャイコフスキーの

交響曲第6番「悲愴」を聴きながら

長岡さんのご冥福をお祈りしています。

長岡輝子さんは10月18日、102歳でお亡くなりになりました。

« 長崎・その2 | トップページ | 映画・終着駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

↓ 長崎に行ってらしたんですね。
素晴らしいもの・本物に触れる喜び
分かります。その気持ち。
生活に余裕があったら、私もそうしたい。
シニア・カレッジなんて、本当に
羨ましいほどです。

長岡輝子さんのニュース知りました。
名優に相応しい方で、おおらかで
温かい方のように思います。
ご冥福をお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎・その2 | トップページ | 映画・終着駅 »