« 正倉院展を観に奈良へ | トップページ | 正倉院展を観に・その3 »

2010年10月29日 (金)

正倉院展を観に・その2

Img_6661 Img_6662

昨日の興福寺・北円堂の記事に写真がありませんでしたから、

ボケていますが載せておきます。

左が無著(むちゃく)像  高さ194.7cm 桂の寄木造り

右が世親(せしん)像   高さ191.6cm 桂の寄木造り

無著と世親は兄弟で4世紀から5世紀頃に実在した北インドの高僧だそうです。

無著は老相で表され、弟の世親は壮年で表されています。

私は、正面からのお顔は勿論ですけれど、

背の曲った後ろ姿や力みのない横からの立ち姿がいいなあ~と思いました。

興福寺・北円堂で運慶作の仏像と不思議な出会いをした後は。。。

どこへ行きましょう?  

ここら辺りでランチタイムとしましょうか?

夫の予習にしたがって、ならまち辺りを歩いて

目指すお店に。。。

       やっぱりね!

「生憎、本日は予約で一杯で。。。」  

     

パンフレットで紹介されるようなお店に行こうと思えば予約は当たり前だよね!

で、その辺りの路地・・・といっていいのかどうか。。。

狭い通りを、こっちへ行く? それともあっちに行ってみる?

な~んてことをしながら歩いていると

中川という暖簾がかかったお洒落なお店がありました。

毎日愛用している、蚊帳布巾のお店だ!

「折角だから、ちょっと入ってみたい!」 と云う私について夫も入ってきました。

お布巾は勿論、小物が色々ありますよ!

洋服なんかもあったりして、どれも じっくり見たい私。

夫は興味が薄いから

どんどん奥まで行って。。。

「ここ、食べる所もあるの?」って・・・奥のお座敷の方をのぞいています。

「えっ!  食べる所?」 ・・・ 「そんな~  お茶とかじゃないの?」 と私。

するとお店のお姉さまが

「ランチは・・・ あと1食分だけできますが~」

「他には飲み物と甘いものなどがあります」 と云われました。

これも出合いですから、1食のランチを夫が頂くとして、私は甘いものをいただきましょうと。。。

Img_6607 Img_6614 Img_6612_2 Img_6613_2

お座敷で座るお部屋と、写真のようにテーブルが置かれたお部屋とありました。

テーブルは一つ一つ違っていて、それがまた使いこまれたものたちで。。。

お庭は昔ながらの日本庭園、今のお家ではなかなかお目にかかれないものですね。

こんなに落ち着いた空間に身を置く・・・それがとても贅沢に感じられます。

Img_6616 Img_6617

私がお願いしたものは左の三色おはぎとほうじ茶

右がランチのお重で、この他に煮物と粟麩のお味噌汁がついています。

古代米のご飯をはじめ、

「飛鳥の蘇(そ)」と名がついた古代チーズに奈良漬がのったものとか。。。

伝統や地元奈良を意識したお料理 が心をこめて出来あがっていました。

このように、思ってもなかった喜びに出会ったとき・・・

つくづく日本人でよかったな~などと思ってしまいますheart02

お腹も、心も満足して・・・勿論買い物もして・・・

さあ!  また行動開始です。

猿沢の池に戻りついたら、次に進む方角が分かりやすいですね。

東大寺・戒壇院(かいだんいん)です。

Img_6619 Img_6621 Img_6623 Img_6626

戒壇院は754年、鑑真が来朝し、大仏殿の前に戒壇を築き、聖武天皇を始め百官公卿四百人に戒を授け、同年5月孝謙天皇の戒壇院建立の宣旨に依り造営されたもの。

しかし後に三度、火災に遭い創建当時の伽藍は総べて烏有にきした。

現在の戒壇堂は1732年(享保17年)建立されたもの。

戒壇とは受戒の行われるところで、受戒とは僧侶として守るべきことを確かに履行する旨を仏前に誓う儀式で最も厳粛なものである。 

堂内には四天王及び多宝塔を安置してある。

今の四天王は東大寺内の中門堂から移されたものといわれ、天平時代の傑作。

身にまとふ甲冑は中央アジアの様式。

静にして動、動にして静、彫刻における理想境具現したものとして世界的水準をゆくものである。

           *

東大寺・大仏殿は何度か訪れているので今回は大仏殿を迂回するような形で、

修学旅行の人達と前後しながら。。。歩いて行った先は

     正倉院です。 (展示をしている場所は別です)

正倉院・・・あぜくらづくり・・・などという言葉が口をついて出てくるものの

あ~ぁ   へ~ぇ 。。。 こんな場所にあったんだぁ~ 

       Img_6632  Img_6633    

Img_6634_2 Img_6637_2  

こんな感じで、私って歴史にも疎いし。。。

奈良のこともちっとも判ってないなあ~。。。 これが実感!

この後は、二月堂へむかって歩いて行きますが

一度ここで区切ります。

 

« 正倉院展を観に奈良へ | トップページ | 正倉院展を観に・その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まああ~❣なんてグットタイミングでしょう❣実は明日日帰りバスツアーで平安遷都1300年祭と正倉院展と興福寺に行きます(^O^)/みなさんのところにお邪魔したところで、ちょっと検索しようと思っていたところでした。昼食も夕食も車中でのお弁当なので、美味しいものはこちらで食べたつもり、そして、いろいろ参考にさせていただきます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正倉院展を観に奈良へ | トップページ | 正倉院展を観に・その3 »