« セサミのクッキーです | トップページ | 山折哲雄さんの本から »

2010年8月 8日 (日)

山折哲雄さんの本

今朝は久しぶりに、涼しい! ・・・忘れかけていた感覚! 

昨日の立秋をこの瞬間に実感した心地happy01

お盆を前にして、今日はその準備をするための貴重な一日。

早朝に先ずお墓掃除をしてきました。

姑が亡くなった時に新しく求めた墓地で、車で5分かからないかな?

それまでの墓地は、距離は変わらないけれど、昔からの墓地で

山の墓地だから、水持参で、坂道を歩いて登らないといけなかったんです。

雨が降れば滑りそうだし、夏は蚊に悩まされ、蛇の恐怖におののき。。。

冬は落ち葉に埋もれてしまう・・・そんな墓地でした。

それに比べて、車ですぐ傍まで行け、水道はあるし。。。

とても便利な墓地になりました。   

ここなら一人でもお参りできる・・・私が後に残ると決めているかな?

    *       *

今朝、小さい本を読み終えました。

山折哲雄著  わたしが死について語るなら  ポプラ社

先日 NHKテレビのクローズアップ現代に出られている山折さんを、番組の終わりころに見たのです。

今年になってから、山折さんのお名前が私の頭の隅っこで、チョッと気になっています。

哲学者となっていました。  哲学ってどういうものなのか。。。

とに角、私の頭では理解できない難しいもの。。。

と思って、避けて通ってきましたが。。。

先日のテレビの終了間際、ほんの短いお話しか聞けませんでしたけれど、

私、今(これから)許されるなら(状況が)こう云う勉強をしてみたい!

そう、思ったんです。

夫・すればええが~

私・どこで出来る?  一人で本を読んでっていうんじゃあ、無理だよ!

   どこか、セミナーみたいなので勉強するとかさぁ~

。。。その話はそこまででしたが

その後、丸善で、何か読む本~~ って見ていたら、たまたまこの本が目に入りました。

Img_5760

持ち歩けるサイズなのが気に入りました。

帯にあるように、とても平易に書かれています。

購入してから分かった事ですが、児童向けに刊行された本を、内容はほとんどそのままに、年長者向けに編集し直した作品とありました。

そして、驚いたことに、全く予期していなかった岩手の事が書かれていました。

今月末から盛岡へ行くので、宮沢賢治や、遠野物語など、少し予習していたので、読み始めてすぐに宮沢賢治の名に出会ったことは驚きでした。

山折さんは戦争の時、花巻のお母様の実家(お寺)に疎開していたとか、

花巻は空襲に遭い賢治の生家が焼け落ちたこととか

賢治の「アメニモマケズ」に込めた死生観など、詳しく書かれていました。

それから私がホスピスでボランティアをするようになってから、

研修会などでよく耳にするエリザベス・キューブラー・ロス(スイス生れ)精神医学者

この人の事も書かれています。「死の瞬間」「続・死の瞬間」などが有名だそうです。

今、くわしく書く時間がないので、今日はここで一端おわりにします。

« セサミのクッキーです | トップページ | 山折哲雄さんの本から »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今晩は
仙台の七夕は今日で終わり、
そして連日33℃以上の暑さ、きびしいです。岡山の涼しさがうらやましいです。

ケーキやお料理が得意なうえに読書家なのにもいつも感心しています。
山折哲雄さん、初めてきく御名前ですが
機会があったら読んで見たいとおもいました。
盛岡にいらっしゃるころには暑さが和らいでいるといいですね。

今まで セサミクッキー焼いていました。
勿論 上手に焼けましたよ。
室温が高かったので、
冷凍庫で休ませました。少しの時間。
有り難うございました。

9月 平泉中尊寺・花巻温泉方面に
行く予定です。spa
学生時代 石川啄木と祖父がお友達という
友人がおりまして、岩手に関心を持って
います。啄木が好きです。
是非 UPお願いいたします。

宗教学者 山折哲雄
機会があったら、読んでみたいと
思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セサミのクッキーです | トップページ | 山折哲雄さんの本から »