« 旅日記・13  | トップページ | 暑い! あつい! »

2010年8月 1日 (日)

つぶやき。。。3つ

8月6日や8月15日が近づいてきたから

意識をそちらに向けさせるような番組や記事が目に付きます。

数日前に、我が家の前の道を

  ドン! ドン! ドン! 。 。 。!  て音が聞こえてきたから

何だろう?  って、外へ目を向けたんです。

  あ~~ もう こういう時期になったんだなあ~~  っと!

こう云う時期。。。それは、平和大行進。。。だったんです。

平和大行進って、我が家の前の道は毎年、必ず、行進していくのです。

東京の第五福竜丸前から出発するのですか?

各県を引き継ぎながら、広島まで歩くのですよね!

幟をもったり、団扇太鼓をたたいたりしながら。。。

この暑さの中を、大変だろうとお察しします。

        *      *

これも少し前のことになりますが・・・

多分あれは NHKの迷宮美術館だろうと思います。

夫がスイッチを入れたテレビから、私の好きな

秋野不矩さんの絵が写しだされました!

秋野さんは日本画家です。   ある時、

「誰か、インドへ行って日本画を教えてくれる人はいませんか?」と、数名の教師たちが居た部屋に突然、そんなことを云って来た人があったんだそうです。

その時、秋野さんはとっさに手を挙げ、インドで日本画を教えることになりました。

もう、若くはない年齢だったとおもいます。

そして、秋野さんの代表作とも云える、大河を渡る牛が画面に映し出されました。

私が知っている女性画家で、私の好きな画家、いつもすぐ頭に浮かぶ画家が3人います。

堀文子さん、三岸(みぎし)節子さん、秋野不矩(ふく)さん

その方達の画が好き!   ずっと、そう思っていました。

いや、いまも好きです。

でも、今年、堀さんの写真集を買い。。。三岸さんの展覧会を観。。。

秋野さんのことをテレビで少し見ていたら。。。

私はこの方たちの人生のこし方から、エールを貰えるように思えて来たのです。

だって、三人ともに、ある程度お歳をとられてから、海外に渡り・・・

長い時を海外で過ごされた。。。

その勇気!   きっと沢山の困難を伴ったことでしょう。

困難のなかで画と向き合って過ごされた時間を思う時、

とても勇気を頂ける気がします。

   先日のテレビで思いました。

大河を渡る勇気が必要なんだ!!って。

大河を渡って向こう岸にたどり着いた時、何かが変わるのじゃないかしら?

小さい川じゃダメです! 

でも、今の私に大河を渡る勇気はありません。。。

ですが、今のこの気持は忘れないで持っていたいと思います。

        *         *

旅行から帰ってみると、想像していたことではあったけれど、

花も草も伸び放題!  少々、剪定しても。。。

どこを切ったの?  って感じで、ちっともすっきりしないのです。

この猛暑ですから、無理をして熱中症になってはいけない! ・・・な~んてね!

都合のいいことを云って・・・水やりするのがやっと、の日々でした。

今朝、その水やりをしながら、庭をみていると。。。

我が家は  緑の館 ?

わが谷は緑なりき・・・こんな題名の映画もあったなあ~

とにかく、我が家は緑で覆われてしまったように見えてきた!

写真は写さなかったけれど。。。それほどに。。。

草に覆われ。。。植物がのびて。。。

あ~~あ~  どうしようshock

  またまた、こんな顔に↑なりました!

« 旅日記・13  | トップページ | 暑い! あつい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大きな川を渡れ、、、確かにそうだと思います。
仕事のため、35年ほど前南アメリカのペルーへ、一人で羽田から飛び出したときが、今になって考えると大きな川をわたった経験が今でも役に立っています。
人生観と言うと大げさですが、かの国の人の中に入ってショックを受けたことがいっぱいありました。
おかげで、単独で行ったときはもちろん、ツアー旅行に行っても単独行動(オプション時)が許されるときは、彼方此方一人でと行けましたし、言葉の壁はそんなにありませんでした。

秋野不矩さん、いまは浜松市になりましたが、元の天竜市の出身なので、そこに美術館があります。短期間で展示品を変えていますので、東京の生き返りの途中寄って見てはいかがでしょう。端松から、電車で30分くらいと思いますが、、(自動車でしか行ったことが無いので)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅日記・13  | トップページ | 暑い! あつい! »