« 旅日記・2 | トップページ | 旅日記・番外=事故のニュース »

2010年7月24日 (土)

旅日記・3

Img_5167 ルチェルンの市内観光を少しだけしました。

Img_5170  ライオン記念碑

Img_5168

1792年8月10日、フランス革命の折、ルイ16世一家を守るため、チュイルリー宮で全滅したスイス人傭兵786人を悼んで天然の砂岩に刻まれた記念碑(パンフレットより)

脇腹に矢を受けて瀕死のライオンです。

スイスは永世中立国ですが、男性は軍隊に入る義務があります。

50歳までに何度かあるみたいです。 若い見習い兵が他所の国へ行って、その国のために働いたりします。 

何だか腑に落ちない思いがしますけれど。。。

バチカンでもスイス兵がかっこ良く見えたことを思い出しました。

国が貧しいからだと、聞いた気がしますが。。。(?)

Img_5173 Img_5175 

お土産屋さんでは、刃物、刺繍のものなどが目につきます。

物価は(買い物と云うほどの買い物はしなかったのですが)

安くはない。日本と変わらない感じでしょうか?

Img_5208 ルチェルンのシンボル、カペル橋です。

花で飾られた屋根付き木造橋。ヨーロッパ最古の木造橋が1993年に火災に遭い、現在の橋は1994年に再建されたものです。

  Img_5202 橋を渡ったところで↓のお店(テントの)が気になりました。

クッキーと、そのクッキーに模様を浮き出させる木型を売っています。

小さいものを3個買いました。 おじさんに断ってパチッ!

Img_5200 おじさんのハンドメイド? って訊ねたら ノー ノー! って手を振りました。

でも、英語を話すのか? って云うから

親指と人差し指で小さい隙間をつくり 「ア リィルゥーウ 」 って云ったの。

そしたら、クッキーのレシピをあげるって。。。頂いちゃいました!

こうしたほんの少しのやりとりが、旅をとても楽しいものにしてくれますね!

           *          *

携帯電話のことです。

以前、海外で他のツァーに一人参加してた女性が、自分のツァーの集合に遅れてしまって、おいてきぼりにされた。どうしたらよいか? ・・・って

私のツァーの添乗員に助けを求めてきたんです。

こちらの添乗員だって、自分の仕事上、そうそう親切にはできませんよね~

最低限のことを、○○△△して、タクシーで行きなさい。って云ってました。

その様子が今でも頭から離れませんが、 私達二人は

もし、迷子になったらなんとしょう??  で、

海外で使える携帯電話に買い換えたのです。せめてもの安心のために。

その後 トルコへ行きました。

いつも目覚まし代わりに携帯をつかうので、トルコのホテルで電源をオン!

するといきなり、トルコ時間で表示されたんです!

驚きでした。 それまでは、え~と、時差が○○だから~  って、

指折り数えて、セットする時間を決めたものでしたが。。。

ところが今回は、  あれれ~~?  日本時間のままですぅ~~

ありゃりゃ。。。スイスは圏外なんだろうか?。。。

仕方ないから、指折り。。。。で セットしました。

ところが、2日目。。。あれ!

スイス時間で表示されていますよ!  なんだこりゃ? 

でね、ドコモなんだけど、すぐにメールが(ドコモから)くるんです。

パケットがどうのこうの。。。海外では○○。。。だとかね!

有りがた迷惑 ・・・・・気分が現実的になって嬉しくないですね。

迷子にならずにすんだので、ヤレヤレでしたcoldsweats01

では、 この続きは又ね!

« 旅日記・2 | トップページ | 旅日記・番外=事故のニュース »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/35869457

この記事へのトラックバック一覧です: 旅日記・3:

« 旅日記・2 | トップページ | 旅日記・番外=事故のニュース »