« ほっと一息・至福の時間 | トップページ | 明るいニュース »

2010年6月13日 (日)

三岸節子展

6月13日 日曜日

岡山県立美術館で開催されている三岸節子展へ行きました。

Img_4802

ゆっくり鑑賞したいから、9時の開館と同時に入館して。。。

すると、お客さんが私の他には3人ほどしか見えません。

朝からしっかりと雨が降っているからでしょうか?

観る側からいえば、ゆっくりマイペースで鑑賞できるのでありがたいのですけれど。。。

三岸節子の没後10年記念に加えて夫、三岸好太郎と息子、黄太郎の絵もあるのです。

大勢の方が鑑賞すればいいのになあ~

 昨日、至福の時間に見た写真集の 堀文子さんは現在91歳。

 三岸節子さんは94歳で亡くなっていますが、その前年にも見事な桜の画を残しています。

63歳でフランスへ移り住み、場所を移りながら20年風景画に挑戦。

波乱の道のりを自らに課すように画を描き続け、84歳で帰国したそうです。

私は、その女性の頑張りと、頑張った結果の素晴らしさを

立て続けに見たわけです!

私なんかも、もしかしたら、まだまだこれからだよ!!  って

肩をポン! と叩かれた感じです。

節子の絵は具象ではあるけれど、上の写真のように細かい形には囚われていません。

そこからは、力強さ、温かさが感じられます。

特に赤の色が印象的でした。

大阪・東京・名古屋と岡山会場のみの開催です。 7月4日まで。

« ほっと一息・至福の時間 | トップページ | 明るいニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほっと一息・至福の時間 | トップページ | 明るいニュース »