« 誕生祝い餅・1升餅 | トップページ | 庭の花 »

2010年6月 5日 (土)

サロンコンサートが終わりました

6月5日

この1週間ほど準備に追われていたサロンコンサートが終わりました。

50名を少し超えるお客様にきていただいて、

狭い会場が一杯になりました。

お菓子作りが一段落した昨日、お花を活けて。。。

予算に余裕がないので、庭にあるものしか使わない! と決めて

Img_4702 メインのお花です。柏葉アジサイを主にしました。アマリリスやメドセージ、ビロードソウなどをいれました。

Img_4706

玄関脇には、畑の一隅で繁殖している茶菖蒲(最後の花が少しだけ残っていたので)とアマリリス。

Img_4707

玄関横の壁面には丸いハンギングを作ってみました。

Img_4711 Img_4712 Img_4713

小さな花束も、やはり庭の花でつくりましたよ!

なかなか上手くできないなあ~~

Img_4708 お菓子の準備は・・・

オレンジパウンドケーキ

クッキー2種

わらびもち、黒蜜と

アイスコーヒーと熱いほうじ茶

             会場は↓ こんな雰囲気です。

Dscf0403 Dscf0409_2 Dscf0412                      

おぼろ月夜、夏はきぬ に続き

プッチーニ作曲・私の愛するお父様

村上彩子さんは大阪の音大を卒業して会社勤め(営業)を7年。

やはり歌の道で。。。という強い夢に支えられて、芸大受験に何度もトライ!

7回目にやっと合格したそうです。芸大の試験というのが

「私の愛するお父様」・・・1年間どんなに勉強しても、たったこれだけを歌うだけで決まってしまうんです。と話されました。

狭いホールに彼女の声が密度高く響きわたります!

「君は君のままで」を歌ったとき。。。

涙をそっとぬぐう人があちらこちらに・・・

実は私も、こみ上げるものがあったのです。

子育ての時を思い出しました。

子育ての下手なママでごめんね!

ありのままの君を受け止められなくて・・ごめんね!

もっと、大らかに育ててあげたらよかったのに。。。

・・・色々な反省とともに、遠い過ぎ去った日々を懐かしく思い出しました。

感動をありがとう!

今日買った、彼女のCDを夜ゆっくりと聴きました。

ふるさと や このみち 。。。良く知った曲ですね

知らなかった曲もあります。  犬と雲 

長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館「無言館」で彼女がみつけた一人の名前

その人・葛原守とは、彼女の出身地である広島県福山市神辺町の童謡詩人

葛原しげるの息子でした。

葛原守は芸大を繰り上げ卒業後、23歳の若さで戦病死したのだそうです。

その葛原守が作曲した曲です。

葛原しげるは息子を二人とも戦争でなくしたのです。

それを知ってから、彼女は 

   とべ とべ とんび 空高く 

   なけ なけ とんび 青空に

       ぴんよろ  ぴんよろ

       ぴんよろ  ぴんよろ

   楽しげに輪をかいて

それ以来 とんび は、しげるの二人の息子さんのことではないかと思われてならなくなったそうです。

彼女、村上彩子さんが歌う 歌には、彼女の優しい心が込められているのです。

だから、よ~く知っている歌にも深い感動を覚えます。

素晴らしい方のコンサートを開催出来たことを今、深く感謝しています。

大勢の方の助けがあってのコンサートでした!

考えられるだけ、一生懸命考え、準備をしたつもりでしたが、

それでも、もっとこうしておけばよかった!

こうもしておくべきだった!  と反省は沢山あります。

この反省が又の機会に繋がっていけば嬉しいですね。。。

村上さんは卒業して4年目だけど、まだ学費の返済が続いています。

とおしゃってました。

それなのにボランティアみたいなコンサートにも心良く応じて下さって

とても有り難かったし。。。心苦しくもありました。

彼女の感性と歌の素晴らしさをしっかりアピールしたいです!

« 誕生祝い餅・1升餅 | トップページ | 庭の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誕生祝い餅・1升餅 | トップページ | 庭の花 »