« 麦の種類 | トップページ | 君についてゆこう »

2010年5月16日 (日)

野薔薇

5月16日

今年はまだまだ天候不順が続いて。。。朝晩は暖房が要ったりする。

薔薇の季節をむかえ、個人のお家の庭でも、あちこちでバラが目につくようになった。

開ききらない今が最高。。。? だって、満開を想像させる喜びが残されているから・・・

一昨日夕方、土手道のウォーキングにでかけると

Img_4493 河川敷の草むらに、白い塊が。。。

そう!  野バラがい~っぱい 咲いていますheart04

上から見下ろしただけでは、何とも思わないのですけれど。。。

側によって見ると、野バラって。。清楚で・・・ね!

Img_4491             いい匂いもしますよ~

Img_4492

以前、我が家の庭に、

   「あれっ!  これってバラの芽じゃない・・・?」

植えない芽が出ていて、踏みつけないように、大事にだいじに。。。

そうして。。。やっぱりバラだったの。

   そう、野バラでした!

野バラって、生命力たくましい・・・ですね!

大きな痛い棘!    太い幹!

ぐんぐん伸びていきます。

清楚な花の印象とは異なって、少々怖さも感じます。

だから、う~んと切りこんでしまいましたが、今も庭に生えているんですよ。

バラの接ぎ木には野バラを使う。。。と聞いた覚えがあるのですが

棘とげのバラじゃなくて、棘のない野バラを使うそうですね。

だから我が家に生えている野バラはお花を楽しむしか・・・ないかぁ~

バラと別れて、土手道をはずれると

麦畑がきれい!

西日を受けて輝き・・・風にうねって・・・

         まだ麦を卒業できない私がいた(笑)

Img_4494 Img_4495 手前の畑で知り合いの方が、手入れをしていました。

立ち話をしばらくして。。。笑顔をもらい、

楽しいウォーキングはおしま~いshoeshoe

« 麦の種類 | トップページ | 君についてゆこう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~note
ウオーキング頑張っていらっしゃいますね!
私は先日、歩き始めて(スロージョギング)200m程で背中から締め付けられうるような感じで、歩けなくなりました。
しばらく休んでそのまま家に帰りましたが、その後、ぼぉ~っとしています。
年ですかね~
以前、山コースの途中で白い小さい花が一面に、まるでイチリンソウのように咲いていて…
うわぁ~何?
っと近づいて見ると、グイバラでした。
野山においておくと綺麗ですね!

今晩は
素朴で清楚なのばら、いいですね。
大切にお庭で育てているtomokoさんののバラへの思いすてきです。
わがやのつるバラにつぼみがでてきました。
咲き始めるのが楽しみです。
夕方の麦畑の風景すてきですね。

野の花は清楚でいてたくましくって。
あまり自己主張しないのがいいですね。
今、緑の美しい季節。
ウオーキングをしてるといろんなものが目に入って、楽しいでしょうね。

野ばらの季節になりましたね。
あー失礼します。初めての投稿です。
私も野ばらが好きで、野ばらが咲く時期をとても楽しみにしております。
ホームページの、野ばらの写真をを見ながらいいな~と眺めています。
このページを御作りになられている方も、さぞかし野ばらが好き方なんだな~と・・。
私の庭のデッキにの、今満開になっていますから、写真でも撮る気持ちになっちゃいました。

cloverコガネムシさんコメントありがとうございます。
野バラって、楚々とした花がいいですね!
やはり植えていらっしゃる方があって、嬉しいです。ブログはされていないのですか?
してらしたら、URL教えていただきたいです。

今日は、久し振りにのんびりしています。デッキに添うように咲き誇っている野ばらの花も散り始めちゃいました、そろそろ終わりかな~
なんとも言えないあの臭い、今のうちに一杯嗅いで来年まで待つしかないな~
そうそう 今年はチョット気になる事があります。
昨年は、野ばらの花粉と甘い蜜を求めて来ていた虫達で賑わっていましたが 今年は昨年の3分の1程の虫達しか来ません。
環境の変化・・・?凄く気になります。

麦畑の写真見て又感じた事があります。
15年程前に建てた時には、ヒバリのさえずりが良く聞かれました。
当時には、3組程のひばりが天高く舞いさえずっていましたが、今年は1組だけです。
これは、人間の勝手で棲めない環境にしたのでしょうね。

ブログの事ですが、私はまだ持っていません。
まだ パソコン上手くないからwそのうちに作ろうと思っています。

写真と皆様のコメント又楽しみにしています。

長々と何時も書いちゃうww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麦の種類 | トップページ | 君についてゆこう »