« お菓子をつくりました | トップページ | 音楽会 その2 »

2010年5月30日 (日)

音楽会 その1

5月30日

頭の中が音楽のことで一杯になっているのです!

どこかにはけ口を作らないと次のことに移っていけない気分なので

ブログに書くことによって、整理したいと思います(笑)

どちらも昨日のことですが。。。時間の順番に

昨日午前中です。庭仕事を一段落して部屋に入り

ほっと一息。。。テレビでもつけてみようかな?・・・

とこんな具合でスイッチをオン!

丁度タイミング良く音楽番組の始まりです!

炎のコバケン こころコンサート

   2010・3・7NHKホールにて収録されたもの

プロとアマ・障害のある人とそうでない人・・・様々な垣根をこえた演奏会

コバケンとは、指揮者 小林研一郎さんの愛称です。

   ・・・私、この方が大好きで、大阪でのコンサートチケットを娘にとってもらって、一緒に聴きに行ったこともありました。(2度だけですけれどね)・・・

テレビ画面には車いすでヴァイオリンを弾く女性、目がご不自由なサングラスの方がビオラを弾いている。

あっ! コンサートマスターは見なれたN饗のあの方!

東京音大の学生さんたちも加わっています。

チゴイナーワイゼンを、川畠成道さん(視覚障害あり)のブァイオリン演奏で。。。

Img_4575 Img_4579

     川畠さんはプロとして活躍されています。

次に プッチーニ作曲 歌劇、トゥーランドットより 「誰も寝てはならぬ」を

アマチュアの女性(視覚障害)が、盲導犬と共にステージへ上がりトロンボーン演奏

Img_4586 Img_4581

オーケストラに参加している人は、こころコンサートと白抜きされた、揃いの黒いTシャツ姿です。

和太鼓演奏もありました。

一生懸命さが、表情や動きから伝わってきます。

どんな思いで、この晴れ舞台に立っているのでしょう?

フィンランディアも演奏されました!

3月頃だったか、ブログに書かせてもらいましたが、この曲は思い出とともに私の好きな曲!

メインテーマ(?) が流れます。私、感動して涙がこぼれました。。。

私にとっては人生の応援歌という感じなんです。

コバケンさん、演奏者にむかって、それでいいんだよ! と云う風にうなずいていました。

今、人気のピアニスト辻井さんも出演!

ラフマニノフ、ピアノ協奏曲 ・第2番より第3楽章です。

最後の曲は

チャイコフスキー 序曲「1812年」でした。

はじめは弦が哀しいメロディーを奏でます・重く・・・

管楽器が加わり・・・心がワサワサするような不穏な雰囲気

そして、ラ・マルセイエーズのメロディー。。。??

次にそれが一変して、 一条の光が差し込むような、さわやかな風を感じる。

スキップしている感じさえ受ける。。。

またまた。。。重く暗い。。。

マルセイエーズ。。。

これが幾度となく・・・繰り返される

ラ・マルセイエーズが高らかに響く!

・・・すると、それが転がり落ちていく・・・ゆっくりスローダウンしながら

シンバルが鳴る! 陽気でテンポアップした曲になって終わった。

1812年・・・って?  曲の感じから何となくしたものは感じられたけれど

そこで、ネット検索

ナポレオン率いるフランス帝国とその同盟軍が、チャイコフスキーの祖国ロシア帝国へ侵略してきた。

それが1812年。フランス軍の敗北に終わったそうです。

ここまでで、番組はほぼ終了しかかっていましたが、ここで電話がかかり、私は最後を見ることが出来なかったけれど、大部分を見たのだからまあまあ、満足。。。

いや、大満足!  演奏した方達にとってもきっとそうだったでしょうね!

コバケンさん良い仕事してますね!

Img_4585

« お菓子をつくりました | トップページ | 音楽会 その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~note
tomokoさんって本当に音楽がお好きなんですね!
そして知識も豊富でいらっしゃる。
色々勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お菓子をつくりました | トップページ | 音楽会 その2 »