« ハプスブルク帝国の栄光 | トップページ | 鎌田 實 先生の講演会 »

2010年2月11日 (木)

建国記念の日

今日は、祝日? 祭日?  それとも 旗日(はたび)?

正確には何と言えばいいのでしょう?

何だったっけ?  はっきり分からないけど、とに角 休み!

なんて 曖昧なまま。。。に過ぎてしまうことってないですか?

今日は 建国記念日  ですか?

さっき ちょっとネットでみたら、そうじゃないんだって!

正確には  建国記念の日  と言うそうです。

 詳しくは→ http://present.matoshin.com/colum/bak/kenkoku.htm

昔、旗日 なんて言っているのを聞いていたように思いますが、

今は死語となってしまった感がありますね。

旗 (日の丸・国旗)を出す日だからこう言ったのでしょうが、

現実的には お正月だって、国旗を出す家は。。。?

さてさて、ご近所を考えても 思いつかないです。

今日も 旗日 には違いないと思うのですが、我が家から市内まで出かけてきて、国旗を出している所は一か所だけ。 それとバスには付けてありましたが。。。

派出所とかは出すのかと思ったけれど、私の見た派出所は出してなかったです。

こんなことにこだわる訳は、我が夫、絶対に忘れずに国旗を出すからです。

7~8年も前のことになりますが、海軍兵学校出の、夫のおじさんが、

『あんたんとこは偉いねえ~。  祝日に日の丸だしとんの、このへんじゃ ○○ちゃんとこだけじゃ~』  ○○ちゃんとは、夫のことです。

と言って褒めて(?)もらいましたが、そのおじさんも日の丸は出してなかったようで。。。

外国に行くと、国旗を目にする機会がとても多いですよね!

これって、多民族の国が多いから、自分はこれこれの国の人間だよ!ってアピールしているのでしょうか?  アパートの窓に国旗を下げていたりしますね。

日本人としては、何といっても日本を愛しているわけですから、

(どんなに危なっかしく、頼りなく、不満に満ちていても)

せめて、気持ちの中だけででも、日の丸を掲げていたいと・・・

そういう気持ちに値するだけの国であってほしいと・・・願っています。

« ハプスブルク帝国の栄光 | トップページ | 鎌田 實 先生の講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

建国記念の日としたのは、戦前の御用学者何の根拠もなく、西暦より660年早い旧暦の正月を”建国の日”と決め祝っていましたが、当然敗戦と共に消えています。
戦後それを復活しようとしましたが、あまりにも反対が多かったので少し配慮して実績を作りたかった妥協の日です。
雲に聳える高千穂の、、、と言う歌を歌わされた覚えがあり、今でも歌えますが、なんだか暗い印象はいまでももっています。 

うちの近所にも1軒だけ、祝日にはちゃんと国旗を出すお宅があります。見かけるたびに、えらいなあと思います。
が、出す出さないどころか、我が家は国旗自体を持っていないので。そういうお宅がほとんどかな。
20年以上前、子供が小さい時にほんの短い期間だけど、アメリカの北部の大学町に住んでいたことあり、娘がそこの小学校内の幼稚園に1年半だけ通っていました。4,5歳の頃です。
毎週月曜日には必ず、起立して胸に手を当て、大きな声でアメリカの国歌を斉唱して誓いの言葉を言っていたようでした。アメリカ国旗は毎日上がっていたと思います。
それぞれの国の歴史や国の成り立ち、それに伴う精神の違いもあるので、一概には言えないかもしれないけど、国旗や国歌を大事にしてそれを伝えている心が感じられて、ああいうのは国として子供たちに培っていかないといけないものじゃないかとも思いました。
アメリカはいろんな人種の集まりなので、子供のころからちゃんとああいうふうにやっておかないといけないっていうのが、あるのかも。
でも国に対する気持ち・日本人としての自覚は、子供のころから育てないといけないと思うのに、この国はどうなってるんだろうって、ずっと不安です。近年特にそう思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハプスブルク帝国の栄光 | トップページ | 鎌田 實 先生の講演会 »