« 鎌田實先生の講演会・その3 | トップページ | 友人から思わぬプレゼント »

2010年2月15日 (月)

雑感・・・千の風になって

昨日2月14日はバレンタインデーでしたね。

お正月気分が抜けたかどうか? といった頃から

世の中は(チョッとオーバー?)早くもバレンタイン商戦が始まっていたように思います。

私の世代、正直バレンタインといってもあまり心弾まない。。。

若い人についていく感じで、渋々お付き合いさせられているような。。。

自分用に、おいしいチョコを手に入れられるのは。。。嬉しいけれど(エヘヘ)

そんな感じを持っていたバレンタインデーでしたが、

3年前の2月14日 義父が亡くなり。。。

昨年の2月14日 義弟が亡くなり。。。

バレンタインデーは二人を悼む日になりました。                  

                                                                                   「千の風になって」の本のことはたまたまカーラジオから流れてきたのを、とっさにメモして・・・ 

Img_3437_3本屋さんで手に入れたのが、5年くらい前だったと思います。

その数ヶ月前に、次男夫婦が初めて授かった子供を10ケ月で亡くしました。

私の友人は、お母様を亡くされたばかりだったと思います。

私は、この本を3冊買い求め。。。

次男の嫁ちゃんに1冊

友人に1冊   渡しました。

その頃から、世の中で、この本のことが話題に上りはじめ。。。

歌も人気になってきました。

時間がながれて。。。話題になることはほとんどなくなりましたが・・・

今朝、新聞をひろげ   あっ! 

Img_3439

小さくて良く分からないと思いますが。

最初の写真の表紙にあるように(クリックして大きくして)

原詩/作者不明   と、言われ続けていましたよね!

それが、新聞で紹介されている 井上 文勝さん(建築家)は

原作者探しを思い立ち・・・

やがて、一人の婦人にゆきついたそうです!

米国ボルティモアのマリー・E・フライがその人。

1932年に一人のユダヤ人女性のために書きとめられた詩だそうです。

「千の風になって」紙袋に書かれた詩

井上 文勝著   ポプラ社 1260円 

Img_3438

↑は、この本に出会った時、感動を覚えて、スケッチブックに書きとめたものです。

Img_3414

ボランティア仲間の方が手際よく紙でつくった水仙

« 鎌田實先生の講演会・その3 | トップページ | 友人から思わぬプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌田實先生の講演会・その3 | トップページ | 友人から思わぬプレゼント »