« 東京観光 明治神宮 | トップページ | 市民公開講座 »

2010年1月21日 (木)

東京観光・東京都庭園美術館

119_033

JR目黒駅から徒歩7分くらいでしょうか、

東京都庭園美術館です。

沢山ある美術館。。。でも 月曜日は休館がおおいですね。

ここは水曜日が休館だったので、一人で訪れてみました。

119_037

開催しているのは↑です。

イタリア印象派のものです。

マッキアイオーリって? 画家の名前?。。。?

何にも解らない。

ネットで調べて解ったのは、

月曜日に開館していること、

絵が美しいと思えたこと・・・でした。

以前にも一度行ったことがあるので、一人で行けそうなことも心強い!

ネットで割引券をダウンロードして(200円引き)持っていきました。

二人まで割引です。

入場券売り場で、私の次に待っているお一人の女性がおられたので声をかけてみました。

「一般で入られますか?」

「ええ、そうです」

「じゃあ、ご一緒に入りませんか?」「二人まで割引してもらえますから・・・」

ということで、1000円のところを800円で入館。

もし私がずっと若ければ。。。

気軽に声をかけることが出来たかな。。。?です。

これはおばさんになった特権みたいなものかも知れませんんねcoldsweats01

入場券を買う前には、こんなこともありました。

美術館前に到着したのが、開館に20分ほど早い時間でした。

私より早く、お二人連れの女性が来ておられて、代わり合って写真を写していました。

二人ご一緒で・・・写してさしあげて

私も写してもらい。。。

す~っと、会話がはじまりました。

まるで、一緒に来た友人のように。

九州と浜松からのお友達二人・・・

「岡山、去年行きました!」

「大原美術館でしたっけ?  いいですよね!」

とか、「浜松には楽器博物館って云うのかしら? 友人がとても楽しかったって云ってましたが?」

「実は私、まだ行ったことがないのです。。。」

等など。。。。。

20分はすぐに経ってそれぞれに建物へと吸い込まれて。。。

この建物は 昭和8年(1933)建造の明香宮邸を、1983年に美術館として公開されたものです。アール・デコ様式粋を尽くした建物、そして芝生広場、日本庭園、西洋庭園とお庭があります。目黒駅へ続く道もなかなか趣があって良い場所です。

そして、肝心の絵ですが、マッキアイオーリとは、人の名前ではありませんでした。

1850年代のイタリア・トスカーナ地方。国土をひとつの「国家」として統一するために巻き起こった イタリア統一運動の機運に触発された若い芸術家たち。

イタリア語でマッキアと呼ばれる斑点を用いた斬新な描法を駆使して、トスカーナの大地や風俗、同時代の歴史的事件などを活き活きと描いたこの先鋭的なスタイルの画家たちを、人々は「マッキアイオーリ」(マッキア派の画家たち)と呼びました。

お庭を眺められるデッキがあります。寒いのですぐ引っ込みました(笑)

でも小さな赤い実が可愛かったのでパチリ!

119_036 119_035 119_034

優雅な一時でした。

至福の時ともいえるのでしょうねheart02

« 東京観光 明治神宮 | トップページ | 市民公開講座 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ちょっと素敵なお話ですね。
一期一会っていうんでしょうかね。とってもいい時間が持てましたね。tomokoさんの人柄がそんないい関係をよんだんでしょうね。
浜松の楽器博物館は音楽に興味のある方には面白いと思いますよ。古い楽器があって、演奏も聴いたりすることができます。オルゴールとかオルガンとかお好きならとってもいいですよ。

こんばんは
充実した東京での滞在でしたね。
水曜日に開館している美術館があるのは嬉しいですね。
知らない方と気軽に話しかけられたり、年来ではなく
お人柄だろうなって感心しながら読ませていただきました。
赤い実がとても印象的ですね。

素敵な東京でしたね。
旧友との再会に美術鑑賞素敵な日程でしたね。
色々な人達とのご縁も嬉しいお話と受けました。
来月東京です時間が逢えば一人でぶらぶら見物もしてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京観光 明治神宮 | トップページ | 市民公開講座 »